4歳男子の視界を体感! 散歩で「子育て」のおもしろさを痛感した話

泣き虫ママの楽育日記
「楽しく・気楽に」、「生きる力を育む」をモットーに、姉弟(おませな小1女子&やんちゃな年中男子)の子育てに奮闘するママの日常を記したエッセイ。子育て中の学びや育児の工夫、子どもとの出来事で感じたことなどを紹介していきます。

子どもの視界は無限大!

そんなわけで、この日も最初はそれぞれ別のことをしていましたが、私と娘が一緒にスケッチを楽しんでいると、走り回って汗だくになった息子がやってきて、自分もやりたいと言い出しました。どちらかの興味に刺激されて、関心を持つきっかけが増えるのは、きょうだい育児のいい点だと思います(私は一人っ子です)。

同じ場所でスケッチをしていても、描くものがさまざまなのも面白いです。ただの公園でも、子どもの目にはスケッチの題材がいっぱい! 大人は草木や花など、何か題材となるものがないといけないような気がして探してしまいますが、子どもにはそれが必要ないんです。私が近くに咲いていたシロツメクサを描いていたのに対し、息子は自分の足元のコンクリートの柄を描いていました(そこに着目する発想がママにはなかった!!)

子どもの視界や視点が大人とは全く異なること、そして子どもの観察力はとても優れていることを改めて実感した瞬間でした。だからこそ、子どもと一緒に生活をする中では、大人も学べる機会が多いのだと思います。「子育てっておもしろい!楽しい!」と感じる瞬間です。

 

観察力を磨く「色探しゲーム」

一通りスケッチを楽しんだあとは、自然の中から「色」を見つける「色探しゲーム」をすることに。画用紙に好きな色を塗り、公園の中にあるものから同じ色のものを探すというゲームです

ここでも緑や茶色など、草木をイメージした(いかにも公園にありそうな)カラーを選んで塗った私に対して、子どもたちは好きな色を自由に選んでいました。鮮やかなピンクや黄色など、パッと周りを見渡してみても、その場にはなさそうな色ばかりです。

「ピンクにもいろんなピンクがあるね」と、たくさんのピンクを取り出した娘。私は心の中で「ピンクのものなさそうだけどなぁ…」と思いながらも、早速それぞれが選んだ色を探し始めました。

次のページ>無限の可能性を探る大切さ

SHARE ON
Facebook
Twitter
2013年に長女、2015年に長男を出産し、育児に奮闘する日々。家の中にいるのは苦手で、新しい場所やモノが大好きな「THEミーハー」体質。子どもたちにもさまざまな経験をさせるべく、家族のおでかけや遊びの計画をたてるのが日課。趣味は読書、ドライブ、DIY、ヨガ、お酒、シートマスク検証、写真撮影。

RELATED ARTICLEあなたにおすすめの記事

  1. 家事育児に怒られ続けたパパが編み出した「妻とケンカしない方法」

  2. 徒歩5分が30分に…子どもが歩くようになってわかった「成長と悩み」

  3. 【学年別】小学生にオススメの非認知能力アップに繋がる児童書5選

  4. オムツが取れたら行きたい! 「スーパー銭湯」は社会勉強に最適!

  5. 4歳男子の疑問「ルール(規則)や約束はなぜ必要?」に答えてみた

  6. 100均で幼児向け知育玩具を簡単DIY! 語彙力アップのコツも紹介

  1. 色や配置も重要度大! 子どもが勉強に集中できる部屋作り

    2021.05.16

  2. 赤ちゃんのスプーンいつから? 時期や練習方法、注意点も紹介

    2021.05.15

  3. 将棋で礼儀と忍耐力を身につけよう!

    2021.05.15

  4. ダンスは子どもの成長に効果あり◎身体を楽しく動かそう!

    2021.05.14

  5. 子どもの読書にもオススメ!「電子書籍」で本を読んでみよう

    2021.05.14

  1. がんばり屋さんは注意!幼児や小学生でもなる子どもの「五月病」の…

  2. 脳科学の権威が絶賛! 子どもの興味を広げる「お仕事体験」イベン…

  3. 子どもと一緒にGWを満喫しよう!~時間がある今こそ絆を育むチャン…

  4. 妖怪博士・小松和彦先生が語る「ワクワク」と「ドキドキ」を失わな…

  5. 家庭でできる知育遊び! 真似したい「おうちモンテ」実例集

みらいこSNSをフォロー