新じゃがで絶品!子どもと6月の手仕事「芋もち」のレシピとポイント

子どもと一緒に取り組む季節の「手仕事」は、親が子どもへ伝える「生きる力と知恵」であり、生きた時間そのものです。

このコーナーでは、とれたての旬のものや地元食材を使った「農」と「脳」がよろこぶメニューが人気の「のうカフェ」オーナー・小林由紀子さんことユッキーさんが、季節のものを食卓に並べたいママパパのために、「季節の手仕事」のレシピやコツを紹介します。

6月に挑戦したい手仕事...新じゃがで作るチーズ・青のり・小エビの「芋もち」

6月に挑戦したい手仕事は新じゃがで作る「芋もち」です。
関東では春と秋に植え付けられたジャガイモが年に2回収穫されます。3月に植え付けられたジャガイモは、5月末~6月に収穫期を迎え、掘りたてが『新じゃが』として出回ります。新じゃがは、水分が多く皮が薄いので、皮ごと料理に使えるので子供との料理に使うのにぴったり! 今回は、そんな新じゃがを使って親子で挑戦してほしい『芋もちの作り方を紹介します」。ぜひ挑戦してくださいね。

「芋もち」の材料

【芋もちの材料と用意するもの】
新じゃが 600グラム
片栗粉 大さじ3
 小さじ1/2
小エビ(味付け用) 適量
チーズ(味付け用) 適量
青のり(味付け用) 適量

新じゃがは、しばらくすると表面の皮が乾燥して硬くなるので、皮ごと食べられるのはこの時期だけ! 購入するときは表面に傷のないものや、緑色になっていないものを選びましょう

【子ども(幼児)とやってみよう~ジャガイモ掘りに行こう】
年に2回全国の農業体験スポットではジャガイモの収穫体験が行われます。地産地消の食品や地域の産業を知るという点でもおすすめの体験です。
「ジャガイモ堀り」スポットやイベントを探す

新じゃがの「芋もち」の作り方1.ジャガイモを洗う

「新じゃがは皮が薄いのでタワシで洗うと、表面の薄く茶色い皮がとれてぴかぴかになります。皮をむく必要がないのがうれしいですね。また、水分が多く、しっとりさわやかな味わいが特徴の新じゃがも、1カ月ほど冷暗所で寝かすと甘みが増し、ほくほくします。味わいの変化もぜひ楽しんでくださいね

【子ども(小学生)とやってみよう~ジャガイモの芽を観察しよう】
ジャガイモは休眠期があり、品種によって差がありますが、だいたい3カ月を超えると芽を出します。6月に新じゃがとして購入したジャガイモも、夏の終わりころになると芽を出し始めます。くぼんだ部分から緑色の芽が出てくる様子を観察するのも楽しいものです。

新じゃがの「芋もち」の作り方2.ジャガイモを茹でる

「洗ったジャガイモは、表面が水につかるぐらいの水で茹でます。鍋の蓋をして茹でると熱の回りがよく早く茹であがります。茹で時間は、沸騰してから中火で15分ほどが目安です

【子ども(小学生)とやってみよう~ジャガイモを食べ比べよう】
ジャガイモには、ほくほくとした食感のためコロッケなどに使われる「男爵」、加熱しても崩れにくいことから煮物に最適と言われる「メークイーン」、濃い紫色の「紫芋」などのさまざまな種類があります。いろいろな芋を食べ比べて、味わいの違いを楽しんでみるのもおすすめです。

新じゃがの「芋もち」の作り方3.ジャガイモをつぶして、片栗粉と塩を加える

茹で上がったジャガイモは鍋の下に濡れ布巾を敷いて鍋の中でマッシャーなどでつぶします。ポイントはジャガイモがまだ熱々なうちにつぶすこと。冷めてしまうとつぶれにくくなります。この時点でつぶれにくいときには電子レンジに1~2分かけましょう」

「また、短時間で作りたいときには、最初から茹でずに電子レンジで火を通して作ることもできます。茹でながらゆっくりとジャガイモを加熱すると、甘味やうま味が十分ひ引き出された美味しい芋もちになりますよ」

ジャガイモはマッシュ状になったら冷めるまで待ちます。冷めたら、片栗粉大さじ3、塩小さじ1/2を加えてねります。冷めるまで待つのは、熱々のときに片栗粉を混ぜると片栗粉がうまく混ざらないためです。この時点で水分が足りずボソボソするときには、大さじ1の水を加えてまとめましょう」

「そのまま焼いても美味しいのですが、今回は、小エビ、青のり、チーズの3種類の芋もちを紹介します

「ジャガイモを3等分に分けて、それぞれに小エビ、青のり、チーズを混ぜて4つに平たくまとめます」

次のページへ>3種類の芋もちの美味しい焼き方

SHARE ON
Facebook
Twitter
出版社、教材編集を経て2013年に「いこーよ」へ。小学生の女の子2人のママ。大学院、モンテッソーリ教育教師、華道、ダイビング資格有。ライフテーマは幼児教育から小学校、中学校、高校、大学、社会人へとどのように学びをつなげていくか。特に幼児教育から中学受験への連携に日々奮闘中。

RELATED ARTICLEあなたにおすすめの記事

  1. 子どもに届けたい! 小学生向け「働く・生きる」が学べる本

  2. 本当に子どもが夢中になる!「プログラミング的思考」が学べるパズルに挑戦

  3. 子どもの「アレ買って!」が論理的思考力を学ぶきっかけに!? プレゼンのコツが学べる本

  4. 好奇心や感謝の気持ちを育む! 地引網を引く漁師のお仕事体験レポート

  5. キッズ興奮!「体験型美術展」の楽しみ方/ びじゅチューン!EXPO展

  6. どこが変わった? 「生きる力」を育むハッピーセット第1弾の内容まとめ

  1. 大人も答えが知りたい! 「子ども科学電話相談」厳選エピソード集

    2022.01.20

  2. 脳科学の権威も登壇、学童向けオンライン講演会レポート

    2022.01.14

  3. 【収穫体験・参加者募集】レンコン堀り放題&レンコンチップス作り…

    2022.01.09

  4. VUCA(ヴーカ 予測不可能)の時代の子育ては「観察」がキーワード…

    2021.12.28

  5. キッズ興奮!「浮世絵」で日本史の魅力に出会う/すみだ北斎美術館

    2021.12.28

  1. 子どもと1月の手仕事 楽しく作ろう「五平餅」のレシピ

  2. 子供と冬(12月・1月・2月)の昆虫採集 カマキリの卵・テントウム…

  3. 魚の目図鑑

    まるで宝石や宇宙!?魚の新たな魅力が見つかる「魚の目図鑑」

  4. 【子育て人生相談】SNSで知らない人と交流していた娘にどう対応?

  5. 子どもと12月の手仕事 コトコト煮よう!「煮豆(黒豆・金時豆)」…

みらいこSNSをフォロー