一人遊びが好きな発達障害の息子が4歳で初めて「友だち」ができた理由

育児はじめて物語
子どもは小さな「初めて」をたくさん経験して成長していきます。「育児はじめて物語」は、発達がゆっくりな息子がいるパパが、息子との「初めての体験」から得た感動や小さな成長を見つけていくお話です。

自閉症の息子は、一人で遊ぶことが好きです。児童館などで同世代の子どもと一緒になっても、友だちとして遊ぶことはなかなかありませんでした。自分のテリトリーに近づくものは赤ちゃんだろうと敵視していた息子が、初めて友だちと一緒に過ごすようになるまでを当時の記録をもとにしてみたら、息子の成長の足跡が見えてきたんです。

どうなったら「友だち」って言えるのだろう?

息子の「初めて友だちができたのはいつだったか?」を考えたとき、最初に思ったのは「そもそも、どうなったら『友だち』って言えるのだろう?」ということでした。一緒に何かで遊んだとき? 手を握って歩いたとき? 「友だちだよね?」と聞いて「うん」と答えたとき? 「友だちの定義」は人によって多少の差はあると思います。今回の記事では僕個人の基準で「世代が近く、お互いが一緒にいて楽しく遊べる相手」をいったん「友だち」と定義しています。

近づくやつは赤ちゃんでさえも敵!

赤ちゃんから幼児期にかけての日常のお出かけ先として重宝するのが児童館(児童ホーム)ですよね。いろんなおもちゃや絵本があって、体を動かせる遊具もあり、大声で泣いてもOK(よくあることなので)という素晴らしい施設です。僕も抱っこ紐やベビーカーで息子を連れてよく行っていました。最初の頃は1人で遊んでいてよかったんですけど、2歳ごろになると自分に近づいてきたほかのお子さんを押すようになりました…。

そのときは単純に「自分が遊んでいるおもちゃが取られるのがイヤなのかな?」と思い、これは自我が育ってきた証拠! と喜んでいたんです。「うちは一人っ子だから、きょうだい児がやるようなおもちゃの取り合いができて、むしろ経験としてはいいかな」とのんきに思っていました。

しかし、たまたまハイハイで通りがかった赤ちゃんにも、敵意むき出しで押そうとしたときには、血の気が一気に引きました…! 幸い、息子の手が届く前に僕が息子を押さえて事なきを得たのですが、本人に悪気はなくても赤ちゃんにケガをさせてしまうわけにはいきません。それからは児童館に行く機会が減り、行っても赤ちゃんには絶対に近づけないようにしていました。息子はますます1人で遊ぶようになりました。

次のページ>「両親のいない集団で過ごすことが成長に」

SHARE ON
Facebook
Twitter
5歳の息子と2歳下の妻と暮らすパパで、息子が成長していくにつれて「育児が最高におもしろい!」と気づいて、某ゲーム雑誌編集部からアクトインディに入社。発達がゆっくりな息子と向き合いながら、毎日笑いの絶えない生活を送る。子育て以外ではゲームとお酒が好き。息子の影響で鉄道にも詳しくなった。

RELATED ARTICLEあなたにおすすめの記事

  1. 乳幼児のお風呂係はパパがおすすめ! その理由と遊び方のコツ

  2. 幼児の「寝かしつけ」が楽しくなる! その秘密はプロレス!?

  3. 我が子は3歳まで! 長引く「よだれ」対策に100均アイテムが効いた

  4. 息子の初めての寝返りの瞬間! そのときパパは何をしたか!?

  5. 徒歩5分が30分に…子どもが歩くようになってわかった「成長と悩み」

  6. 【年齢別】未就学児にオススメの非認知能力アップに繋がる絵本5選

  1. 【2021】夏休みにチャレンジしたい子ども向け「コンテスト」12選

    2021.07.30

  2. おねしょを卒業するまでの子どもの気持ちに寄り添う対処法

    2021.07.29

  3. 【てぃ先生連載】お友だちを叩いちゃうクセ、どう直す?

    2021.07.28

  4. 読書感想文の書き方のコツと親ができるサポートは?

    2021.07.27

  5. 夏バテ解消!食欲がないときの簡単レシピ【親子料理連載】

    2021.07.26

  1. 夏休み 自由研究

    夏休みの自由研究に! お役立ち情報サイトまとめ【2021】

  2. 【2021】夏休みにチャレンジしたい子ども向け「コンテスト」12選

  3. 埼玉県飯能市 四季冒険部 川釣り体験

    小学生が自分が作った竿で魚釣り! 食育にもつながるイベント体験…

  4. 子どもと7月の手仕事 旬の「ブルーベリーマフィン」のレシピ

  5. 子どもの夢応援企画 サッカー選手・石川直宏さんインタビュー

みらいこSNSをフォロー