【学年別】小学生にオススメの非認知能力アップに繋がる児童書5選

泣き虫ママの楽育日記
「楽しく・気楽に」、「生きる力を育む」をモットーに、姉弟(おませな小1女子&やんちゃな年中男子)の子育てに奮闘するママの日常を記したエッセイ。子育て中の学びや育児の工夫、子どもとの出来事で感じたことなどを紹介していきます。

【小学校中学年】「こども『学問のすすめ』」 齋藤 孝


福沢諭吉の「学問のすすめ」を子ども向けに解説した本。「どうして勉強するの?」「自由とわがままの違いは?」など、多くの子どもが抱きそうな問いに対して、福沢諭吉の言葉を用いて答えを指し示してくれます

同書では「学問のすすめ」のもとの文を今の言葉にして紹介したのち、それが子どもにわかりやすい例を挙げて解説されています。自分を高めるためだけではなく、社会で役に立つ人間になるということや、人と支え合って生きていく大切さなど、人間が人として生きていくうえで大切なことを教えてくれる一冊です。大人が読んでも改めて考えさせられることが多いので、子どもにも繰り返し読んでもらいたいです。

【小学校高学年】「失敗図鑑 すごい人ほどダメだった!」 大野 正人


ライト兄弟やピカソ、スティーブ・ジョブスなど、世界に名を残した「偉人」と呼ばれる人々の失敗エピソードを紹介する本。偉人たちが失敗から何を考え、それをどうやって克服し、偉業を成し遂げるまでに成長したのかがわかります

今の教育現場では、子どもがつまずかないようにと余計な配慮をして、子どもから「失敗する」機会を奪ってしまっていると思うことがときどきあります。そのため失敗することに慣れていない子どもが多いように感じますが、この本では失敗してもいい、むしろ失敗はどんどんした方がいいということを教えてくれます。子どもたちには、失敗を恐れずたくさんのチャレンジをして、成功に繋げる経験を増やしてほしいと思います。

冬休みや年末年始に、おうちで読書を楽しもうという親子も多いはず! ぜひ参考にしてください。

SHARE ON
Facebook
Twitter
2013年に長女、2015年に長男を出産し、育児に奮闘する日々。家の中にいるのは苦手で、新しい場所やモノが大好きな「THEミーハー」体質。子どもたちにもさまざまな経験をさせるべく、家族のおでかけや遊びの計画をたてるのが日課。趣味は読書、ドライブ、DIY、ヨガ、お酒、シートマスク検証、写真撮影。

RELATED ARTICLEあなたにおすすめの記事

  1. 発達障害の5歳児に「背中を流してもらう」感動…そこで気づいた成長とは?

  2. 我が子は3歳まで! 長引く「よだれ」対策に100均アイテムが効いた

  3. 小1娘の生活改善に! 忘れ物や遅刻をなくす「問題解決」の練習法

  4. 子どもの好奇心をもっと育む! 幼児&小学生向け「おでかけ」のコツ

  5. 100均で簡単DIY! 「おしたく時計」で小1娘が課題克服に挑戦

  6. 「ココロのスキル」が育つ「やばいことわざ」とは?

  1. 親の「褒め方」で子供は変わる! 年齢別のコツ&正しい叱り方も

    2021.06.18

  2. 図鑑博士が教える幼児から小学生向けおすすめ「動物図鑑」5選

    2021.06.18

  3. 子どもを片付け上手にするテクニックや声かけとは?

    2021.06.17

  4. 自宅ですぐにできる!年齢別おすすめ水遊び

    2021.06.17

  5. 正しいお箸の持ち方を子どもに身につけさせる方法

    2021.06.17

  1. 子どもが泳げるようになる方法! 水嫌い克服や教え方も伝授!

  2. 新じゃがで絶品!子どもと6月の手仕事「芋もち」のレシピとポイント

  3. OQTA スマホ 鳩時計

    スマホで「想いを送る」鳩時計は親子関係にどんな影響を与えた?

  4. 本山勝寛 好奇心

    自ら学び続ける子どもになる! 社会を生き抜く「非認知能力」の育…

  5. 幼児や小学生が残酷な行動をするのはなぜ? 理由&親のとらえ方も…

みらいこSNSをフォロー