5歳近くまでかかった「トイトレ」の進め方

育児はじめて物語
子どもは小さな「初めて」をたくさん経験して成長していきます。「育児はじめて物語」は、発達がゆっくりな息子がいるパパが、息子との「初めての体験」から得た感動や小さな成長を見つけていくお話です。

一人でトイレができるようになる「トイトレ(トイレトレーニング)」は、幼児期にクリアしておきたい日常生活の基本です。発達障害の息子の場合、オムツではなく「おにいさんパンツ」を日中はいている状態まで5歳くらいまでかかっています。息子なりに少しずつ「できるようになっていく」過程を追いました。

トイトレは2歳からスタート

トイトレは、息子が2歳のときに「こどもちゃれんじ」のDVDで「トイトレ」をやっているのを見たのがきっかけで、補助便座を使って挑戦させてみました。最初は補助便座に座ることさえ嫌がっていたのですが、まずはウンチのタイミングでトイレに行かせることに。なぜかといえば息子の場合、オシッコと比べてウンチはあきらかに「きばった顔」をするからです(笑)。

たいがいはトイレまで間に合わなかったのですが、間に合わなくてもトイレまで行って出すことを繰り返していくうちに、出る前や出たあとに「ウンチ」と言えるようになってきました。2歳5カ月のときに、ようやくトイレでウンチが成功! 

ウンチが出る感覚が自分でわかるようになって、出す前に大人に知らせて、トイレに行ってズボンを脱いで座るまで我慢できるようになった! これは大きな成長ですね。ここまで5カ月かかっていますが、本当の戦いはココからでした……。

憧れの「おにいさんパンツ」

オムツだと、オシッコは涼しい顔でしてしまうのがやっかい。そこでひとまず大人のほうから定期的に「トイレに行く?」と声をかけて、実際に連れていくことにしました。

布パンツもこのときから挑戦し始めました。「こどもちゃれんじ」のDVDで「おにいさんパンツ」と呼んでいたので、「おにいさんパンツ履くよー!」と言ったら喜んで履いてくれました。DVDを見ていた息子にとっては「おにいさんパンツ」は憧れのアイテムだったんですね。実際、布パンツのほうが快適ですし。

でも、履き始めたころはよくオシッコをもらしても、気づかずに遊んでいました。何度か漏らしていくうちに「パンツが濡れて気持ち悪いからオシッコをしてはいけない」というのが体でもわかったのでしょう。徐々に自分から「トイレに行く」と言うようになりました。しかし、その時点でちょっと漏らしちゃってます……うーん、惜しい(笑)!

でも、息子はちょっと出ちゃったときに「あ!」と思ってオシッコを止めているんです。気がついて止められるようになったというのは成長した証拠ですよね。

次のページ>「怖くてオシッコをちびっちゃう」へ

SHARE ON
Facebook
Twitter
5歳の息子と2歳下の妻と暮らすパパで、息子が成長していくにつれて「育児が最高におもしろい!」と気づいて、某ゲーム雑誌編集部からアクトインディに入社。発達がゆっくりな息子と向き合いながら、毎日笑いの絶えない生活を送る。子育て以外ではゲームとお酒が好き。息子の影響で鉄道にも詳しくなった。

RELATED ARTICLEあなたにおすすめの記事

  1. パパの帰宅後の家事育児、スマホを〇〇すれば集中できた!

  2. 【年齢別】未就学児にオススメの非認知能力アップに繋がる絵本5選

  3. 【学年別】小学生にオススメの非認知能力アップに繋がる児童書5選

  4. オムツが取れたら行きたい! 「スーパー銭湯」は社会勉強に最適!

  5. 入学準備に学ぶ「妥協しない癖」の付け方~小1女子の上履き事情~

  6. イレギュラーが苦手な発達障害の息子が不測の事態に対応できた秘策とは?

  1. 小麦粉粘土を作ってみよう! 0歳~6歳までの年齢別遊び方も

    2021.04.23

  2. 【100均DIY】遊びながらお箸の練習! 正しい持ち方も習得

    2021.04.23

  3. 何でも作れるダンボール工作! 0歳~小学生までのおススメ遊び方も…

    2021.04.22

  4. 初めてでも簡単!赤ちゃんが喜ぶモビールを手作りしてみよう

    2021.04.21

  5. 男の子と女の子でこんなに違う!効果的な叱り方

    2021.04.21

  1. 子どもを叱る時間が長い親は自己肯定感が低い!? 褒める力の育み方

  2. 正しい鉛筆の持ち方できれいな字が書けるって本当!?

  3. 人気習い事ランキング! 費用&掛け持ち数&メリデメも

  4. 親子でしっかりルール作りを!ゲームが脳に与える影響とは?

  5. 害獣はなぜ増えた? 家族で生命を考え動物やSDGsも学べる体験講座…

みらいこSNSをフォロー