子どもと楽しむ6月の「手仕事」初心者ママパパのための「梅シロップ」の作り方や保存容器・消毒法/「のうカフェ」のキッチン便り(1)

子どもと一緒に取り組む季節の「手仕事」は、親が子どもへ伝える「生きる力と知恵」であり、生きた時間そのものです。

このコーナーでは、とれたての旬のものや地元食材を使った「農」と「脳」がよろこぶメニューが人気の「のうカフェ」オーナー・小林由紀子さんことコバさんが、季節のものを食卓に並べたいママパパのために、「季節の手仕事」のレシピやコツを紹介します。

6月に挑戦したい手仕事...「梅仕事」

「梅雨入りのニュース」が流れだす6月に挑戦したい手仕事は、「梅仕事」。梅仕事とは、この時期に収穫の最盛期を迎える梅を使って、梅シロップや梅酒、梅干しを作る仕事のことです。

左から「ジップロック×黒糖」「ガラス容器×上白糖」「プラスチック容器×氷砂糖」で漬けた梅シロップ

小さなころにおじいちゃん、おばあちゃんの家で飲んだ梅シロップが忘れられない。家族で梅を漬けるのが年中行事だったというママパパも多いかもしれません。今回は梅仕事の中でも「梅シロップ」の作り方を詳しく紹介します。子どもの頃を思い出しながら、家族で楽しい梅仕事に挑戦しましょう。

※「青梅」は中毒になるので生食はできません

「梅シロップ」の作り方1.梅を手に入れよう

手でそっと持つとポロリと木から採れる梅の実

梅シロップづくりの第一歩は、梅を手に入れることから。コバさんのお家のように庭に梅の木があればいいのですが、なかなかそうはいきません。

梅を手に入れる方法についてコバさんに聞いてみると、「地元の新鮮な食材が並ぶ直売所を探したり、南高梅白加賀などのブランド梅を有名産地からネット通販で取り寄せたり、この時期に特設されるスーパーマーケットの梅コーナーで手に入れたりして自分好みの梅を探してみるのがいいですよ」とのこと。

コバさんの庭の梅の木で見つけたキアゲハ。梅が育つ環境を体験できるのも「梅狩り」の楽しみです

また、全国には「梅狩り体験」ができる農園もあります。家族で初夏の梅林に出かけて自分で収穫した梅でシロップを漬ければ、忘れられない思い出になりますね。

いずれの方法でも、旬の梅が手に入るのは6月のわずか2週間ほどの短い期間です。早めの手配や購入がおすすめです。

【子ども(小学生)とやってみよう】
梅シロップを親子で作るなら、ぜひ梅選びから一緒にやってみましょう。なぜこの時期だけスーパーマーケットに梅コーナーができるの? 店先にどんな産地の梅が並んでいるの? その産地って日本のどこ? などを話すきっかけになります。

「いこーよ」で梅狩りスポットを探す

梅シロップには「青梅」を!

もいだばかりの「青梅」。梅は風で実に枝が当たるとすぐに傷ついてしまいます。「お店や通販で購入した梅はどうして傷がないんだろう?」という疑問を持つ子どももいるかもしれません

 
6月ごろに店頭に並ぶ梅には、「青梅」と追熟した「黄色い梅」の2種類があります。どちらの梅でも「梅シロップ」を漬けることができますが、味わいは少し違います。
 
初心者さんには青梅がおすすめ。黄色い梅は、発酵しやすく、青梅に比べ管理が難しいです。青梅はパンチのある酸味が特徴のさわやかな味わいに仕上がり、黄色い梅は香りが高くまろやかな飲み心地です」(コバさん)

梅干しには熟して「黄色くなった梅」を!

