発達障害の息子のカットはバリカンで! 散髪で見つけたココロの成長とは?

育児はじめて物語
子どもは小さな「初めて」をたくさん経験して成長していきます。「育児はじめて物語」は、発達がゆっくりな息子がいるパパが、息子との「初めての体験」から得た感動や小さな成長を見つけていくお話です。

自閉症の息子は、自分の髪の毛を切るのを極端に嫌がってしまい、カットをするのにものすごく手がかかっていました。そこで美容院で切ってもらうのをあきらめて自宅でバリカンで刈るようにしていったところ、何度目かの散髪で息子が精神的に成長したところを見つけたお話です。

 美容院はもう無理! 家で散髪をしよう

息子は生まれてきたときから、毛がフサフサでした。9カ月ごろに乳幼児の髪を切ってくれる美容院に行って、そこから2カ月に1回程度通っていたのですが、切っている間はとにかく大暴れして大号泣。カバーをつけても暴れて服の中に髪の毛が入ってしまうので、3度目あたりからは服を脱いでカットしてもらい、シャンプー台で全身を流してもらってました……。しかも、泣きすぎて吐いてしまうこともしばしばで、あやしたり抑えたりするだけでも夫婦ともに疲弊してしまい「これだけ泣いて苦労するなら、家でやってみよう」ということに。

そこで購入したのはパナソニックの「ER-GF70-PN」という子ども用バリカン。アタッチメントを切り替えて、いろいろな髪型にカットできるバリカンです。実際に使って見ると、これだけで幼児の男の子の散髪はできます。

「これから自分がされること」が大画面で映し出される

バリカンを使った自宅での初めてのカットは、2歳くらいのとき。テレビの前にレジャーシートを敷いて、その上にイスを置きます。オムツ一丁の息子を座らせて100均で買ってきた散髪マントをかぶせます。この時点で「これから何が起こるか」わかった息子はもう泣いています。カットは妻が担当。僕は動かないように息子を支えます。まずはテレビでYouTubeをつけてバリカンでのカット方法を見ることに。すると、期せずして息子はこれから自分がされることを大画面で紹介されることになったわけです。当然、輪をかけて泣き出してしまいました……。でも、もうここまできたら引き返せません。できるだけ早く終わらせるから、がんばって!

次のページ「好きなものでガマンができるように」

SHARE ON
Facebook
Twitter
6歳の息子と2歳下の妻と暮らすパパで、息子が成長していくにつれて「育児が最高におもしろい!」と気づいて、某ゲーム雑誌編集部からアクトインディに入社。発達がゆっくりな息子と向き合いながら、毎日笑いの絶えない生活を送る。子育て以外ではゲームとお酒が好き。息子の影響で鉄道にも詳しくなった。

RELATED ARTICLEあなたにおすすめの記事

  1. 4歳の息子が泣くほど嫌な「電動鼻水吸引器」を克服した方法

  2. 我が子は3歳まで! 長引く「よだれ」対策に100均アイテムが効いた

  3. 妻との会話でぎくしゃくしない「会話で共感する」ためのポイント

  4. 幼児の「寝かしつけ」が楽しくなる! その秘密はプロレス!?

  5. 100均で幼児向け知育玩具を簡単DIY! 語彙力アップのコツも紹介

  6. 7歳&5歳の子どもと初挑戦! 子どもの本音を引き出す「家族会議」

  1. 大人も答えが知りたい! 「子ども科学電話相談」厳選エピソード集

    2022.01.20

  2. 脳科学の権威も登壇、学童向けオンライン講演会レポート

    2022.01.14

  3. 【収穫体験・参加者募集】レンコン堀り放題&レンコンチップス作り…

    2022.01.09

  4. VUCA(ヴーカ 予測不可能)の時代の子育ては「観察」がキーワード…

    2021.12.28

  5. キッズ興奮!「浮世絵」で日本史の魅力に出会う/すみだ北斎美術館

    2021.12.28

  1. 子供と冬(12月・1月・2月)の昆虫採集 カマキリの卵・テントウム…

  2. 【子育て人生相談】SNSで知らない人と交流していた娘にどう対応?

  3. 子どもと1月の手仕事 楽しく作ろう「五平餅」のレシピ

  4. 【おもちゃ会社&クリエイターに聞く】子どもと大人が対等に遊べる…

  5. 子どもと12月の手仕事 コトコト煮よう!「煮豆(黒豆・金時豆)」…

みらいこSNSをフォロー