家事育児に怒られ続けたパパが編み出した「妻とケンカしない方法」

妻に家事育児をまかせっきりだったパパが、失敗と試行錯誤を重ねながら「優しいパパ」になった方法を「易しく」紹介するエッセイです。今回は「妻とケンカしない方法」がテーマ。

妻とケンカしなければ、だいたい家庭は穏やか

僕の子ども時代は、まあまあケンカがある家庭で過ごしました。狭い家の中でケンカが起きると、自分が怒られていなくても、はしゃげない雰囲気があって子どもながらに居心地が悪かった記憶があります。だから「自分が結婚したら、ケンカがない家庭にしたい」と強く思っていたんです。

実際に結婚して子どもが生まれてみると…ケンカになりそうな場面はよくあります(笑)。考え方が違う他人と暮らしているので、まあ意見が違うことがあるんですね……。でもケンカというのは「お互いが怒ったときに発生する」もの。相手が怒っていても、僕が怒らなければケンカにはなりません。そのための方法を「自分が怒ったとき」と「妻が怒ったとき」の2つのケースから解説していきましょう。

自分が怒ったとき

僕は自分から怒ることはあまりないのですが、妻に皮肉や嫌味を言われてムッとして、つい言い返したのがケンカの発端になったことがあります。でも、皮肉や嫌味だと思ってもたいがい妻の言うことは当たっているんです……。

だからムッとしたときは、一度トイレに行ったりシャワーを浴びたりとその場から離れて気持ちを落ち着ける時間を作ります。思わず言い返してしまったときは、トイレやシャワーから出た瞬間におもむろに「冷静に考えたら、僕が悪かった。すいません」とあやまります。すると相手は急に言われてビックリするのか、許してくれる確率が高い気がします。

次のページ>「妻が怒ったときはどうする?」

1

2

関連記事

  1. 初恋は成長のチャンス!4歳男子をやる気に変えた「小さな恋の物語」

  2. 包丁不要&10分で料理が完成! 成城石井が初のミールキット発売

  3. 入学準備に学ぶ「妥協しない癖」の付け方~小1女子の上履き事情~

  4. おうちで楽しく学べる「ひらがな」 読み書き&教え方のコツも!

  5. 100均で簡単DIY! 「おしたく時計」で小1娘が課題克服に挑戦

  6. ゲームは何歳から? ルール作りのコツ&注意点&メリットも解説

    ゲームの上手な付き合い方! ルール作り&注意点&メリットも