【子どもと手仕事日記帳】「梅シロップ」作り体験を子どもは楽しめる? 知っておきたい!楽しい、難しい等のポイント

子どもと季節の手仕事を楽しんでみたいと思っていても、「本当にそんなに子どもが楽しめるの?」や、「忙しくて自分には無理無理!」と思っているママパパはいないでしょうか?

このコーナーでは、親子で楽しむ季節の手仕事を紹介している連載記事「子どもと季節の手仕事」で、古民家カフェ「のうカフェ」のオーナー・小林由紀子さんが教えてくれた手仕事を、実際に子どもとやってみて、子どもが興味が惹かれた点やかかった時間、事前に知っておくと取り組みやすくなるポイントを紹介します。

「子どもと季節の手仕事(6月)」梅シロップのレシピと方法

「梅シロップ作り」で子どもは何を感じるの? 小4の女の子の絵日記より

6 月22日 梅シロップづくりに挑戦!
かかった時間:40分
雨→くもり 気温18度 

今日はいよいよ梅シロップを作る日。
うれしいようなワクワクする気持ちで学校から帰った。梅がどんな風にシロップに変わるか見たかった。

まず両手で梅をキュキュッとあらうと、梅のすっぱいもものようなにおいが鼻に入ってきた。

つぎにつまようじで梅をさすと、プシュッと音がして梅のしるが顔にかかった。

さいごに5種類の砂糖(グラニュー糖、上白糖、三温糖、氷砂糖、きび糖)に梅をつけた。
その中で、グラニュー糖が一番あまかった。


あと10日待つと「梅シロップ」になる。梅がどんな変化をするのか楽しみ。

「梅シロップづくり」で子どもが興味をもったこと1/印象的な「香り」

「梅シロップづくり」で最初に子どもが惹かれたのは、ボールに水を貼って梅を洗うとき。梅に丸い空気の粒がつく様子に興味を惹かれて顔を近づけると「ぷーん」と漂ってくる香りうっとりとした表情。「ママ~。このお水は梅の匂いがするよ。梅の味がするのかな?」と、スプーンですくって舐めてみたほどです。

もちろん梅をつけた水は梅の味はしませんでしたが、それほど強いあまい香りがするのに、梅は甘くないのが不思議だったようです。

子どもと梅シロップを作るときはココに注意が必要でした(1)水に長く浸けない
子どもがあまりに喜ぶので、「しばらくボールに水を張ってしばらく置いておこう!」と思い立ちました。
でもよかったのは最初の数時間だけ、翌日には梅の実は黄土色に変色し、ぶよぶよになって捨てる羽目になりました。水の中の梅を楽しむのは洗う直前だけの楽しみにしたほうがよさそう。
調べてみると、梅を水に浸けるのは2時間が限界で、梅を洗った後に水分をよく拭き取るのは、このためだそうです。

「梅シロップづくり」で子どもが興味をもったこと2/梅を「爪楊枝で刺す瞬間」の果汁

梅に爪楊枝をさすと爪楊枝の先が梅の表皮を破ってプシュッと音をたてて、中から梅の果汁が噴き出してきます。

このときに梅のフレッシュな香りが辺りに漂うので、「ママ、この梅かじりたい!」「赤くなっているところは甘いのかな? かじってみていい?」というほど。

普段は生で食べることがない青梅を、この機会に子どもと少しだけかじってみると、舌がしびれそうな苦さと酸っぱさに驚くととともに、砂糖やアルコールに漬けることで青梅があんなに美味しい梅シロップに変えてしまう昔からの知恵に驚く体験になりました。

子どもと梅シロップを作るときはココに注意が必要でした(2)青梅が苦く酸っぱいことを伝えておく
青梅には「青酸配糖体」という、糖と青酸が結合した物質があり、人間の体内に入ると呼吸困難や目まいなど深刻な影響を与えるそうです。
300個を一度に食べないとそれほどの事態には至らないようですが、作る前に子どもに伝えておくと安心です。

「梅シロップづくり」で子どもが興味をもったこと3/梅の変化

梅シロップを漬けたその瞬間から子どもは梅からシロップが出てくる様子を心待ちにしています。

1日に何度も梅シロップの瓶を触ったり、振ったり、瓶を開けて匂いを嗅いだりして、容器の側面や蓋はベトベトになりますが、だからこそ、1日ごとに香りが変化する様子にも気づいたようで、驚いたように話してくれました。子どもの探求心に驚かされます。

子どもと梅シロップを作るときにはココに注意が必要でした(3)想定以上に梅をつつく
ダメと言われても瓶を開けたり閉めたりして様子を見たくなるのが子供ですが、そうすると瓶に雑菌が入りやすくなります。
注意しても止められそうもないので、シロップに浸かっていない梅がないように1日に1回は瓶をゆする、回すなどの、開けるときにできる毎日の「梅のお世話」を子どもにしてもらうのもおすすめです。

今回初めて子どもと一緒に梅シロップを作って子どもが喜んだポイントや事前に知っておきたかった点を紹介しました。

梅1キロを漬けるのにかかる時間は40分ほど。1時間にも満たない時間ではありますが、普段は見過ごしてしまっている子どもの感性や気づきに触れられる経験でした。

連載記事「子どもと季節の手仕事」では、毎月子どもと楽しめる季節の手仕事を紹介しています。気になったものがありましたらぜひ挑戦してみてください。

子どもと梅シロップを作ったレシピと方法

 

関連記事

  1. 自宅で手軽にできる「工作」まとめ 親子向けのおすすめ厳選!

  2. 食のプロが伝授! 簡単&便利なおすすめ「炊飯器レシピ」

  3. 【やさしいパパのなり方 その1】朝の5分で家事効率を上げる方法

  4. オンラインでママ&親子向けヨガ! 参加費は医療従事者の支援に

  5. まなびてらす_質問レッスン002

    オンラインでミニ授業が受けられる 無料の自宅学習支援スタート

  6. 家でも集中できる!? 専門家に聞いた「楽しく勉強するコツ」