【子育て人生相談】夢中になっているものが「ゲーム」…それでもOK?

子育て人生相談
~子育てにまつわるお悩みを専門家がアドバイス~
読者から届いた子育てに関する疑問や不安を「未来へいこーよ」で活躍するあらゆる分野の専門家に相談! 教育界の重鎮や脳科学の権威、大家族パパでもある教育イノベーターなど、さまざまな視点から皆さんのお悩みを解決します。

今回は、小学4年生の子どもを持つパパからの相談です。子どもに何をさせるべきかわからない、本人が夢中になっているゲームをやらせていていいのかどうか…というお悩みについて、専門家にアドバイスしてもらいました。

このお悩みにアドバイスをくれたのは…

瀧 靖之先生
瀧 靖之先生東北大学加齢医学研究所教授、医師、医学博士。脳の発達や加齢のメカニズムを明らかに。脳科学の知見と自身の子育て経験を活かして、メディア出演など幅広く活動中。

Q:夢中になっているものが「ゲーム」でもいいの?

小学4年の男子のパパです。子どもに何をやらせたらいいのかがわかりません。
友だちが入っているので本人がやりたいと言い出した地域の野球チームに入れているのですが、週末の試合や練習だと嫌そうで、やる気が今ひとつなのが気になっています。とはいえ、友だちがうまくなって悔しい気持ちはあるようで、試合で空振りをした時は悔し涙を浮かべていました。自分も昔野球をやっていたので、息子と話し合って一緒に練習をしたりしていたら少しやる気が盛り返してきたのですが、でも基本は野球がそんなに好きではないのかなとも思い始めました。

他に子どもが夢中になってやっていることは、実はゲームです。マイクラ(マインクラフト=仮想空間にブロックで街や建物を自分で作り、その中に冒険に行くオンラインゲーム)などを1日に3時間でも4時間でもずっとやっています。マイクラはゲームなので、親としてはやらせるのに抵抗があります。特に妻は非常に抵抗があるようです。自分は、妻ほどダメだと思っていませんが、それでも確かに1日に4時間もやらなくていいのではないか、とは思います。
運動をやってほしい気持ちがあるのですが、あまりやる気を見せない野球ではなく、子どもが夢中になっているマイクラをやらせるということでもいいのでしょうか?先日、マイクラの開発ができるプログラミングスクールを見つけました。そこまでマイクラが好きなら、そのプログラミングスクールに通わせてみようかと思っていますが、やらせるのが「ゲーム」という迷いもあります。
(小学4年男の子のパパ)

A:夢中になれるものがあるのは素晴らしい!

本人がやりたいと言い出して始めた「野球」は今ひとつやる気が感じられず、それほど好きではないかもしれないということですが、これに関しては「やってみた」ということがまず素晴らしいことです。やりたいと思って始めたことが、実際にやってみたら「こんなもんか」と思ったり、別のことに興味が移るのはよくあることです。それもすべてやってみて初めてわかることであり、やったことはすべて経験となり将来役に立ちます。中学に入ってから、大人になってからなど、急に野球をやりたいと思い始めたりしたときにすぐやりはじめられるという利点もあります。とにかく「やってみた」というだけで十分素晴らしいことだと思います

運動をするのかゲームをするのか、どちらがいい悪いというつもりはありませんが、脳科学の観点から言えば身体を動かすことはたしかに脳の発達に有効です。それだけではなく、身体を動かすことで学力がアップしたり、不安を取り除いてストレスが解消されたりするなど、さまざまな良い効果が証明されています。ですから、今やっている野球などの運動は何かしらの形でやった方が良いかなと思います。

本人がやりたいと望んでいることは出来るだけやめさせない方がいいです。ゲームに関しては時間を決めてその時間内は好きに遊んでOKとするのがよいでしょう。プログラミングスクールに関しても私は賛成です! 子どもの好奇心を育むうえで「熱中体験」というのは非常に大切です。本人が夢中になってできることがあるのは素晴らしいことなので、その好奇心を伸ばすようなサポートができると理想的だと思います。ただしゲームには中毒性があり、やり過ぎると本来そこで親子でコミュニケーションをとったり、運動したりしていたはずの時間が奪われかねないという側面もあります。ですから、プレイする時間を予め決めておくのがいいと思います。そしてゲームをするのであればなおさら、親子で一緒にジョギングや縄跳びをするなど、適度に運動を取り入れられるといいですね

