学年別「子どもを伸ばす」コツ 小学生が身につけるべきスキルとは?

脳は何歳からでも成長する!


未来:ここまで、子どもの脳の成長過程にあわせたアプローチについてお話を伺いましたが、適正年齢を過ぎてしまうと能力を伸ばすことは難しいのでしょうか?

そんなことはありません。脳には『可塑性』という特徴があり、自らを変化・成長させることができます。私たちの脳は、新しい情報に触れることで反応し、何歳からでも成長するのです

可塑性は歳をとればとるほど小さくなるので、能力を高める効率が年齢によって異なるのは事実です。たとえば新しいスポーツに挑戦する際に、4~5歳の子どもが短時間で上達するのに対し、大人の場合はある程度練習が必要になったりするのはこのためです。とはいえ、大人でも諦めなければほとんどのことは習得できます。上達のスピードは違っても、何歳になっても新しい能力を身につけることは可能です

ですから適正年齢を過ぎてしまったからといって、何かを諦める必要は全くありません。子どもが興味を持ち、やりたいと思った日から始めればいいのです。脳は新しく何かを始めたその日から、能力の獲得に向けて必ず成長し始めます。

未来:子どもを伸ばすには脳の成長過程にあわせたアプローチが効果的とはいえ、最大の要は子ども自身が楽しみながら物事に取り組むこと。脳はいつでも新しい能力の獲得のために成長するので、子どもがやりたいと思うタイミングで始めるのが最良と言えそうです。そのためにも、日々の生活や声かけを工夫して、子どもの興味関心を広げてあげたいですね。

お話を伺ったのは…瀧 靖之 教授
東北大学加齢医学研究所教授、医師、医学博士。脳のMRI画像を用いたデータベースを作成し、脳の発達や加齢のメカニズムを明らかにする研究者として活躍。読影や解析をした脳MRIは、これまでにのべ約16万人に上る。10万部を突破するベストセラーとなった「賢い子に育てる究極のコツ」の他、多数の著書を執筆。脳科学の知見と自身の子育て経験を活かして「こんなカンタンなことで 子どもの可能性はグングン伸びる!」「16万人の脳画像を見てきた脳医学者が教える こどもの頭がよくなるルールブック」を出版するなど、メディア出演など幅広く活動中。

 

SHARE ON
Facebook
Twitter
2013年に長女、2015年に長男を出産し、育児に奮闘する日々。家の中にいるのは苦手で、新しい場所やモノが大好きな「THEミーハー」体質。子どもたちにもさまざまな経験をさせるべく、家族のおでかけや遊びの計画をたてるのが日課。趣味は読書、ドライブ、DIY、ヨガ、お酒、シートマスク検証、写真撮影。

RELATED ARTICLEあなたにおすすめの記事

  1. フジロックに最年少12歳で出演! ウクレレ奏者・近藤利樹くんの原動力

  2. 子どもを叱る時間が長い親は自己肯定感が低い!? 褒める力の育み方

  3. 鈴木あきえさん

    人見知りで自分嫌いだった鈴木あきえさんが変われたワケ【後編】

  4. 波乱万丈な半生を送ったユージさんが体得した「愛情のコップ」とは?

  5. サンシャイン水族館

    中村元さんが語る「常識は間違っている」から始まる新しいアイディア

  6. 【学びの最前線】デンマーク発の幼児教育「森のようちえん」徹底ガイド 特徴と伸びる力・カリキュラム・保育料・卒園後の様子とは?

  1. 親の「褒め方」で子供は変わる! 年齢別のコツ&正しい叱り方も

    2021.06.18

  2. 図鑑博士が教える幼児から小学生向けおすすめ「動物図鑑」5選

    2021.06.18

  3. 子どもを片付け上手にするテクニックや声かけとは?

    2021.06.17

  4. 自宅ですぐにできる!年齢別おすすめ水遊び

    2021.06.17

  5. 正しいお箸の持ち方を子どもに身につけさせる方法

    2021.06.17

  1. 子どもが泳げるようになる方法! 水嫌い克服や教え方も伝授!

  2. OQTA スマホ 鳩時計

    スマホで「想いを送る」鳩時計は親子関係にどんな影響を与えた?

  3. 新じゃがで絶品!子どもと6月の手仕事「芋もち」のレシピとポイント

  4. 幼児や小学生が残酷な行動をするのはなぜ? 理由&親のとらえ方も…

  5. 本山勝寛 好奇心

    自ら学び続ける子どもになる! 社会を生き抜く「非認知能力」の育…

みらいこSNSをフォロー