知的好奇心が高いと学力が上がる! 伸びる子どもの共通点とは?

伸びる子どもが共通して持つ「熱中体験」

未来:では、実際にどのようにすれば子どもの好奇心は育めるのでしょう?

「子どもが熱中できることを見つけてあげてください。サッカーでもピアノでも読書でも何でもいいので、なにか一つ、子どもが夢中になれるものを持つことがとても大切です

「東大生や医学部の学生など、学力が高い多くの人に共通するのが、子どものときにこの『熱中体験』をしていることです。物事の極め方というのは、なんでも同じです。スポーツでも楽器でも、自分でトライアンドエラーを繰り返し、わからなくなったら本を読んで調べたり人に聞いたり…このように試行錯誤しながら一つのことを極めた経験がある人は、ほかのことも極めることができます

未来:受験など学習面の課題克服にも繋がるということですね。

「子どもがスポーツばかり夢中になっていて全く勉強しないのが心配だと話す親も多いですが、夢中になれるものがあることは素晴らしいことです。一つのことを徹底してやった子どもは物事を極める楽しさを知っているので、いずれ必ず勉強するようになります。やり抜く力や困難を乗り越える力が身についているので、あとからいくらでも学力を伸ばせます

「ここで大切なのは、本人が楽しんでやること。何事も『楽しんでやる』ということが一番大切なのです

「勉強ができる人は、スポーツや趣味など、ほかのことでも優秀な功績を残している場合が多いですよね。これは物事の極め方を知っているからという理由以外に、知的好奇心の高さが関係していると思います。ただ単に好きだから、おもしろいから、さまざまなことに熱中できるのです。『好きこそものの上手なれ』という言葉があるように、本人が好きなこと、楽しいと感じることを徹底してやることが一番大切です」

未来:子ども自身が熱中できることを見つけるためには、親はどのような働きかけをすればよいのでしょうか?

親自身が好きなこと、楽しいと思うことを子どもと一緒にやってみることです。子どもは親の模倣をして育ちます。そのため、親が楽しんでやっていることは、子どもも楽しいと感じやすいのです。まずは親子で一緒に『熱中する』体験をする、そこで子どもが何かにハマることができれば次のことにもハマれるようになります」

未来:これを繰り返していくうちに、子どもが興味や関心を持ったことにハマり、自分自身で世界を広げていけるようになるということですね。

「そうです。反対に、このように物事にハマる体験がない子どもは、何に対してもハマりにくい。だからこそ最初は、親子で一緒に何かに熱中する体験をしてほしいです。ここでも大切なのは、とにかく楽しむということ。親が無理矢理やらせるのではなく、子どもがハマりやすい環境を作ってあげることが大切です」

未来:子どもの知的好奇心を育むには、子どもが夢中になれる体験を見つけて、親子で一緒に楽しむことが有効だと言えそうですね。

次の記事>親子におすすめの体験は自然体験!

お話を伺ったのは…瀧 靖之 教授
東北大学加齢医学研究所教授、医師、医学博士。脳のMRI画像を用いたデータベースを作成し、脳の発達や加齢のメカニズムを明らかにする研究者として活躍。読影や解析をした脳MRIは、これまでにのべ約16万人に上る。10万部を突破するベストセラーとなった「賢い子に育てる究極のコツ」の他、多数の著書を執筆。脳科学の知見と自身の子育て経験を活かして「こんなカンタンなことで 子どもの可能性はグングン伸びる!」「16万人の脳画像を見てきた脳医学者が教える こどもの頭がよくなるルールブック」を出版するなど、メディア出演など幅広く活動中。

 

この記事を読んでいる人は「好奇心」に関するこんな記事も読んでいます
【瀧先生の子育て人生相談】夢中になっているものが「ゲーム」…それでもOK?
「おうちディズニー」でパーク気分を満喫! 創意工夫の楽しさを学ぶ
【瀧先生の子育て人生相談】勝負に執着がない子ども…悔しがらなくても大丈夫?
100均で幼児向け知育玩具を簡単DIY! 語彙力アップのコツも紹介
【未来へいこーよ】が育むココロのスキル(非認知能力)について

SHARE ON
Facebook
Twitter
2013年に長女、2015年に長男を出産し、育児に奮闘する日々。家の中にいるのは苦手で、新しい場所やモノが大好きな「THEミーハー」体質。子どもたちにもさまざまな経験をさせるべく、家族のおでかけや遊びの計画をたてるのが日課。趣味は読書、ドライブ、DIY、ヨガ、お酒、シートマスク検証、写真撮影。

RELATED ARTICLEあなたにおすすめの記事

  1. 勅使河原郁恵さん

    元ショートトラックスピードスケート日本代表・勅使川原郁恵さんが「子どもたちを健康にする」事業のために挑戦したこと

  2. 「親が子どもをコントロールするのは難しい」と語るおもちゃクリエイターが、我が子にかけた魔法

  3. 幼児期からのSTEAM教育が大人気! インターナショナルスクールの挑戦とは?

  4. 本山勝寛 好奇心

    自ら学び続ける子どもになる! 社会を生き抜く「非認知能力」の育て方

  5. 中村元さん 水族館 水族館プロデューサー 水塊

    「弱点は克服するな、長所は伸ばすな」中村元さんの逆転の発想が強いワケ

  6. 中2で将来を決めた江戸切子職人 清秀さんの「やりとげる力」とは【つくる人】

  1. こども文房具2022

    小学校低学年必見!子どもの豊かな感性を育み自立を助ける文房具が…

    2022.06.23

  2. 子どもと6月の手仕事 材料3つで作る「水無月(みなづき)」のレシ…

    2022.06.23

  3. NuRIEbook

    学研の図鑑とのコラボで好奇心が育つ!みんなで遊んで学べる塗り絵…

    2022.06.20

  4. 【子育て人生相談】「自分は学校で優秀」と家で話を盛る子ども。何…

    2022.06.15

  5. 【季節の絵本連載】雨の日に読みたい絵本

    2022.06.06

  1. 透明クレヨン はみだしてもいいぬりえ

    子どもがはみだして塗っても気にならない!大人も癒されるクレヨン…

  2. 絵本で子どもの非認知能力を伸ばそう! おすすめの絵本と読み方を…

  3. 子どもと楽しむ6月の「手仕事」初心者ママパパのための「梅シロップ…

  4. 【季節の絵本連載】雨の日に読みたい絵本

みらいこSNSをフォロー