追熟した梅。あんなに硬かった青梅が数日で追熟し黄色くなります

黄色の梅は梅干しを漬けるときによく使われます。
 
「少し追熟して黄味を帯びてやわらかくなった梅は、塩で漬けて味わい豊かな梅干しになります」(コバさん)
 
スーパーマーケットなどでは早い時期には青梅が、後半になると青梅と追熟した黄色い梅が並びます。時期が後半になると黄色い梅しか店頭になくなるかもしれませんが、そんなときは気持ちを切り替えて「今年は黄色い梅の味わいを楽しんでみよう」と挑戦してみるのもいいかもしれません。
 

【子ども(3~5歳)とやってみよう】
ザルやカゴに新聞紙を敷き青梅を乗せて日陰に置いておくと、1~2日で追熟して黄色くなります。ほんの数日で梅の色も硬さも変わってしまう様子は、木からもいだ後でも、果物が追熟することを子どもと観察できるいい機会になります。

「梅シロップ」の作り方2.漬ける容器や保存容器を準備しよう

写真左はガラス容器、写真右がプラスチック容器

漬ける容器選びも美味しい梅シロップを作る大切なポイントです。
 
「梅は酸が強いので、梅シロップを漬ける容器はガラス容器がおすすめです。プラスチックの容器は、何度も使うとどうしても臭いがつきやすく、琺瑯の容器は傷があると錆びがシロップに入る原因にもなります」(コバさん)
 
また、ガラスの瓶は重たく小さな子どもと漬けるときには手が滑って割れないように注意が必要で、プラスチックの容器は軽くて扱いやすいという利点があります。
 
それぞれの利点を比べて容器を選ぶのがいいですね。
 

「梅シロップ」の作り方3.消毒しよう

ホワイトリカーをキッチンペーパーに漬けて消毒をするコバさん

容器を選んだら忘れてはいけないのが消毒です。せっかく作った梅シロップにカビが出てしまって残念だったという声もよく聞きます。
 
「簡単に消毒したいときには、食品にも使える市販のアルコール消毒剤をキッチンペーパーにつけて拭き上げるのがおすすめです。また、『梅シロップ』と一緒に『梅酒』をつける場合は、アルコール度数が高いホワイトリカーを使って消毒することもできます」(コバさん)
 

ビンの蓋部分のパッキンも丁寧に消毒

消毒するときに特に注意をしたいのは「パッキンの部分」。
 
「細かいパーツ部分は特に意識して消毒しましょう。取り外しができるパーツは外したり分解したりして消毒すると手が入りにくいところもきれいに消毒ができます」(コバさん)
 
もちろん大きな瓶を煮沸する鍋が用意できれば、煮沸消毒でもかまいません。
 

【子ども(3~5歳)とやってみよう】
幼児と一緒に作るときには、スプレー式のアルコール消毒液を子どもにシュッとスプレーをしてもらって、ママパパが拭き上げるというのもおすすめの方法。子どもにもきちんと役割りを与えると、自分も一緒に作ったという気持ちが高まります

「梅シロップ」の作り方4.砂糖を選ぼう

スーパーマーケットで購入したいろいろな種類の砂糖

 
梅の産地、梅の熟し方についで梅シロップの味にかかわるのが砂糖です。
 
「砂糖は、『グラニュー糖>氷砂糖>上白糖>三温糖』の順に糖度が下がります。保存性を一番に考え、管理しやすいという点では、グラニュー糖、氷砂糖、上白糖などの白い砂糖がおすすめです」とコバさん。
 
氷砂糖は解けていく様子を観察するのが面白く、上白糖やグラニュー糖であれば梅シロップ用に材料を買い足さなくても挑戦しやすいのが魅力です。
 
 

【子ども(小学生)とやってみよう
自宅にあるいろいろな種類の砂糖を使って漬け比べをし、味わいの違いを楽しむのも楽しいものです。

 

「梅シロップ」の作り方5.梅の処理をしよう

梅を洗うと梅の香りが立ち込める

 
もいだり、買ったりした梅は、置いておくとどんどん追熟していくので、なるべく早く水で洗ってシロップづくりをはじめましょう。
 
「水を流しながら、梅を一つひとつ手に取り、キュキュッと音をたてて表面のけばけばを落とすような気持ちでやるときれいに洗えます」(コバさん)

キッチンペーパーをこまめに替えて梅の水分をとる


洗った梅の水分はキッチンペーパーなどで拭き取り、爪楊枝でヘタを取ります。
 

収穫したばかりの梅は梅のヘタがしっかりとして取りにくい

コツは、爪楊枝をぐっと差し込んで、てこの原理でポロっとヘタを外すこと。それほど力はいらないので、幼児でも十分取り組めます。
 
「梅雨の時期は、雨がふって外に出られない日が多い分、お家で楽しく作業ができるときでもあります。『美味しくなあれ』のおまじないをかけながら、親子で一緒に梅を洗ったり、ヘタをとったりといった作業を楽しんでください」(コバさん)
 
