発達障害の4歳息子がYouTubeで成長したところとは?

育児はじめて物語
子どもは小さな「初めて」をたくさん経験して成長していきます。「育児はじめて物語」は、発達がゆっくりな息子がいるパパが、息子との「初めての体験」から得た感動や小さな成長を見つけていくお話です。

YouTubeは子どもが生まれてからよく見るようになりました。最初は息子の夜泣き対策に使っていたのですが、知育動画、かわいいキャラクターの歌など、年齢や発達段階に合わせて選んでいます。YouTubeで見たものを真似るようになったり、その先の成長につながったと思うことについて書きました。

「泣き止む動画」では泣き止まず…

初めて育児にYouTubeを使ってみたのは、息子の夜泣きに悩まされていたとき。「赤ちゃんが泣き止む動画」と「赤ちゃんが寝る動画」を検索して見せてみたところ、どれも全然ダメでした(笑)。再挑戦は2歳8カ月の頃。3歳児向けの「こどもちゃれんじ ぽけっと」のお試しDVDを見たときに案外反応がよかったので、YouTubeで同じような知育動画を探してみたんです。

その中でヒットしたのが「東京ハイジ」の「はみがきのうた」。「やーだもん やーだもん」「ごしゅしゅ ごしゅしゅ」など歌詞を繰り返すところが好きで、歯磨きに挑戦してくれるいいきっかけになりました。また「ようこそ!ゆきだるまのパーティへ! 」も好きで、小さなゆきだるまがマンボのリズムに合わせて歌って踊る場面では、息子もキャーキャー言いながら手をジタバタさせて踊っていました。その後しばらく息子がグズッたときに、この動画は大活躍でした(笑)。

東京ハイジの2つの動画は、子どもが発音しやすい言葉が歌詞になっているのと、同じ言葉を繰り返し使うことで「1つの言葉を覚えれば1フレーズ歌える」というのがよかったんだと思います。絵本が歌になった「はらぺこあおむし」の動画などもお気に入りで、このころから動画を見ながら歌えるようになってきました。

「『学ぶ』は『まね(真似)ぶ』」という言葉があるように、歌や踊りに興味を持って「自分でやってみよう!」と思って行動したのは成長の証ですね。このころから動物や果物の名前を当てたりする知育系の動画も見るようになってきました。

次のページ>「動画で興味の幅が広がった!」

SHARE ON
Facebook
Twitter
5歳の息子と2歳下の妻と暮らすパパで、息子が成長していくにつれて「育児が最高におもしろい!」と気づいて、某ゲーム雑誌編集部からアクトインディに入社。発達がゆっくりな息子と向き合いながら、毎日笑いの絶えない生活を送る。子育て以外ではゲームとお酒が好き。息子の影響で鉄道にも詳しくなった。

RELATED ARTICLEあなたにおすすめの記事

  1. 発達障害の4歳息子が「おままごと」を! そこで見つけた心の成長とは?

  2. 100均で幼児向け知育玩具を簡単DIY! 語彙力アップのコツも紹介

  3. 「SDGsってなに?」が解消! 子どもと遊んで「できること」を考えるカードゲーム

  4. 乳幼児と行って本当によかった! 「箱根」の遊んで学べるスポット6選

  5. ゴミ捨て

    ゴミ捨てミス連発で戦力外通告!? パパを救った「仕事のやり方」

  6. おもちゃを大事にしない子どもに! 物の大切さを教える職業体験とは?

  1. 雨の日に最適&自宅で楽しめる! 親子で感動「ピタゴラ遊び」

    2021.04.14

  2. 子どもにおすすめの「おうち遊び」 幼児&小学生向けアイデア満載

    2021.04.14

  3. 家にあるものでできる、おうちで工作のススメ

    2021.04.14

  4. 【100均DIY】フェルトのおもちゃで楽しくボタンかけ練習!

    2021.04.13

  5. 楽しみながらマスターできる「ちょう結び」の始め方

    2021.04.13

  1. 正しい鉛筆の持ち方できれいな字が書けるって本当!?

  2. 親子でしっかりルール作りを!ゲームが脳に与える影響とは?

  3. 害獣はなぜ増えた? 家族で生命を考え動物やSDGsも学べる体験講座…

  4. 子どもを叱る時間が長い親は自己肯定感が低い!? 褒める力の育み方

  5. 人気習い事ランキング! 費用&掛け持ち数&メリデメも

みらいこSNSをフォロー