乳幼児の食事「準備or食べさせる」問題、名もなき家事をリスト化してみた

やさしいパパのなり方
家事育児をまかせっきりだったパパが、失敗と試行錯誤を重ねながら「優しいパパ」になった方法を「易しく」紹介するエッセイです。

子どもが離乳食を食べるようになると、準備するものが急に増えます。そこで夫婦で「準備する人」と「食べさせる人」で手分けしていたのですが、最初はうまくいかなかったんです。そこで互いにやっていることをリスト化して改善したところ、息子の食事がスムーズに行えるように!

「子どもの食事」を夫婦で手分けしたら仕事量に差がありすぎた

子どもが離乳食を食べるようになると、スプーンやフォークを使うので、そばで子どもの食事を食べさせる人が必要になりますよね。我が家の場合、離乳食のときは妻があらかじめ作っておいたものを食べさせるので、手が空いているほうでよかったんです。でも、離乳食を卒業すると、決まった時間ではなく急に「お腹を空いた」と言われることが増えました。すると料理を作って食べさせながら、次の料理を準備することになります。これは1人では無理です。

そこで料理を「準備する人」と子どもをなだめつつ「食べさせる人」で役割を分担しました。僕は料理が全然できないので、妻に準備をお願いし、僕は「食べさせる人」を担当することに。そのとき、とりあえず細かく決めずにやった役割分担がこちらです。

子どもの食事を準備する人/妻

  • メニューを考える
  • 食材を買っておく
  • 調理する
  • 冷蔵庫からすぐに食べられるものを出す
  • エプロンを出す
  • スプーンとフォークを出す
  • 冷蔵庫からお茶を出す
  • 食器を片付ける

子どもに食べさせる人/僕

  • お腹が空いた息子をなだめる
  • エプロンをつける
  • 子どもにどれを食べるか聞く
  • スプーンやフォークで食べさせる

いやー、リストにするとひどいですね……。実際には妻は調理だけでも大変なところなのに、やらなくていいことまでやってもらっています。このようにやっていることをリスト化すると、分担していることの差がわかりやすいんです。

我が家の場合は実際に何度かやって、妻の「なんでこれ、あんたがやらへんの?」という意見を吸い上げて、少しずつ妻の負担を減らしていきました。今思えば、役割分担を始めたときにリスト化したらもっと早く最適化できたんですよね。「準備をする人」のリストで見ると「エプロンを出す」からの後半4つは「食べさせる人」がやってもいいことです。

次のページ>「具体的にどう改善した?」へ

SHARE ON
Facebook
Twitter
5歳の息子と2歳下の妻と暮らすパパで、息子が成長していくにつれて「育児が最高におもしろい!」と気づいて、某ゲーム雑誌編集部からアクトインディに入社。発達がゆっくりな息子と向き合いながら、毎日笑いの絶えない生活を送る。子育て以外ではゲームとお酒が好き。息子の影響で鉄道にも詳しくなった。

RELATED ARTICLEあなたにおすすめの記事

  1. 小1でもスラスラ書ける! 編集者が教える「読書感想文」のコツ

  2. 都内で入館無料! 幼児から楽しめる「警察博物館」で憧れのお仕事体験

  3. 100均で簡単DIY! 「おしたく時計」で小1娘が課題克服に挑戦

  4. 【育児はじめて物語】怒りは「キーーーッ!」から始まる【第3話】

    発達障害の息子が4歳で初めて怒った! パパがとった対応とは?

  5. 7歳娘が考えた「理想の海」とは? 問題の自分事化で視野が広がる!

  6. 小1娘の疑問「なんで勉強しなくちゃいけないの?」に答えてみた

  1. 子どもの世界を広げる「ことばあそび」【あそびのたね連載】

    2021.04.09

  2. すぐに子どもと遊べる「手あそび」【あそびのたね連載】

    2021.04.09

  3. 親子で楽しむトランプの魅力とおすすめゲームは?

    2021.04.09

  4. 乳幼児からが大事!スマホやゲームのネットリテラシーをどう育てる?

    2021.04.09

  5. 親の「ちょい足し」で世界が広がる! 子どもの知的好奇心の育み方

    2021.04.08

  1. 年齢別おすすめ絵本【6歳編】世の中の常識を学ぶ絵本

  2. 人気習い事ランキング! 費用&掛け持ち数&メリデメも

  3. 妖怪のたおしかた 小松和彦

    地理や歴史の勉強にもなる!「妖怪のたおしかた」で育める想像力とは

  4. 入園&入学準備はこれで完璧! 親子の「新生活準備」完全ガイド

  5. プレゼントに最適なおすすめ図鑑6選 入園・入学祝い&誕生日も

みらいこSNSをフォロー