子どもと8月の手仕事 夏を元気に!「夏野菜の肉づめ」のレシピ

子どもと一緒に取り組む季節の「手仕事」は、大人から子どもへ伝える「生きる力と知恵」であり、生きた時間そのものです。

このコーナーでは、とれたての旬のものや地元食材を使った「農」と「脳」がよろこぶメニューが人気の「のうカフェ」オーナー・小林由紀子さんことユッキーさんが、子どもと季節の食卓を楽しみたい家族向けに「季節の手仕事」のレシピやコツを紹介します。

8月に挑戦したい手仕事...夏野菜で食欲アップ!「夏野菜の肉づめ」

「今回紹介するのは『夏野菜の肉づめ』です」

肉づめと言えばピーマンの肉づめがおなじみですね。苦手なピーマンも、肉づめにしたら意外に美味しく食べられてしまいます。今回は、カラフルな夏野菜を肉づめにしてみました。苦手な野菜や初めての野菜もあるかもしれませんが、お肉との相性はばっちりで美味しく食べられます。ぜひ挑戦してみてくださいね

「夏野菜の肉づめ」の材料

【夏野菜の肉づめの材料(3人分)】
トマト 3個
ズッキーニ 1本
パプリカ 1個
玉ねぎ 100グラム(玉ねぎ小半分)
牛豚の合いびき肉 250グラム 
 小さじ1/2杯
コショウ 少々
パン粉 大さじ2
ウスターソース 大さじ1
トマトケチャップ 大さじ1

「トマト、ズッキーニ、パプリカなどの夏野菜の器にハンバーグのタネを詰めたカラフルな肉づめは、ハンバーグのタネは同じでも、器になった野菜が変われば味わいも見た目も変わります

今回はハンバーグのタネにくりぬいた野菜も刻んで入れて、むだなく使い切りましょう。お肉も野菜もたっぷりとれますね

【子ども(幼児)とやってみよう~夏野菜を採りに行こう】
トマト、ズッキーニ、パプリカなどの夏野菜は、全国の体験農園では収穫体験の定番野菜! 自分で収穫した野菜で作る料理を食べることは子どもにとって最高の食育体験になります。

夏野菜の肉づめのレシピ1.トマト、ズッキーニ、パプリカの器を作る

「まずは、トマト、ズッキーニ、パプリカの器を作ります」

「トマトはヘタを取り、利き手と反対側の手にトマトを、利き手にスプーンを持ち、スプーンで中身を出します」

「青いトマトはくりぬくのが難しいので、しっかり熟したトマトを選ぶのが上手にくりぬくコツです!」

「取り出したトマトの中身は、ハンバーグのタネにねりこめるように、みじん切りにしておきます」

ズッキーニは横に1/2に切り、さらにそれを縦に半分にします

片手でズッキーニを、もう片方の手でスプーンを持ち、タネの部分をくりぬき、ボート状にします」

「パプリカのタネの部分も、みじん切りにします」

【子ども(小学生)とやってみよう~夏野菜を調べよう】
「料理をすることは、材料を観察することにつながります」
「例えば、『ズッキーニは何の仲間だと思う?』そんな質問を子どもにしてみましょう。子どもからは『キュウリに似ているからきゅうり!』そんな答えがかえってくるかもしれませんが、『ズッキーニは実はかぼちゃの仲間です」
「タネを見ると同じく夏野菜のかぼちゃ似ていることに気がづいたり、収穫体験に行くと、ズッキーニの花がかぼちゃの花によく似ていることにも気づきます」

パプリカはヘタを落とし、横に1/3になるように切り、タネをはずします」

夏野菜の肉づめのレシピ2.ハンバーグのタネを作る

「玉ねぎはみじん切りにします」

「合い挽き肉、みじん切りにしたトマトやズッキーニ、玉ねぎと、パン粉、塩、胡椒をビニール袋に入れてねります。トマトの汁気が入るので、かなり柔らかめのタネになります

「ビニール袋でハンバーグのタネをつくるときには、片手で袋の口を持ち、反対の手で机の上においたタネを押して伸ばしを繰り返すときれいに混ざります」

「一般的にハンバーグには、卵や牛乳を入れることが多いですが、今回はトマトやズッキーニの野菜のみじん切りがたっぷり入れることで、野菜の水分やうまみがハンバーグのタネにしっかり入るので、卵や牛乳を入れなくてもとてもジューシーな仕上がりになります」