 

「梅シロップ」の作り方6.梅を漬けよう

 

きちんと計量して砂糖の量を決めるのは美味しくつけるコツ

下処理をした梅は、爪楊枝で梅の表面に10カ所ほどの穴を均等に開け、計量します。続いて梅の重さの同量の砂糖を量り、用意した保存容器に交互に入れて漬けていきます。
 
水分を早く上げるのが、失敗しないコツです。水分を早く出すために、梅を凍らす、ようじで穴をあける、めん棒などでたたいてヒビをいれるなど方法があります。砂糖が早くとけきるよう、毎日ゆすってかき回しましょう」(コバさん)
 
梅の重さよりも少し多いぐらいの砂糖を使うことに躊躇してしまうママパパもいるかもしれません。
「砂糖は味を安定させ、保存性を高める重要な役割を果たしてくれます。砂糖を減らす場合は、梅の7割が限度に挑戦してみてください」(コバさん)
 

「梅シロップ」の作り方7.1週間~10日待とう

1日半おいた梅シロップの様子

漬けた梅は冷暗所に保存して1週間から10日か待ちます。その間に少しずつ水分が上がり、シロップの色が変化していきます。1~2日おきに瓶を振って砂糖を十分に溶かしましょう。10日たって、砂糖がとけていれば、実を取り出して、冷蔵庫で保存します。
 
「保存中に、もし泡がたって発酵したり、カビのようなものが見えたら、実をこして液を一度沸騰させてみてください」(コバさん)
 

【子ども(小学生)とやってみよう】
梅を砂糖に漬けるとなぜシロップができるのでしょうか? 「浸透圧」について子どもと調べてみたり、梅よりも多い量の砂糖がシロップに溶けるのを観察しながら、砂糖は水にどのくらい溶けるのかを調べてみるのも面白いですね。

梅シロップを飲もう!

コバさんに教えていただいた飲み方を紹介します。

梅シロップの基本の飲み方

梅シロップを水や炭酸水で10倍程度に薄めて氷を浮かべていただきます。レモンを乗せたり、酢を足したり、しょうが汁を入れたりといったアレンジもおすすめです。

梅シロップのアレンジレシピ「梅シロップのスポーツドリンク風」

真夏は、10倍程度に水で薄めた梅シロップ500ccに、塩5グラムを入れて飲むのもおすすめ。熱中症の予防になり、暑く体力が落ちがちな時期にも飲みやすいドリンクになります。
 
6月の手仕事としておすすめの「梅シロップ」づくりを紹介しました。ぜひ家族で取り組んでみてください。
コバさんが漬けた梅シロップを飲んでみたいという方は「のうカフェ」へもぜひ足を運んでみてください。
 

【この記事で紹介した梅シロップの材料と用意するもの】
・青梅1キロ
・砂糖1キロ
・瓶などの容器
・保存ビン
・ようじ

 

【埼玉県熊谷市】母めし食堂「のうカフェ」

  • 埼玉県熊谷市下奈良391
  • 月曜・日曜・祝日定休
  • 048-577-4342
  • 営業時間 11:00~15:00(LO14:00) 15:00~17:00(予約のみ)

のうカフェ

 

関連記事

  1. 「食事を作るママの悩み」を調査! 困り事TOP3&リアルな意見も002

    「食事を作るママの悩み」を調査! 困り事TOP3&リアルな意見も

  2. バランス抜群「コンビニごはん」 おすすめ食材&おかずも紹介!

  3. 絵本やおもちゃの収納術! 見た目も使い勝手もアップ!

  4. 自分の描いた絵が展示される! 親子で楽しめるアート企画開催中

  5. 無料の子供向けネット自然観察会! 夜の田んぼで生き物探検!001

    無料の子供向けネット自然観察会! 夜の田んぼで生き物探検!

  6. 家族の散歩が楽しくなる! 野花を楽しむ方法&飾り方&調べ方