100均で幼児向け知育玩具を簡単DIY! 語彙力アップのコツも紹介

泣き虫ママの楽育日記
「楽しく・気楽に」、「生きる力を育む」をモットーに、姉弟(おませな小1女子&やんちゃな年中男子)の子育てに奮闘するママの日常を記したエッセイ。子育て中の学びや育児の工夫、子どもとの出来事で感じたことなどを紹介していきます。

<育児アイデア箱>

フルタイムで仕事をしながら、日々成長する子どもたちとドタバタな毎日を送る中で、さまざまな工夫をして育児を楽しんでいます。このコーナーでは、これまで私が実践してきた「育児の工夫・アイデア」を紹介していきます。

 

 

今回紹介するのは…

あいうえおゲーム
子どもが楽しみながら文字や単語を覚えられるように考案した遊び。子どもの語彙力を高めるためのファーストステップとして導入したものです。

子どもの「語彙力」を伸ばしたい理由

ゲームを紹介する前に、まず私がなぜ子どもの「語彙力」を伸ばしたいと思うのかお話したいと思います。

義務教育の基本的な内容には、いわゆる「読み書きそろばん」のほか、理科や社会、体育、音楽などさまざまありますが、私が一番大切だと考えているのは「国語」や「英語」といった語学です

なぜなら、語学はどんな科目を学習するにも必要だから。語彙力が豊富であれば、当然その分、文章の理解力がアップします。ですから、語学の基礎をしっかりと身につけることは、どんなことを学ぶうえでも必要なスキルだと思います。

また、自分の気持ちや考えを人に伝える際にも重要です。人に何かを伝える「表現力」はボキャブラリーが豊富であればあるほど高くなるので、コミュニケーション能力を高めることにも繋がります

このように、相手の話を理解するチカラ、自分の考えを伝えるチカラは、生きるうえでとても役立つスキルだと考え、我が家では日常生活の中で子どもたちの「語彙力」を増やすさまざまな工夫をしています。

それでは早速、私が実践している「語彙力の増やし方」を紹介していきたいと思います。

次のページ>100均グッズでできる「あいうえおゲーム」

SHARE ON
Facebook
Twitter
2013年に長女、2015年に長男を出産し、育児に奮闘する日々。家の中にいるのは苦手で、新しい場所やモノが大好きな「THEミーハー」体質。子どもたちにもさまざまな経験をさせるべく、家族のおでかけや遊びの計画をたてるのが日課。趣味は読書、ドライブ、DIY、ヨガ、お酒、シートマスク検証、写真撮影。

RELATED ARTICLEあなたにおすすめの記事

  1. 5歳近くまでかかった「トイトレ」の進め方

  2. 子どもの好奇心をもっと育む! 幼児&小学生向け「おでかけ」のコツ

  3. “色”を楽しむ|「どんなにきみがすきだかあててごらん なつのおはなし」

  4. 面倒な家事をラクにする「魔法の箱」をDIY! 子どもを伸ばす効果も

  5. 4歳男子の視界を体感! 散歩で「子育て」のおもしろさを痛感した話

  6. 赤ちゃんや幼児への絵本の読み聞かせのコツは「ビジネスの大定番」!?

  1. 発達障害の人が見ている世界

    子どもは「散らかしている」と思っていない⁉ 片付けられない人の心…

    2023.11.28

  2. 発達障害の人が見ている世界

    好き嫌いが多すぎる=食わず嫌いではない? 発達障害の子を多く診…

    2023.11.24

  3. 発達障害の人が見ている世界

    「寝食を忘れてゲームをばかりする子」を精神科医が「悪いことばか…

    2023.11.24

  4. 発達障害の人が見ている世界

    小学生なのに「順番が待てない」…発達障害の患者を多く見ている精神…

    2023.11.21

  5. 発達障害の人が見ている世界

    「小学校の授業で座っていられずにウロウロしてしまう」子どもへの…

    2023.11.20

  1. 子供と冬(12月・1月・2月)の昆虫採集 カマキリの卵・テントウム…

  2. 子どもと12月の手仕事 子供と作れる! 簡単おせちレシピ2選(伊達…

  3. 【季節の絵本連載】雪だるまや雪遊び、冬に親子で読みたい絵本

  4. どんぐりを貯金できる「どんぐり銀行」とは? 交換品も紹介!

  5. “本物”のサンタさんが回答! ママパパも驚きの「秘密」大公開

みらいこSNSをフォロー