自由研究が1時間で完了「紙すき」の方法 編集部でやってみた

 

「色とりどりの紙が自分で作れたよ!」/彩の国くらしプラザの紙すきイベント

家庭にあるものですぐにできてしまう夏休みの自由研究&工作をご紹介します! その第1弾は紙すき! どの家庭にもある、牛乳パック・お豆腐のパック(2つ)・ミキサー・排水用ネットなどがあればできちゃいますよ!

今回編集部では、子どもに環境への意識を持ってほしいとの気持ちから、エコ工作のイベントを多く開催されている彩の国くらしプラザさんにおすすめの自由研究・自由工作について相談しました。そこでご提案いただいたのが「紙すき体験」。彩の国くらしプラザでのイベントも、親子がとても楽しく参加するイベントだそうです。

子どもたちも、パパもママもみんな夢中!/彩の国くらしプラザの紙すき体験イベント

ここがおすすめ!紙すき自由研究・自由工作!

「身近なものを使って挑戦しできる紙すき体験。
自分で考えたりアレンジしたりして工夫ができるおすすめの自由研究・工作です」(彩の国くらしプラザ 三島さん)

「家庭にあるものを使ってでき、いろいろな種類の紙を作れるため、みなさんとても楽しんでいました」(彩の国くらしプラザ 牛込さん)

こんなヴァリエーションが出来るから楽しい!

植物を使った紙

花紙を使った紙

羊毛を使った紙

毛糸を使った紙

また、香水やアロマオイルをいれて香りをつけた紙もつくることができます。

紙すき体験をしてみよう!用意するものと手順【所要時間約1時間】

紙すきにはいろいろな方法がありますが、今回は編集部で考えた特別な道具を使わなくても、家庭で簡単に出来る方法をご紹介します。
所要時間は、約1時間(牛乳パックをあらかじめつけておく時間と乾かす時間を除く)と手軽に出来る方法です。

キットなども数多く販売されていますので、こういったものを使うのもおすすめです。

紙すきのために用意するもの

  • 牛乳パック(あらかじめ2日ほど水につけておきます)
  • お豆腐のパック(2つ)
  • キッチンの排水口用ネット
  • ミキサー
  • お箸
  • バケツ
  • 画鋲(お豆腐パックに穴をあけるため)
  • タオル

紙すきのやり方

(1)キッチンの排水口用ネットをお豆腐のパックの底に合わせて切ります。これを2枚用意します。また、お豆腐のパックの底に画鋲などで穴をあけます。

(2)あらかじめ2枚に割いて水につけておいた牛乳パックから、お箸などを使ってパルプをはがします。

(3)水と一緒に(2)をミキサーにかけます。

(4)お豆腐のパックの上に(1)で切ったキッチンの排水口用ネットをのせ、その上に(3)でミキサーにかけたパルプを水と一緒にいれます。

(5)(4)の上にもう一枚のキッチンの排水口用ネット、お豆腐のパックの順にのせ、水を切ります。

(6)お豆腐のパックからネットごと紙を取り出し、タオルで包んで水を切りかわかします。

編集部で紙すきやってみてどうだった?

  • とにかく楽しい!
  • 短時間(約1時間程度)でできる!
  • 子どもの年齢や興味に合わせていろいろな展開ができる!
  • 水を使うこと、手先を使うことで子どもたちがとても喜び印象的な体験ができる!
  • 兄弟姉妹で一緒にやると最後は水遊びのようになる可能性がある(低学年の場合)

紙すきの自由研究・自由工作が終わったら・・・?

紙の博物館へ行こう!

紙の種類やつくり方、日常生活の中でどのように使われているか? など紙について深く調べられるスポットへも出かけてみましょう。

紙の博物館

伝統的な紙すき体験をしよう!

日本の伝統産業である伝統的な和紙作り体験ができるスポットへ出かけてみるのもおすすめ。

紙すきスポット

リサイクルスポットへ行こう!

リサイクル工場やリサイクルについて学べるスポット。紙以外のリサイクルにも興味が出てきた子どもには、こんなスポットへ行くのもいいですね。

リサイクルスポット

今回ご協力いただいたのは…彩の国くらしプラザ

子どもから大人まで消費について楽しく学べるスポット。エコ工作をはじめとしたイベントも多数行われています。

彩の国くらしプラザではこんな自由研究展示も!

★飲み物の糖分を調べてみよう!

コーラやスポーツドリンク、ジュースなどに含まれている糖分の量やペットボトル症候群について、パネルやサンプルを展示。

★地球温暖化について考えよう!

地球温暖化の影響や、対策方法について、パネルを展示。おうちでできる地球温暖化対策について、チェックシートも配布。

彩の国くらしプラザのイベントや場所

ライター紹介
大下孝枝
「いこーよ」編集部。いこーよサイト編集とタイアップを中心に担当。 モンテッソーリ教育教師 小学生の女の子二人のママです。 子どもと一緒にお出かけすることが好き!お料理するのが好き! 子どもと一緒に成長していきたい、一緒に幸せな体験沢山していきたいと願っています。

※2015年8月にいこーよで公開された記事の再掲です。

SHARE ON
Facebook
Twitter
出版社、教材編集を経て2013年に「いこーよ」へ。小学生の女の子2人のママ。大学院、モンテッソーリ教育教師、華道、ダイビング資格有。ライフテーマは幼児教育から小学校、中学校、高校、大学、社会人へとどのように学びをつなげていくか。特に幼児教育から中学受験への連携に日々奮闘中。

RELATED ARTICLEあなたにおすすめの記事

  1. 頭ごなしに叱っちゃダメ!子どもの「叩く、つねる」の対処法

  2. 勉強って楽しい!子どものやる気をアップさせるポイント

  3. GW明けの登園しぶり 子供の「行きたくない」にどう向き合う?

  4. 子どものクセはSOSのサインかも?心配なクセを治す方法とは

  5. 楽しみながら賢くなれる!親子で始める「あやとり」

  6. 時に許容も必要?子どもの言葉遣いの効果的な直し方

  1. 親の「褒め方」で子供は変わる! 年齢別のコツ&正しい叱り方も

    2021.06.18

  2. 図鑑博士が教える幼児から小学生向けおすすめ「動物図鑑」5選

    2021.06.18

  3. 子どもを片付け上手にするテクニックや声かけとは?

    2021.06.17

  4. 自宅ですぐにできる!年齢別おすすめ水遊び

    2021.06.17

  5. 正しいお箸の持ち方を子どもに身につけさせる方法

    2021.06.17

  1. OQTA スマホ 鳩時計

    スマホで「想いを送る」鳩時計は親子関係にどんな影響を与えた?

  2. 幼児や小学生が残酷な行動をするのはなぜ? 理由&親のとらえ方も…

  3. 子どもが泳げるようになる方法! 水嫌い克服や教え方も伝授!

  4. 新じゃがで絶品!子どもと6月の手仕事「芋もち」のレシピとポイント

  5. 本山勝寛 好奇心

    自ら学び続ける子どもになる! 社会を生き抜く「非認知能力」の育…

みらいこSNSをフォロー