発達障害の4歳息子がYouTubeで成長したところとは?

育児はじめて物語
子どもは小さな「初めて」をたくさん経験して成長していきます。「育児はじめて物語」は、発達がゆっくりな息子がいるパパが、息子との「初めての体験」から得た感動や小さな成長を見つけていくお話です。

YouTubeは子どもが生まれてからよく見るようになりました。最初は息子の夜泣き対策に使っていたのですが、知育動画、かわいいキャラクターの歌など、年齢や発達段階に合わせて選んでいます。YouTubeで見たものを真似るようになったり、その先の成長につながったと思うことについて書きました。

「泣き止む動画」では泣き止まず…

初めて育児にYouTubeを使ってみたのは、息子の夜泣きに悩まされていたとき。「赤ちゃんが泣き止む動画」と「赤ちゃんが寝る動画」を検索して見せてみたところ、どれも全然ダメでした(笑)。再挑戦は2歳8カ月の頃。3歳児向けの「こどもちゃれんじ ぽけっと」のお試しDVDを見たときに案外反応がよかったので、YouTubeで同じような知育動画を探してみたんです。

その中でヒットしたのが「東京ハイジ」の「はみがきのうた」。「やーだもん やーだもん」「ごしゅしゅ ごしゅしゅ」など歌詞を繰り返すところが好きで、歯磨きに挑戦してくれるいいきっかけになりました。また「ようこそ!ゆきだるまのパーティへ! 」も好きで、小さなゆきだるまがマンボのリズムに合わせて歌って踊る場面では、息子もキャーキャー言いながら手をジタバタさせて踊っていました。その後しばらく息子がグズッたときに、この動画は大活躍でした(笑)。

東京ハイジの2つの動画は、子どもが発音しやすい言葉が歌詞になっているのと、同じ言葉を繰り返し使うことで「1つの言葉を覚えれば1フレーズ歌える」というのがよかったんだと思います。絵本が歌になった「はらぺこあおむし」の動画などもお気に入りで、このころから動画を見ながら歌えるようになってきました。

「『学ぶ』は『まね(真似)ぶ』」という言葉があるように、歌や踊りに興味を持って「自分でやってみよう!」と思って行動したのは成長の証ですね。このころから動物や果物の名前を当てたりする知育系の動画も見るようになってきました。

次のページ>「動画で興味の幅が広がった!」

SHARE ON
Facebook
Twitter
5歳の息子と2歳下の妻と暮らすパパで、息子が成長していくにつれて「育児が最高におもしろい!」と気づいて、某ゲーム雑誌編集部からアクトインディに入社。発達がゆっくりな息子と向き合いながら、毎日笑いの絶えない生活を送る。子育て以外ではゲームとお酒が好き。息子の影響で鉄道にも詳しくなった。

RELATED ARTICLEあなたにおすすめの記事

  1. 歌が好きになった発達障害の4歳の息子がオリジナルソングを作るまで

  2. 【年齢別】未就学児にオススメの非認知能力アップに繋がる絵本5選

  3. 最後まで読まなくてもOK! 発達障害の息子と「絵本を楽しむ」方法

  4. 「おうちディズニー」でパーク気分を満喫! 創意工夫の楽しさを学ぶ

  5. 小1でもスラスラ書ける! 編集者が教える「読書感想文」のコツ

  6. 家事育児に怒られ続けたパパが編み出した「妻とケンカしない方法」

  1. 【2021】夏休みにチャレンジしたい子ども向け「コンテスト」12選

    2021.07.30

  2. おねしょを卒業するまでの子どもの気持ちに寄り添う対処法

    2021.07.29

  3. 【てぃ先生連載】お友だちを叩いちゃうクセ、どう直す?

    2021.07.28

  4. 読書感想文の書き方のコツと親ができるサポートは?

    2021.07.27

  5. 夏バテ解消!食欲がないときの簡単レシピ【親子料理連載】

    2021.07.26

  1. 子どもの夢応援企画 サッカー選手・石川直宏さんインタビュー

  2. 夏休み 自由研究

    夏休みの自由研究に! お役立ち情報サイトまとめ【2021】

  3. 埼玉県飯能市 四季冒険部 川釣り体験

    小学生が自分が作った竿で魚釣り! 食育にもつながるイベント体験…

  4. 子どもと7月の手仕事 旬の「ブルーベリーマフィン」のレシピ

  5. 【2021】夏休みにチャレンジしたい子ども向け「コンテスト」12選

みらいこSNSをフォロー