4歳男子の疑問「ルール(規則)や約束はなぜ必要?」に答えてみた

泣き虫ママの楽育日記
「楽しく・気楽に」、「生きる力を育む」をモットーに、姉弟(おませな小1女子&やんちゃな年中男子)の子育てに奮闘するママの日常を記したエッセイ。子育て中の学びや育児の工夫、子どもとの出来事で感じたことなどを紹介していきます。

<なんでの処方箋>

子どものアタマには、常に「なんで?」がいっぱい! すぐに答えが見つかるときもあれば、答えがわからなかったり、そもそも答えに正解がない場合も。このコーナーでは、そんな「子どもの疑問」に対して、どんな風に向き合い、どう解決したのか、我が家のエピソードとともに紹介していきます。

息子(年中)の疑問:「どうしてルールを守らなきゃいけないの?

今回は、スーパーで走り回っていたことを注意されたときに、息子が抱いた疑問から。

ルールはなんのためにある?

「おやつはごはんを食べてから」「夜9時までにベッドに入る」「YouTubeは1日10分まで」など、子どもたちには家庭で約束しているルールがたくさんあります

また、一歩外に出れば、さらにたくさんの守るべき「社会のルール」があります。「病院では静かにする」「お店の中で走り回らない」「売り物に触らない」など、私が外出先で子どもに注意することのほとんどがこれに当てはまります。

外出時には、こういった「ルール」を確認するようにしています。例えば、スーパーに入る前は「お買い物をするときの約束は?」という具合に。すると子どもたちは、これまで耳にタコができるほど繰り返されているこの質問に、「走らない、叫ばない、触らない、勝手にいなくならない」と、声をそろえて返答をしてきます。もはやテンプレ化されているのです(笑)。そして、完璧に暗唱していたにも関わらず、数分後にはこの約束をすっかり忘れて店内を走り回っていたりします…。

約束したルールが守られていないと、当然そのことを注意します。ルールの内容を事前に確認していることもあり、そのときに私が使う言葉は単一化されがちです…。

「あれ? お約束は(なんだっけ)?」

そんなワンパターンな注意に飽き飽きした息子が、「ねぇ、なんでそんなにルールばっかりなの? なんで守らなきゃいけないの?」と聞いてきたことから、今回の「なんで?」は始まりました。

次のページ>ルールのない世界を体験してみよう!

SHARE ON
Facebook
Twitter
2013年に長女、2015年に長男を出産し、育児に奮闘する日々。家の中にいるのは苦手で、新しい場所やモノが大好きな「THEミーハー」体質。子どもたちにもさまざまな経験をさせるべく、家族のおでかけや遊びの計画をたてるのが日課。趣味は読書、ドライブ、DIY、ヨガ、お酒、シートマスク検証、写真撮影。

RELATED ARTICLEあなたにおすすめの記事

  1. アマビエや河童、花子さん…「妖怪」はなぜ日本人に『愛される』のか?

  2. イレギュラーが苦手な発達障害の息子が不測の事態に対応できた秘策とは?

  3. 「おうちディズニー」でパーク気分を満喫! 創意工夫の楽しさを学ぶ

  4. 鉄道好きの幼児が夢中! 楽しく「あいうえお順」を覚える方法とは!?

  5. 発達障害の5歳児とスタンプラリーに挑戦! 本人の意識を変えた方法とは?

  6. 子どもを育てるのは親だけじゃない! 自己肯定感を育む「思いやり」の力

  1. 【100均DIY】遊びながらお箸の練習! 正しい持ち方も習得

    2021.04.23

  2. 初めてでも簡単!赤ちゃんが喜ぶモビールを手作りしてみよう

    2021.04.21

  3. 男の子と女の子でこんなに違う!効果的な叱り方

    2021.04.21

  4. 妖怪博士・小松和彦先生が語る「ワクワク」と「ドキドキ」を失わな…

    2021.04.20

  5. 脳科学の権威が絶賛! 子どもの興味を広げる「お仕事体験」イベン…

    2021.04.20

  1. 正しい鉛筆の持ち方できれいな字が書けるって本当!?

  2. 人気習い事ランキング! 費用&掛け持ち数&メリデメも

  3. 親子でしっかりルール作りを!ゲームが脳に与える影響とは?

  4. 子どもを叱る時間が長い親は自己肯定感が低い!? 褒める力の育み方

  5. 害獣はなぜ増えた? 家族で生命を考え動物やSDGsも学べる体験講座…

みらいこSNSをフォロー