お金も準備も必要なし! 子どもとの散歩を最高に楽しむ方法

妻に家事育児をまかせっきりだったパパが、失敗と試行錯誤を重ねながら「優しいパパ」になった方法を「易しく」紹介するエッセイです。今回は「子どもとの散歩を最高に楽しむ方法」がテーマ。

「脳内設定」で散歩をエンジョイする

子どもが自分で歩けるようになってくると、午前中や夕方の比較的涼しい時間帯に「子どもと一緒に散歩に行ってきて」と言われるようになりました。散歩しながら公園に行って、ひと遊びして帰るというのもよくあるパターンですね。

とはいえ、毎回同じルートだと大人も飽きてしまいますし「今日は家でゴロゴロしてたいなー」というときに「ヒマなら散歩に行ってくれば?」と言われると、腰が重たく感じてしまうこともあります。そんなときに僕が実践していた方法は「脳内で設定を作って役になりきる」ことでした。今回はとくにおすすめの3つを紹介します。

1.敏腕ボディーガードになりきる

自分を敏腕ボディーガード、そして子どもを「大富豪の御曹司orお嬢様」だと思い込む方法です。散歩は、普段から道路を歩くときはクルマがくるほうに自分が立ち、手をつないで歩くなど安全を心がけているもの。それが脳内で設定を変えただけで、さらに安全に配慮した行動ができるようになるのです(個人差はあります)!

横断歩道を渡るときも半歩前に進んで先導します。自転車がやってきたら、身を挺して子どもを背後に移動させます。水たまりがあったら、サッと抱きかかえて「汚れてないかい? お嬢さん」とクールに対応しましょう。

アイスを買ったら「ちょっと待て! ひょっとして毒が入っているかもしれない!」と先にひと口食べます(笑)。「子どもを守る」ということを強く意識した行動で、子どもから見ても「今日のパパ、なんだか頼もしい!」と思われるかもしれません。どちらかというと注意することが増えるので、帰ったあとに謎の疲労感が出ることがありますが、無事に任務を遂行した達成感はひとしおです。

2.ベテラン執事で子どもをもてなす

次に紹介したいのが、この道40年のベテラン執事「じいや」になりきる方法。「ぼっちゃん、横断歩道ですぞ。ささっ、ボタンを押してくださいませ」とか「青信号になりましたぞ。じいやが先導しますので、どうぞお渡りください」など、子どもを丁重にお守りしながらもてなします。

ときには「お嬢様、それはなりません!」と、子どものワガママに毅然とした対応をすることも大事です。休憩でアイスやお菓子を買ったときには「奥様には内緒ですぞ」と言うのをお忘れなく。帰り道に子どもから「じいや」と呼ばれるようになったら、なりきりプレイは完璧です。ただし、帰宅後に「じいやって誰?」と奥さんに聞かる可能性があります。

次のページ>「探検家になりきって目的地までの冒険を楽しむ」へ

1

2

関連記事

  1. パパの帰宅後の家事育児、スマホを〇〇すれば集中できた!

  2. 7歳誕生日~おうちキャンプで伝える「生まれてくれてありがとう」~

  3. 妻との会話でぎくしゃくしない「会話で共感する」ためのポイント

  4. 100均で幼児向け知育玩具を簡単DIY! 語彙力アップのコツも紹介

  5. 息子の初めての寝返りの瞬間! そのときパパは何をしたか!?

  6. 小1女子が初めてのオンラインイベントに参加! 学びを増やすコツは?