家事が苦手なパパ必見! 朝の5分で妻に感謝される方法

やさしいパパのなり方
家事育児をまかせっきりだったパパが、失敗と試行錯誤を重ねながら「優しいパパ」になった方法を「易しく」紹介するエッセイです。

家事全般を妻にまかせていたら、家のことをやりたくでもどこに何があるのかもわからない…。そんな状況のパパが見つけた、朝のたった5分やるだけで妻に喜ばれる簡単な家事とは? それを積み重ねていくことで、妻との「パスワーク」が徐々にできるようになってきたお話です。

いつの間にか家のどこに何があるか、わからなくなっていた

我が家では結婚してからしばらくの間、妻が専業主婦として家事を回していました。子どもが生まれてから妻の手が回らなくなってきたので、僕も家事育児を積極的にやりたいと思ったところ、あることに気がつきました。

食器や洗濯物を入れる場所、料理の手順にいたるまで家事全般が「妻のやり方」にカスタマイズされていて、どこに何があるかわからないのです。お茶碗が入っている引き出しは毎回間違え、洗濯物は違うところに服を入れてしまう始末…。これはまずい。

僕は家事や育児はサッカーやバスケットボールのようなチームスポーツに似ていると思っています。食事や掃除、洗濯、お風呂、寝かしつけなどがうまくできれば「1ゴール」、なんやかんや失敗すると「ゴールを奪われた」というイメージです。1日トータルで見て、うまくできたことが多ければ「勝った」といえますね。

それに当てはめると、当時の妻は1人で攻撃も守備もしていて、僕にまったくパスをしてくれない状態。というか、パスを受け取るべき場所に僕がいないので、妻のほうもパスが出しにくく、結局1人で全部やっちゃってるんです。これはまずい。なんとか自分でやれることを探さないと!

次のページ>「何かできることはない?」「自分で考えろ」

SHARE ON
Facebook
Twitter
6歳の息子と2歳下の妻と暮らすパパで、息子が成長していくにつれて「育児が最高におもしろい!」と気づいて、某ゲーム雑誌編集部からアクトインディに入社。発達がゆっくりな息子と向き合いながら、毎日笑いの絶えない生活を送る。子育て以外ではゲームとお酒が好き。息子の影響で鉄道にも詳しくなった。

RELATED ARTICLEあなたにおすすめの記事

  1. 赤ちゃんや幼児への絵本の読み聞かせのコツは「ビジネスの大定番」!?

  2. 最後まで読まなくてもOK! 発達障害の息子と「絵本を楽しむ」方法

  3. 【育児はじめて物語】怒りは「キーーーッ!」から始まる【第3話】

    発達障害の息子が4歳で初めて怒った! パパがとった対応とは?

  4. 「おうちディズニー」でパーク気分を満喫! 創意工夫の楽しさを学ぶ

  5. 一人遊びが好きな発達障害の息子が4歳で初めて「友だち」ができた理由

  6. きっかけは「水遊び!」 5歳息子の興味を広げて新しい成長を発見!

  1. こども文房具2022

    小学校低学年必見!子どもの豊かな感性を育み自立を助ける文房具が…

    2022.06.23

  2. 子どもと6月の手仕事 材料3つで作る「水無月(みなづき)」のレシ…

    2022.06.23

  3. NuRIEbook

    学研の図鑑とのコラボで好奇心が育つ!みんなで遊んで学べる塗り絵…

    2022.06.20

  4. 【子育て人生相談】「自分は学校で優秀」と家で話を盛る子ども。何…

    2022.06.15

  5. 【季節の絵本連載】雨の日に読みたい絵本

    2022.06.06

  1. 透明クレヨン はみだしてもいいぬりえ

    子どもがはみだして塗っても気にならない!大人も癒されるクレヨン…

  2. 絵本で子どもの非認知能力を伸ばそう! おすすめの絵本と読み方を…

  3. 子どもと楽しむ6月の「手仕事」初心者ママパパのための「梅シロップ…

  4. 【季節の絵本連載】雨の日に読みたい絵本

みらいこSNSをフォロー