家事育児に怒られ続けたパパが編み出した「妻とケンカしない方法」

やさしいパパのなり方
家事育児をまかせっきりだったパパが、失敗と試行錯誤を重ねながら「優しいパパ」になった方法を「易しく」紹介するエッセイです。

夫婦で暮らしていくなかで、一番気をつけたいのが「妻とケンカしない方法」だと思います。我が家でも意見が割れてしまうことがあるのですが、最近はどうにかケンカを避けられるようになりました。この方法はパパの心構えひとつでできることなので、目下ケンカ中の方やケンカはなるべくしたくないという人の参考になればうれしいです。

妻とケンカしなければ、だいたい家庭は穏やか

僕の子ども時代は、まあまあケンカがある家庭で過ごしました。狭い家の中でケンカが起きると、自分が怒られていなくても、はしゃげない雰囲気があって子どもながらに居心地が悪かった記憶があります。だから「自分が結婚したら、ケンカがない家庭にしたい」と強く思っていたんです。

実際に結婚して子どもが生まれてみると…ケンカになりそうな場面はよくあります(笑)。考え方が違う他人と暮らしているので、まあ意見が違うことがあるんですね……。でもケンカというのは「お互いが怒ったときに発生する」もの。相手が怒っていても、僕が怒らなければケンカにはなりません。そのための方法を「自分が怒ったとき」と「妻が怒ったとき」の2つのケースから解説していきましょう。

自分が怒ったとき

僕は自分から怒ることはあまりないのですが、妻に皮肉や嫌味を言われてムッとして、つい言い返したのがケンカの発端になったことがあります。でも、皮肉や嫌味だと思ってもたいがい妻の言うことは当たっているんです……。

だからムッとしたときは、一度トイレに行ったりシャワーを浴びたりとその場から離れて気持ちを落ち着ける時間を作ります。思わず言い返してしまったときは、トイレやシャワーから出た瞬間におもむろに「冷静に考えたら、僕が悪かった。すいません」とあやまります。すると相手は急に言われてビックリするのか、許してくれる確率が高い気がします。

次のページ>「妻が怒ったときはどうする?」

SHARE ON
Facebook
Twitter
5歳の息子と2歳下の妻と暮らすパパで、息子が成長していくにつれて「育児が最高におもしろい!」と気づいて、某ゲーム雑誌編集部からアクトインディに入社。発達がゆっくりな息子と向き合いながら、毎日笑いの絶えない生活を送る。子育て以外ではゲームとお酒が好き。息子の影響で鉄道にも詳しくなった。

RELATED ARTICLEあなたにおすすめの記事

  1. 妻との会話でぎくしゃくしない「会話で共感する」ためのポイント

  2. おもちゃを大事にしない子どもに! 物の大切さを教える職業体験とは?

  3. アマビエや河童、花子さん…「妖怪」はなぜ日本人に『愛される』のか?

  4. 7歳誕生日~おうちキャンプで伝える「生まれてくれてありがとう」~

  5. 子どもを育てるのは親だけじゃない! 自己肯定感を育む「思いやり」の力

  6. 5歳近くまでかかった「トイトレ」の進め方

  1. 【てぃ先生連載】お友だちを叩いちゃうクセ、どう直す?

    2021.07.28

  2. 読書感想文の書き方のコツと親ができるサポートは?

    2021.07.27

  3. 夏バテ解消!食欲がないときの簡単レシピ【親子料理連載】

    2021.07.26

  4. 【育児都市伝説】テレビは子どもに悪影響って本当!?

    2021.07.25

  5. 子どもの夢応援企画 サッカー選手・石川直宏さんインタビュー

    2021.07.24

  1. 【7月のお弁当】花火のスティックおにぎり弁当レシピ!

  2. チームラボ 保育園 キッズラボ南流山

    チームラボの建築集団が保育園を設立! 「幼児期に学ばせたい将来…

  3. レスリング 田南部 家族

    壁にぶつかるから成長できる! レスリング・田南部姉弟の「やりき…

  4. 【子育て人生相談】ママのイライラ&息子との対立をなんとかしたい…

  5. 子育て人生相談

    【子育て人生相談】勝負に執着がない子ども…悔しがらなくても大丈夫…

みらいこSNSをフォロー