子どもの好奇心&自己肯定感が育つ! 自然体験が親子に最適な理由

前回の記事では、脳医学者で東北大学加齢医学研究所の瀧靖之教授に、子どもの学力やソーシャルスキルを伸ばすには「知的好奇心」が大切で、それを高めるには親子で「熱中」できる体験を見つけることがおすすめだと教えて頂きました。

>前回の記事を読む

東北大学加齢医学研究所の瀧靖之教授 Photo:Yoshinori Kurosawa

今回は、知的好奇心を育むために重要な「熱中体験」について、具体的なおすすめやメリットなど、さらに掘り下げてお話を伺いました。

【子どもの「好奇心の育て方」特集】
Part1 伸びる子どもの共通点とは?
Part2 好奇心を育む「自然体験」 (この記事)
Part3 年齢別「好奇心」の育て方
Part4 小学生が身につけるべきスキルとは?

経験することがなにより大切!


未来:前回、子どもが熱中体験をするには、親が無理矢理やらせるのではなく、子どもがその体験にハマりやすい環境を作ってあげることが大切だと教えて頂きました。とはいえ、さまざまな体験の機会や環境を用意しても、子どもがとくに関心を示さない場合もあると思います。そのようなときは、どうすればよいのでしょうか。

「子どもが何かに熱中する様子がなくても心配する必要はありません。それは子ども自身がハマるものにまだ出会っていないだけで、いつか必ず琴線に触れるものに出会います。ですから、親はその機会や環境をただ与え続けるだけでいいのです

「また、とくにハマっていないように見えても、あとになって突然興味関心が湧いてくることもあります。頭の中に蒔いた種は、すぐに芽を出すこともあれば、10年後20年後になって出てくることもあります。大切なのは、種を蒔いて水をやり続けること。芽が出る環境さえ与え続けていれば、いつか必ず何かに興味を持つときがきます

未来:子どもがやりたいと始めた習い事にハマらずやめてしまうと、無駄だったと感じることがあるのですが、それも無駄ではないということでしょうか?

「もちろんです。ピアノやサッカーなど色々なことをやってみて、すぐにやめてしまったとしても無駄にはなりません。何カ月後なのか、何年後なのかはわかりませんが、過去の体験はいつかどこかで開花します。そして、それが次に何かを始めるきっかけに繋がったりします

未来:熱中するまで至らなかった経験も、子どもの将来に役立つということですね。

「はい、なぜなら0と1の差は無限大だからです。1回でも経験していることは必ず頭に残ります。経験があるのとないのとでは全く違うのです。将来また興味を持ったときにも、一度経験していることは、全く経験がないことよりも始めやすいですよね。だからこそ、まずは経験してみるということがとても大切なのです」

次のページ>脳の発達に最適な親子体験とは…?

SHARE ON
Facebook
Twitter
2013年に長女、2015年に長男を出産し、育児に奮闘する日々。家の中にいるのは苦手で、新しい場所やモノが大好きな「THEミーハー」体質。子どもたちにもさまざまな経験をさせるべく、家族のおでかけや遊びの計画をたてるのが日課。趣味は読書、ドライブ、DIY、ヨガ、お酒、シートマスク検証、写真撮影。

RELATED ARTICLEあなたにおすすめの記事

  1. Adrián Jiménez Pascual アドリアン ヒメネス パスクアル  ロジカルニュートン マルコ・ポーロの地図 

    子どもの「好き」の育て方!世界的な評価を受けるパズルクリエイターはいかにして生まれたか?

  2. 中2で将来を決めた江戸切子職人 清秀さんの「やりとげる力」とは【つくる人】

  3. 年齢別「子どもを伸ばす」コツ 乳幼児の好奇心育む「秘密道具」とは?

  4. 人気子役・小林優仁くんの「自信の源」 大河ドラマ「青天を衝け」で熱演!

  5. 子どもを叱る時間が長い親は自己肯定感が低い!? 褒める力の育み方

  6. 関本創 発明家

    12歳の発明家が便利グッズで特許取得&商品化! 創造力を伸ばす鍵とは?

  1. こども文房具2022

    小学校低学年必見!子どもの豊かな感性を育み自立を助ける文房具が…

    2022.06.23

  2. 子どもと6月の手仕事 材料3つで作る「水無月(みなづき)」のレシ…

    2022.06.23

  3. NuRIEbook

    学研の図鑑とのコラボで好奇心が育つ!みんなで遊んで学べる塗り絵…

    2022.06.20

  4. 【子育て人生相談】「自分は学校で優秀」と家で話を盛る子ども。何…

    2022.06.15

  5. 【季節の絵本連載】雨の日に読みたい絵本

    2022.06.06

  1. 透明クレヨン はみだしてもいいぬりえ

    子どもがはみだして塗っても気にならない!大人も癒されるクレヨン…

  2. 絵本で子どもの非認知能力を伸ばそう! おすすめの絵本と読み方を…

  3. 子どもと楽しむ6月の「手仕事」初心者ママパパのための「梅シロップ…

  4. 【季節の絵本連載】雨の日に読みたい絵本

みらいこSNSをフォロー