想像力かきたてる“文字のない”絵本|「アンジュール」

不朽の名作から最新作まで、子どもたちの「ココロのスキル」をはぐくむ絵本を紹介するコラム。今回は1986年に生まれた“文字のない”絵本『アンジュール』です。

みどころ

物語は主人公の犬が飼い主の車から投げ捨てられる場面から始まります。鳴きながら必死で車を追いかけますが、あっという間に見えなくなってしまう。戸惑いながら歩き出したところで、行きかう車同士の事故を引き起こしてしまったり、街では野良犬だと思われて邪険に扱われたり。ひとりぼっちになった犬が過ごす、切なくも温かい“ある一日”を描いています。

この作品がユニークなのは、文字がないところ。あるのは、鉛筆で描かれた60枚近いモノクロの絵だけです。一見したところシンプルな作品ですが、読み手の想像力でいろんな見方ができる楽しさがつまっています。

例えば、犬の表情の豊かさ。鉛筆一本で、戸惑いや悲しみ、驚き、喜びなど、犬のいろんな感情を描き分けている作者の表現力には驚かされます。

私も犬を飼っていたことがあるのですが、犬って本当に表情があるんですよね。笑っていたり悲しそうだったり、見ればすぐに分かります。以前飼っていたのがシェルティという犬種で、ちょうど絵本にでてくる犬と同じように白黒まじった模様だったので姿が重なったのかもしれません。

個人的なお気に入りは、途方に暮れていたかと思いきやケロッとした顔で看板のようなものに用を足す場面。うちの犬も、怒っていたかと思えばケロッとした顔でボール遊びをしていたなと思い出し、とても愛おしい気持ちになりました。切ないストーリーの中でもこうしたクスっとする描写を差し込む、作者のいたずらっぽさも素敵です。

シンプルだからこそ、一人一人の想像力で柔軟に楽しむことができる。刊行から30年以上経った今も、読者に新鮮な気づきを与えてくれる作品です。

あらすじ(出版社Webサイトより)

ある日、犬は、野の道を疾走する車の窓から投げすてられる。にわか野良になった犬のその日の長いさすらいをたどって描く。目を吸いよせて離さない50を超える犬の姿態と表情はすぐれたデッサンにより酷いばかりの迫真である。あるいはひとりに秘めておきたい絵と思い、誰かに見せずにはいられなくなる作品でもある。

書名:アンジュール
作者:ガブリエル・バンサン
出版社:BL出版
発行日:1986 年 5 月
ISBN:9784892389573
サイズ:19×26cm
ページ数:64ページ

「アンジュール」を購入(Amazonへリンクします)

SHARE ON
Facebook
Twitter
週5フルタイムで貿易事務として働くかたわら副業でライティングや韓国語翻訳にも精を出す日々。遠距離恋愛中。一見落ち着いたふうを装っているが実はかなりせっかち。趣味は韓国ドラマ鑑賞、散歩、ドラム、本屋をぶらぶらすること、ラジオを聴くこと。一番好きなお菓子は「アポロ」。

RELATED ARTICLEあなたにおすすめの記事

  1. ゴミ捨て

    ゴミ捨てミス連発で戦力外通告!? パパを救った「仕事のやり方」

  2. アマビエや河童、花子さん…「妖怪」はなぜ日本人に『愛される』のか?

  3. 7歳娘が考えた「理想の海」とは? 問題の自分事化で視野が広がる!

  4. 【年齢別】未就学児にオススメの非認知能力アップに繋がる絵本5選

  5. 面倒な家事をラクにする「魔法の箱」をDIY! 子どもを伸ばす効果も

  6. おもちゃを大事にしない子どもに! 物の大切さを教える職業体験とは?

  1. 【世界の子育て:赤道ギニア】12歳で家事のすべてがこなせる⁉

    2021.09.24

  2. 【世界の子育て:ネパール】2歳からの超早期教育を熱望する理由とは…

    2021.09.22

  3. 【てぃ先生に聞く】0歳で保育園に預けるのはかわいそう!?

    2021.09.22

  4. おすすめ「乳幼児向け図鑑」5選 イラスト満載&100円の超格安も

    2021.09.21

  5. 「飼育方法・飼い方」おすすめ図鑑6選 ペット・動物・昆虫も!

    2021.09.16

  1. キッズ興奮!「鉱物展」の楽しみ方/角川武蔵野ミュージアム「石は…

  2. チームラボボーダレス 弾む水の天才ケンケンパ

    五感でアート体験! 大人も子どもも夢中になる「チームラボボーダ…

  3. 【子育て人生相談】体調不良でないのに学校を休みたがる子供の対処法

  4. うみファームキッチン

    SDGsが学べる! 八景島シーパラダイスに海育がテーマの体験型施設…

  5. 【季節の絵本連載】秋に親子で読みたい絵本

みらいこSNSをフォロー