材料2つだけ! 子どもと9月の手仕事「スイートポテト」のレシピとポイント

子どもと一緒に取り組む季節の「手仕事」は、親が子どもへ伝える「生きる力と知恵」であり、生きた時間そのものです。

このコーナーでは、とれたての旬のものや地元食材を使った「農」と「脳」がよろこぶメニューが人気の「のうカフェ」オーナー・小林由紀子さんことユッキーさんが、季節のものを食卓に並べたいママパパのために、「季節の手仕事」のレシピやコツを紹介します。

9月に挑戦したい手仕事...「シンプルなスイートポテト」

9月の手仕事としてユッキーさんが紹介してくれるのはサツマイモと生クリームの2つだけを使った「シンプルなスイートポテト

「材料が少なく、芋に火を通しておけば、親子で20分ほどでできる簡単なおやつです。選ぶ芋によっては、芋の甘味で砂糖をまったく使わずに作れるのもうれしいポイントです」

【シンプルなスイートポテトの材料と用意するもの】
・サツマイモ 
中1本・300g前後
・生クリーム 
大さじ2~4
※サツマイモの甘さやお好みに合わせて砂糖大さじ1程度を追加しても

「シンプルなスイートポテト」の作り方1. サツマイモを手に入れよう

写真上「べにはるか」写真下「べにあずま

「秋になるとスーパーや八百屋さんの店頭にはいろいろな種類のサツマイモが並びます。サツマイモは、種類や収穫してからの日数、収穫の時期により甘味や色、扱いやすさに大きな違いがあります。スイートポテトのようなシンプルな料理は、サツマイモの種類による味わいの違いを食べ比べるのにぴったりです」

幼稚園や保育園などでは秋になると芋ほり遠足が行われ、農園でも芋ほり体験が人気になります。自分で獲ったサツマイモで作るスイートポテト作りは、親子の良い思い出になりますね。

「サツマイモ堀り」体験ができるスポット

【子ども(幼児)とやってみよう~サツマイモの種類を知ろう
「今回料理したのは、ホクホクした栗のような食感と黄色が鮮やかな『べにあずま』と、しっとりとして少し灰色がかかった黄色の『べにはるか』です。どちらも関東圏のスーパーでよく見られる種類で、最近はさらに糖度や粘度が高い『安納芋』や、茨城県や福島県などで作られている『シルクスイート』などもよく見られるようになりました」

次のページへ>甘く美味しい焼き芋にする方法

1

2 3

関連記事

  1. トミカ・プラレールを楽しもう! 100均で街作り&収納アイテア

    トミカ・プラレールを楽しもう! 100均で街作り&収納アイテア

  2. 【学びの最前線】デンマーク発の幼児教育「森のようちえん」徹底ガイド 特徴と伸びる力・カリキュラム・保育料・卒園後の様子とは?

  3. まなびてらす_質問レッスン002

    オンラインでミニ授業が受けられる 無料の自宅学習支援スタート

  4. 小1娘の生活改善に! 忘れ物や遅刻をなくす「問題解決」の練習法

  5. 幼児期からのSTEAM教育が大人気! インターナショナルスクールの挑戦とは?

  6. 子供の寝かしつけのコツ&悩み解消! 快眠グッズ&アンケートも