秘密の呪文がいざなう冒険の旅|「めっきらもっきら どおんどん」

不朽の名作から最新作まで、子どもたちの「ココロのスキル」をはぐくむ絵本を紹介するコラム。今回は呪文のような言葉遊びが子どもたちのわくわくを誘う一冊『めっきらもっきら どおんどん』です。

みどころ

ピーリカピリララ ポポリナペーペルト!
ウィンガーディアム レヴィオーサ!

“秘密の呪文”というのは、いつだってめちゃくちゃだ。でも、なぜだろう。めちゃくちゃな言葉の羅列であればあるほど、その呪文が本物で、強いチカラを持つような気がしてくるのは。魔法少女に変身することも、何かを浮遊させることもできないと頭では分かっていても、誰もがきっと一度はそんな“呪文”に夢中になった経験があるのではないだろうか。

『めっきらもっきら どおんどん』は、物語のあちこちに“秘密の呪文”がちりばめられた一冊だ。不思議な「うた」を口ずさんだことをきっかけに主人公のかんたは「へんてこりんな3にんぐみ」に出会い、空を飛んだり、宝物交換をしあったり、月をひっかけるくらいの大きななわとび遊びをしたり、不思議な冒険の旅に出る。
声に出して読んでみるとより一層感じられるのだが、かんたの「うた」は言葉のテンポがとても心地よい。初めての人でもすらすら読めて、歌うように自然とリズムがとれる。「うた」以外にも、3人組の名前やセリフも言葉の響きがおもしろいものばかりなので、ぜひ声に出して読んで、言葉遊びを満喫してほしい作品だ。

私自身も、約20年前にこの作品に夢中になったひとり。まるでジェットコースターのようにに目まぐるしく進むストーリーと、やはり「うた」が大好きだった。呪文のように唱えるあいだ「もしかしたら私も3にんぐみに会えるかも?」とドキドキしたことを覚えている。秘密の呪文から始まる大冒険を本作でぜひ楽しんで。

あらすじ(出版社Webサイトより)

かんたがお宮にある大きな木の根っこの穴から落ちて訪れた国は、何ともへんてこな世界でした。そこの住人“もんもんびゃっこ”や“しっかかもっかか”、“おたからまんちん”とかんたは仲良しになり、時のたつのを忘れて遊び回ります。けれどもすでに夜。遊び疲れてねむった3人のそばで、心細くなったかんたが「おかあさん」と叫ぶと……躍動することばと絵が子どもたちを存分に楽しませてくれるファンタジーの絵本です。

書名:めっきらもっきら どおんどん
作:長谷川 摂子
絵:ふりや なな
出版社: 福音館書店
発行日: 1990年03月15日
ISBN:978-4-8340-1017-6
サイズ:20×27cm
ページ数:32ページ

「めっきらもっきら どおんどん」を購入(Amazonへリンクします)

SHARE ON
Facebook
Twitter
週5フルタイムで貿易事務として働くかたわら副業でライティングや韓国語翻訳にも精を出す日々。遠距離恋愛中。一見落ち着いたふうを装っているが実はかなりせっかち。趣味は韓国ドラマ鑑賞、散歩、ドラム、本屋をぶらぶらすること、ラジオを聴くこと。一番好きなお菓子は「アポロ」。

RELATED ARTICLEあなたにおすすめの記事

  1. 初恋は成長のチャンス!4歳男子をやる気に変えた「小さな恋の物語」

  2. 7歳&5歳の子どもと初挑戦! 子どもの本音を引き出す「家族会議」

  3. 乳幼児ママ必見! 子どもの成長を見える化する「作品収納術」

  4. ゴミ捨て

    ゴミ捨てミス連発で戦力外通告!? パパを救った「仕事のやり方」

  5. 乳幼児の食事「準備or食べさせる」問題、名もなき家事をリスト化してみた

  6. 徒歩5分が30分に…子どもが歩くようになってわかった「成長と悩み」

  1. おすすめ「乳幼児向け図鑑」5選 イラスト満載&100円の超格安も

    2021.09.21

  2. 「飼育方法・飼い方」おすすめ図鑑6選 ペット・動物・昆虫も!

    2021.09.16

  3. 好奇心と自己肯定感を育む! ライフセーバーと体験する海デビュー…

    2021.09.16

  4. 知育に役立つ「積み木」まとめ 赤ちゃん・幼児・小学生も遊べる

    2021.09.15

  5. 子どもと9月の手仕事 新米が出る前に作りたい「まぜ寿司」のレシピ

    2021.09.14

  1. キッズ興奮!「鉱物展」の楽しみ方/角川武蔵野ミュージアム「石は…

  2. チームラボボーダレス 弾む水の天才ケンケンパ

    五感でアート体験! 大人も子どもも夢中になる「チームラボボーダ…

  3. うみファームキッチン

    SDGsが学べる! 八景島シーパラダイスに海育がテーマの体験型施設…

  4. 【子育て人生相談】体調不良でないのに学校を休みたがる子供の対処法

  5. 【季節の絵本連載】秋に親子で読みたい絵本

みらいこSNSをフォロー