遊びで非認知能力が育つ! 3~6歳向けあそび図鑑

子どもの成長や子育てに役立つ本を厳選して紹介します。今回は「非認知能力が育つ 3~6歳児のあそび図鑑(監修:原坂 一郎 、協力:いこーよ、イラスト:モチコ、発行:池田書店)」です。

遊びの中で「人としてより生きるために必要な力」を伸ばす

タイトルにもある「非認知能力」とは自立心や共同性、社会生活との関わりなど「人が人としてよりよく生きるために必要な力」のこと。「非認知能力を幼児期から養い、その能力を身に着けておくことは、子どもの成長と発達において何よりも大切なのです」と、著者の原坂一郎さんは語っています。

かわいいイラストでやってみたくなる!

お家遊びや自然遊び、工作、ゲームなど収録されている遊びは100以上あります。イラストは関西人主婦で漫画家イラストレーターの「モチコ」さんが担当。イラストを見るだけでも、子どもに遊ぶ内容が伝わります。どんな非認知能力が育つかは「遊びの効力」で簡単に解説。また、遊び方やポイントも2~3ステップでまとめていますので、その場で見てすぐに理解できる内容です。

「非認知能力が育つ 3~6歳児あそび図鑑」は、「海にいこーよプロジェクト」の一環としてアクトインディが企画協力した書籍です。「海にいこーよプロジェクト」は、次世代へ海を引き継ぐために、海を介して人と人とがつながる“日本財団「海と日本PROJECT」”の一環として行っています。

「未来へいこーよ」スタッフの注目ポイント

「非認知能力」というと難しそうなイメージがありますが、この能力を伸ばすために効果的な親の反応や声かけの仕方が冒頭にわかりやすくまとめてあって、そこを読むと「僕にもできそう!」という気がしてきました(笑)。遊びの紹介ページは必要な情報が簡潔にまとまっていて「どう遊ばせるか?」というのがとてもわかりやすいです。モチコさんのイラストがとてもかわいらしく、楽しそうなのであれもこれも「子どもとやってみたい!」という気持ちになりました(KAZ)。

非認知能力が育つ 3~6歳児のあそび図鑑
本体予価1,400円 ISBN978-4-262-16440-3
購入はこちら(Amazon)

この記事を読んでいる人は「創造力」に関するこんな記事も読んでいます
子どもの世界を広げる「ことばあそび」【あそびのたね連載】
子どもの創造力と好奇心を育む! 100均で作る簡単「手作りおもちゃ」13選
きっかけは「水遊び!」 5歳息子の興味を広げて新しい成長を発見!
【未来へいこーよ】が育むココロのスキル(非認知能力)について

SHARE ON
Facebook
Twitter
5歳の息子と2歳下の妻と暮らすパパで、息子が成長していくにつれて「育児が最高におもしろい!」と気づいて、某ゲーム雑誌編集部からアクトインディに入社。発達がゆっくりな息子と向き合いながら、毎日笑いの絶えない生活を送る。子育て以外ではゲームとお酒が好き。息子の影響で鉄道にも詳しくなった。

RELATED ARTICLEあなたにおすすめの記事

  1. 子どもと楽しむ7月の「手仕事」初心者ママパパのための「トウモロコシご飯」のレシピと作り方/「のうカフェ」のキッチン便り(2)

  2. エネルギーや物理をマンガでわかりやすく解説!

  3. 赤ちゃんにおすすめ! 非認知能力が身に着く絵本

  4. まるで宝石! アート作品としても楽しめる昆虫図鑑

  5. 小学1~2年生にピッタリ! 漢字を楽しく覚えられるドリル

  6. 募集は終了しました。自然や社会が学べるイベント「地引網で漁師体験」(小学低学年向け)

  1. 新じゃがで絶品!子どもと6月の手仕事「芋もち」のレシピとポイント

    2021.06.14

  2. オタク偉人伝

    偉人はすべてオタクだった!子どもの「好き」を応援したくなる本

    2021.06.14

  3. 本番に強い子と弱い子の違いは何? 緊張の理由や克服術も紹介

    2021.06.11

  4. 時計の読み方が自立につながる!?コツは「会話」にあり!

    2021.06.11

  5. 子どもの「性教育」いつ・どうやって教える? おすすめ本も紹介

    2021.06.10

  1. OQTA スマホ 鳩時計

    スマホで「想いを送る」鳩時計は親子関係にどんな影響を与えた?

  2. 幼児や小学生が残酷な行動をするのはなぜ? 理由&親のとらえ方も…

  3. トマトと塩で作る 子どもと5月の手仕事「フレッシュトマトソース」…

  4. 本山勝寛 好奇心

    自ら学び続ける子どもになる! 社会を生き抜く「非認知能力」の育…

  5. 子どもが泳げるようになる方法! 水嫌い克服や教え方も伝授!

みらいこSNSをフォロー