きっかけは「水遊び!」 5歳息子の興味を広げて新しい成長を発見!

育児はじめて物語
子どもは小さな「初めて」をたくさん経験して成長していきます。「育児はじめて物語」は、発達がゆっくりな息子がいるパパが、息子との「初めての体験」から得た感動や小さな成長を見つけていくお話です。

我が家では、子どもが興味を持ったものから少しずつ広げていくのを子育ての軸のひとつにしています。発達障害の息子が「水遊び」に目覚めたので、「やりたい!」という気持ちを尊重しながら興味を広げていった結果、意外な成長を見ることができたお話です。

ベランダの鉢植えに興味を持つ

最近、妻がベランダでバジルを育て始めました。初心者でも育てやすいことと家計の節約を兼ねて始めたのですが、妻いわく「成長する様子が自分の子どもみたいにかわいい」とこまめに世話をしています。そんな妻が水やりをするためにベランダに行くところを、息子がめざとく発見! そのまま妻についていって、鉢植えに水やりをしているのを見て「(ぼくも)やる!」と元気よく言いました。これは植物を世話することに興味を持った瞬間かも!?

植物だけに、思いやりや慈しみの心が芽生えてくれればいいなー」と思いながら見ていたら、台所まで何回も水を汲みに行って鉢植えに大量の水を入れようとしています(笑)。1~2回目は妻もニコニコ顔で見守っていましたが、3回目も入れようとしてあわてて息子を止めました。うーん、どうやら「植物に水をやる」というよりも「鉢植えに水をかける」ことがおもしろいと感じているみたいです。

いくら暑いといっても、息子がやるように水をかけていたらバジルがダメになってしまいます。でも、息子の「やりたい気持ち」は尊重したいので、ベランダに衣装ケースの引き出しを出して、そこに水をためておもちゃを浮かべて水遊びをすることにしました。

ベランダでの水遊びは息子が2歳くらいのときから、夏場にときどきやっています。昔は衣装ケースの中にお尻をつけて座っていられたんですけど…大きくなりましたね。

小さな器に水を入れて、ひたすらベランダに水を流しました。以前は「やりたい」ことに強くこだわって納得できるまでやりたがったのですが、「鉢植えに水を入れる」を「ベランダに水を流す」という似た行為でも満足できるようになりました。自分の気持ちをうまく切り替えられるようになったのは、成長した証拠ですね。そして、このことをきっかけに息子は「水の流れ」に興味を持つようになったんです。

次のページ「せっけん、いっちゃったね」

SHARE ON
Facebook
Twitter
5歳の息子と2歳下の妻と暮らすパパで、息子が成長していくにつれて「育児が最高におもしろい!」と気づいて、某ゲーム雑誌編集部からアクトインディに入社。発達がゆっくりな息子と向き合いながら、毎日笑いの絶えない生活を送る。子育て以外ではゲームとお酒が好き。息子の影響で鉄道にも詳しくなった。

RELATED ARTICLEあなたにおすすめの記事

  1. 小1娘の生活改善に! 忘れ物や遅刻をなくす「問題解決」の練習法

  2. 都内で入館無料! 幼児から楽しめる「警察博物館」で憧れのお仕事体験

  3. 100均で簡単DIY! 「おしたく時計」で小1娘が課題克服に挑戦

  4. 【年齢別】未就学児にオススメの非認知能力アップに繋がる絵本5選

  5. 3歳~5歳にオススメ! 子供の好奇心が倍増する「図鑑」活用法

  6. 【学年別】小学生にオススメの非認知能力アップに繋がる児童書5選

  1. 雨の日に最適&自宅で楽しめる! 親子で感動「ピタゴラ遊び」

    2021.04.14

  2. 子どもにおすすめの「おうち遊び」 幼児&小学生向けアイデア満載

    2021.04.14

  3. 家にあるものでできる、おうちで工作のススメ

    2021.04.14

  4. 【100均DIY】フェルトのおもちゃで楽しくボタンかけ練習!

    2021.04.13

  5. 楽しみながらマスターできる「ちょう結び」の始め方

    2021.04.13

  1. 正しい鉛筆の持ち方できれいな字が書けるって本当!?

  2. 子どもを叱る時間が長い親は自己肯定感が低い!? 褒める力の育み方

  3. 人気習い事ランキング! 費用&掛け持ち数&メリデメも

  4. 親子でしっかりルール作りを!ゲームが脳に与える影響とは?

  5. 害獣はなぜ増えた? 家族で生命を考え動物やSDGsも学べる体験講座…

みらいこSNSをフォロー