ゲームをやらせたくないという親も多いですが、子どもが夢中で取り組める「熱中体験」という意味ではゲームも悪くなさそうですね。1日に遊ぶ時間を決めるなどして、それだけにならないように気をつけながら、子どもが「好き」を伸ばすのをサポートできるといいですね。

お話を伺ったのは…瀧 靖之 教授
東北大学加齢医学研究所教授、医師、医学博士。脳のMRI画像を用いたデータベースを作成し、脳の発達や加齢のメカニズムを明らかにする研究者として活躍。読影や解析をした脳MRIは、これまでにのべ約16万人に上る。10万部を突破するベストセラーとなった「賢い子に育てる究極のコツ」の他、多数の著書を執筆。脳科学の知見と自身の子育て経験を活かして「こんなカンタンなことで 子どもの可能性はグングン伸びる!」「16万人の脳画像を見てきた脳医学者が教える こどもの頭がよくなるルールブック」を出版するなど、メディア出演など幅広く活動中。

 

瀧先生の記事
知的好奇心が高いと学力が上がる! 伸びる子どもの共通点とは?
子どもの好奇心&自己肯定感が育つ! 自然体験が親子に最適な理由

子育てに関するお悩みを募集中!

お子さんの生活習慣や学校生活、学習、友だちや親子関係などのお悩みから、親自身が抱えている悩みや課題まであらゆる子育てのお悩みに、さまざまな分野で活躍するみらいこファミリーの先生方がお答えします!
専門家の先生に相談してみたい「子育ての悩み」がある方は、ぜひこちらよりご応募ください。
【専門家に子育ての悩みを相談する】

この記事を読んでいる人は「人生相談」に関するこんな記事も読んでいます
【子育て人生相談】勝負に執着がない子ども…悔しがらなくても大丈夫?
【子育て人生相談】どうしたら自分で時計を見て行動するようになる?
【子育て人生相談】ママのイライラ&息子との対立をなんとかしたい…
【子育て人生相談】子どもの主張や判断はどこまで尊重すべき?
【未来へいこーよ】が育むココロのスキル(非認知能力)について

SHARE ON
Facebook
Twitter
2013年に長女、2015年に長男を出産し、育児に奮闘する日々。家の中にいるのは苦手で、新しい場所やモノが大好きな「THEミーハー」体質。子どもたちにもさまざまな経験をさせるべく、家族のおでかけや遊びの計画をたてるのが日課。趣味は読書、ドライブ、DIY、ヨガ、お酒、シートマスク検証、写真撮影。

RELATED ARTICLEあなたにおすすめの記事

  1. 【100均DIY】遊びながらお箸の練習! 正しい持ち方も習得

  2. 新米ママパパ必見!図書館で聞いた赤ちゃんへの読み聞かせのコツ

  3. おうちで楽しく学べる「ひらがな」 読み書き&教え方のコツも!

  4. 専門家に聞く「女の子の育て方」 伸ばし方&叱り方のポイントも

  5. 赤ちゃん、3歳以上の寝かしつけの悩みを専門家が解説! よく眠れる環境とは?

  6. 子どもにおすすめの「おうち遊び」 幼児&小学生向けアイデア満載

  1. 【世界の子育て:ハワイ】5歳から義務教育!親が多忙な理由とは?

    2021.08.03

  2. 自由研究にも使える!育てる絵本&自販機の簡単工作キット

    2021.08.02

  3. 【2021】夏休みにチャレンジしたい子ども向け「コンテスト」12選

    2021.07.30

  4. おねしょを卒業するまでの子どもの気持ちに寄り添う対処法

    2021.07.29

  5. 【てぃ先生連載】お友だちを叩いちゃうクセ、どう直す?

    2021.07.28

  1. 【2021】夏休みにチャレンジしたい子ども向け「コンテスト」12選

  2. 夏休み 自由研究

    夏休みの自由研究に! お役立ち情報サイトまとめ【2021】

  3. 子どもの夢応援企画 サッカー選手・石川直宏さんインタビュー

  4. 子どもと7月の手仕事 旬の「ブルーベリーマフィン」のレシピ

  5. 埼玉県飯能市 四季冒険部 川釣り体験

    小学生が自分が作った竿で魚釣り! 食育にもつながるイベント体験…

みらいこSNSをフォロー