夏野菜の肉づめのレシピ3.野菜の器にハンバーグのタネをつめる

「トマト、ズッキーニ、パプリカの器にハンバーグのタネをたっぷり詰めます。肉をつめる作業は、ビニール袋の端を切ってしぼり出すと手を汚しにくいです

「野菜の器に肉を詰めていくのはとても楽しい作業なので、ぜひ子どもにお手伝いをしてもらって、家族で一緒に挑戦してくださいね!」

夏野菜の肉づめのレシピ4.フライパンで焼く

「フライパンを中火にかけ、サラダ油をうすく敷いてハンバーグのタネをつめた野菜を並べます」

「盛り付けたときに上になる方から焼きはじめ、焦げ目がついたらひっくり返します」

「フライパンに蓋をして弱火で約10分様子を見ましょう」

「10分たったら爪楊枝でハンバーグを刺してみます。爪楊枝がハンバーグに刺した穴から肉汁があがってくるのが見えますが、その肉汁に赤みがあればさらに1~2分弱火にかけて様子を見ます。肉汁が透明であれば完成です!」

夏野菜の肉づめのレシピ5.ソースをつくる

ハンバーグには、ウスターソースとケチャップを1対1で混ぜたソースがとてもよく合います

「とても簡単なので、ぜひ覚えておいてくださいね」

完成! 夏野菜の肉づめ

「出来上がった夏野菜の肉づめハンバーグをお皿に並べ、ソースをかければ完成です!」

「色鮮やかな野菜の肉づめが食欲をそそります! 野菜がたっぷりはいっていて意外とあっさりとしているので、ペロリと食べられます。夏バテしそうな時に、とてもしっかり栄養がとれるお料理です。夏休みのお子さんと一緒にぜひ挑戦してみてください

【季節の手仕事ラインナップ】
6月
梅シロップ
新ジャガの芋もち
水無月
7月
とうもろこしご飯
ブルーベリーマフィン
8月
夏野菜のピクルス
枝豆ごはん
9月
さつまいも(スイートポテト)
まぜ寿司
10月
リンゴ(アップルパイ)
かぼちゃプリン
11月
新米のおにぎり
みかんゼリー
12月
お餅(いちご大福)
煮豆
1月
大根(切干大根
五平餅
2月
手作り味噌
レンコンチップス
3月
小豆あんこ
いちごのブラマンジェ
4月 
タケノコご飯
スナップエンドウのキッシュ
5月
トマトソース
新玉ねぎのスコーン
【季節の手仕事イベント】
レンコン収穫体験! 募集終了 
※内容は予告なく変更する場合があります

【埼玉県熊谷市】母めし食堂「のうカフェ」


・埼玉県熊谷市下奈良391
・月曜・日曜・祝日定休
・048-577-4342
・営業時間 11:00~15:00(LO14:00) 15:00~17:00(予約のみ)
のうカフェ

この記事を読んでいる人は「好奇心」に関するこんな記事も読んでいます
未就学児からの子どもがお手伝いをしたくなる方法!人気作家・辰巳渚さんが伝授
子どもと楽しむ8月の「手仕事」初心者ママパパのための「夏野菜のピクルス」の作り方とポイント
「トウモロコシご飯」作り体験を子どもは楽しめる? ポイントと注意点
【未来へいこーよ】が育むココロのスキル(非認知能力)について

 

SHARE ON
Facebook
Twitter
出版社、教材編集を経て2013年に「いこーよ」へ。小学生の女の子2人のママ。大学院、モンテッソーリ教育教師、華道、ダイビング資格有。ライフテーマは幼児教育から小学校、中学校、高校、大学、社会人へとどのように学びをつなげていくか。特に幼児教育から中学受験への連携に日々奮闘中。

RELATED ARTICLEあなたにおすすめの記事

  1. NuRIEbook

    学研の図鑑とのコラボで好奇心が育つ!みんなで遊んで学べる塗り絵【子育て文房具】

  2. 赤ちゃんにおすすめ! 非認知能力が身に着く絵本

  3. 「こどもの、こどもによる、こどものためのSNS」で小学生の「最高ソウゾウ責任者」を公募中!

  4. 小学生のビジネス体験に最適! 自宅でできる「レモネード販売」

  5. 子どものためのニッポン手仕事図鑑

    ニッポンの職人さんの手仕事を間近でながめられる「読む職業体験」

  6. 小学生のための物語創作ワークブック

    自分オリジナルの物語を創作する力が身につく!小学生向けワークブック

  1. 子供と夏(6月・7月・8月)の昆虫採集 セミ・ハナムグリ・カブトム…

    2022.09.16

  2. キッズ興奮! 印象派絵画の世界に没入体験/イマーシブミュージアム

    2022.09.16

  3. 子どもと9月の手仕事 まん丸でなめらか!「お月見団子」のレシピ

    2022.09.09

  4. 石田製本 booco

    3~5歳の幼児期に「初めてのノート」をプレゼントしよう!文房具プ…

    2022.09.06

  5. マクドナルド 化石発掘

    「ほんのハッピーセット」とのコラボ企画!オンライン化石発掘イベ…

    2022.08.31

  1. 【季節の絵本連載】ハロウィンに読みたい絵本

  2. 子供と秋(9月・10月・11月)の昆虫採集 バッタ・カマキリ・トン…

  3. 子どもと10月の手仕事 ハロウィンにつくりたい簡単「かぼちゃプリ…

みらいこSNSをフォロー