小・中学生が思わず「あるある」とハマる「ことわざ」本

注目の新刊
子どもの成長や子育てに役立つ本を厳選して紹介します。

子どもの成長や子育てに役立つ本を厳選して紹介します。今回は「やばいことわざ(監修・齋藤孝、発行・アスコム)」です。

ことわざは、なぜ「やばい」の?

昔の人が「あ~これを知っていれば失敗しないで済んだのに…」ということを、短い言葉でまとめたものが「ことわざ」です。ことわざには「生きるための知恵」がたくさん入っていて、今の自分の状況をピッタリ言い当てられていることが多くあります。知っていると、まるで自分に向けられた言葉や「予言」のように感じられるのが「ことわざ」の「やばい」ところです。

イラスト付きで楽しく笑いながら読める

この本では130個もの「ことわざ」を、楽しいイラストと一緒に紹介しています。小学生や中学生の子どもが主人公として登場するので、子どもに読ませればすぐに「あるある」と共感できるエピソードばかり。笑いながら読んでいくうちに、自然にことわざが覚えられるようになっています。

「未来へいこーよ」スタッフの注目ポイント

「やばい」という言葉は昔は「ピンチ」や「危険」という意味で使われていましたが、今では「びっくり!」「おもしろい!」「感動!」という意味でも使われていますよね。「やばいことわざ」はどちらかというと、この後者の要素がたっぷりと入った本です。

僕自身は「ことわざ」を親や学校の先生から、実際にそういう体験をしたり話を聞いたりしたときに「昔の人はよく言ったもんだ」と共感しながら覚えていました。ある意味「あるある」なんですよね。

この本はそんな「あるある」がすごくわかりやすいイラストで描いてあるので、実際に体験したことがない話でも「あるある」と想像してすぐに理解できるのがいいところ。「ことわざ」をたくさん知っていれば、いざというときに大きな失敗をしないようになります。まさに読んだ人にとって、人生の「転ばぬ先の杖」になる一冊です(KAZ)。

やばいことわざ
本体1200円(税抜) ISBN:978-4-7762-1095-5
購入はこちら(Amazon)

SHARE ON
Facebook
Twitter
5歳の息子と2歳下の妻と暮らすパパで、息子が成長していくにつれて「育児が最高におもしろい!」と気づいて、某ゲーム雑誌編集部からアクトインディに入社。発達がゆっくりな息子と向き合いながら、毎日笑いの絶えない生活を送る。子育て以外ではゲームとお酒が好き。息子の影響で鉄道にも詳しくなった。

RELATED ARTICLEあなたにおすすめの記事

  1. きみの「ねぐせ」もこんなふうに作られているかも!?

  2. 魔法を科学で再現! 小中学生の理系脳が育つ科学実験図鑑

  3. 分身ロボットカフェ DAWN ver.β

    難病などで外出困難の人が働ける!分身ロボットカフェで見つけた「出会いと発見」

  4. 脳科学の権威が絶賛! 子どもの興味を広げる「お仕事体験」イベントレポ

  5. 干し野菜を作ろう! 子どもと1月の手仕事「切り干し大根」のレシピとポイント

  6. クラゲ水槽の水を全部抜いて洗うときどうする? 水族館「裏」のお仕事映像

  1. 【世界の子育て:赤道ギニア】12歳で家事のすべてがこなせる⁉

    2021.09.24

  2. 【世界の子育て:ネパール】2歳からの超早期教育を熱望する理由とは…

    2021.09.22

  3. 【てぃ先生に聞く】0歳で保育園に預けるのはかわいそう!?

    2021.09.22

  4. おすすめ「乳幼児向け図鑑」5選 イラスト満載&100円の超格安も

    2021.09.21

  5. 「飼育方法・飼い方」おすすめ図鑑6選 ペット・動物・昆虫も!

    2021.09.16

  1. チームラボボーダレス 弾む水の天才ケンケンパ

    五感でアート体験! 大人も子どもも夢中になる「チームラボボーダ…

  2. 【子育て人生相談】体調不良でないのに学校を休みたがる子供の対処法

  3. うみファームキッチン

    SDGsが学べる! 八景島シーパラダイスに海育がテーマの体験型施設…

  4. 【季節の絵本連載】秋に親子で読みたい絵本

  5. キッズ興奮!「鉱物展」の楽しみ方/角川武蔵野ミュージアム「石は…

みらいこSNSをフォロー