【家庭でSTEAM教育】「安心感」を感じられない子が伸びない理由(プログラミング教室・ステモン)

子どもが安心して前向きにSTEAM教育に取り組めるようにする事例1. やり方ではなく原理を教える

ステモンの授業は1回1時間。教師が最初の10分でその日学ぶ原理の説明を行い、残りの時間で学んだ原理を使って子どもが実際にプログラミングや物づくりに取り組みます。最後はクラス内でプレゼンテーションを行って終了です。

「最初に解説するのは中学・高校までの物理の基本原理です。例えば『はしをつくろう』という小学1年生の授業では、構造物の中にある三角形や四角形などのさまざまな構造や、構造による耐性の違いを説明するテキストを使いますが、この中に橋の作り方の手順を説明するガイドはありません」(前出・中村さん)

原理を使って自由に創造力を働かせて作ることが評価される場なのだということが子どもに伝わると、子どもの中にそれまで隠れていた思考力や想像力が働きはじめます

また、実際に出来上がったものを子ども同士でプレゼンテーションし合う経験により、自分とまったく違うものを作り上げる仲間を認め、人と違っていいんだ、自由に表現していいんだと感じる経験も子どもが安心して創造力を働かせられるようになるポイントです。

家庭で工作などに取り組むときにも、でき上ったものだけでなく、作ろうと思ったことや、行動ができたこと、取り組む様子をほめてあげることで子どもの自己肯定感が高まり、より深い学びへ向かうきっかけになります

【家庭でできるSTEAM教育】
取り組む過程の子どもの工夫を大切に

子どもが安心して前向きにSTEAM教育に取り組めるようにする事例2. 階級制をとらない

「学校は、子どもの発達段階を研究してその学年の狙いと目標をあらかじめ設定して授業を行うのが特徴です。そのため、教師の役割は目標に子どもを到達させる側面が強くなり、どうしても子どもの達成度に注目することが多くなります。そうすると子どもは『答えは何ですか?』と、教師が持っている正解を求めて行動をするようになります。それを避けるためにも、外部教育機関であるステモンでは、階級制度を導入しないことを決めました」(前出・中村さん)

とはいえ、子供の達成度知りたくなってしまうのが親というものです。
「受講生の保護者から子どもの成長を感じるポイントとして声が上がるのは、テレビに東京スカイツリーが映ったのを見て『スカイツリーには三角形がいっぱいあるね!』や、ドアノブ、ハサミ、シーソーなどを見て『テコの原理がこんな風に使われているんだよ』と、日常生活の中に子どもが学んだ原理を思わず発見して親に伝えるときです」(前出・中村さん)
学んだ原理を自分の身の回りに発見できるようになることは、子どもにとって大きな成長で、子どもに見える世界が変わってきたことを親子で実感できるポイントになります。

同じことを家庭でできる方法として中村さんが自身の子どもと行っているのが、「ステモン探し」と呼んでいる遊びです。
身の回りの物の中にある仕組みや工夫を親子で見つけて遊びます。例えばコンビニエンスストアの飲み物コーナーはゆるやかな傾斜がつけられていて、ペットボトルを1つ取り出すと、後ろの物が一番前に出てきます。時には『1アイデア見つけたら10円』というようにごほうびを設定すると子どもは必死に探します」(前出・中村さん)

【家庭でできるSTEAM教育】
学んだ原理を子どもと身の回りで探してみよう

プログラミングやエンジニアリングのSTEAM教育で目指しているのは、子どもが示された手順で何かが作れるようになることではなく、子ども自身が原理を理解して、出したい結果に向けて作る喜びを感じながら工夫する経験を積むことで、より良い社会を作る一員となることです。
ぜひ家庭でも取り組んでみてください。

ステモン
公式サイト

最新の教育事例や課題をレポートするこの連載では、8月中毎週、「STEAM教育」を紹介します。フェイスブックTwitterでフォローしていただきますと、更新情報をお届けできます。

※この記事はSTEAM教育特集の一部です。
【STEAM教育特集記事一覧(順次リリース予定)】

Part1 STEAM教育で身につく探究的アプローチと真の学力とは?
Part2 【ロボット&理科】学びを深めるアフターコロナ、ウィズコロナの学習法
Part3 【ICT&サイエンス】 STEAMが学べるインターナショナルスクールはなぜ人気なのか?
Part4 【プログラミング&社会】AI社会を生きる子どのためのSTEAM(この記事)

【今後の「『学び』の最前線」特集ラインナップ】
7月 森の幼稚園
8月 STEAM教育(この特集)
9月 モンテッソーリ教育
10月 レッジョエミリアアプローチ
11月 プログラミング
12月 シュタイナー教育
1月 バカロレア
2月 イエナプラン
※内容は予告なく変更する場合があります

 

SHARE ON
Facebook
Twitter
出版社、教材編集を経て2013年に「いこーよ」へ。小学生の女の子2人のママ。大学院、モンテッソーリ教育教師、華道、ダイビング資格有。ライフテーマは幼児教育から小学校、中学校、高校、大学、社会人へとどのように学びをつなげていくか。特に幼児教育から中学受験への連携に日々奮闘中。

RELATED ARTICLEあなたにおすすめの記事

  1. 本気でやらなきゃ楽しくない! 感謝の気持ちとやる気を育む子育て

  2. 中村元さん 水族館 水族館プロデューサー 水塊

    好奇心を育み、多様性を体験させる中村元さんの水族館の秘密指令とは 

  3. 【森のようちえん】園庭は海と山「海の保育園」の魅力と伸びる力・カリキュラム(神奈川県逗子市「うみのこ」)

  4. 【インタビュー】諦めない気持ちと親子の絆が起こした「奇跡」-後編-

  5. パパ芸人・森川やるしかねぇさんが大切にする「変わらない」こと【後編】

  6. サンシャイン水族館

    中村元さんが語る「常識は間違っている」から始まる新しいアイディア

  1. 子どもを片付け上手にするテクニックや声かけとは?

    2021.06.17

  2. 自宅ですぐにできる!年齢別おすすめ水遊び

    2021.06.17

  3. 正しいお箸の持ち方を子どもに身につけさせる方法

    2021.06.17

  4. 新じゃがで絶品!子どもと6月の手仕事「芋もち」のレシピとポイント

    2021.06.14

  5. オタク偉人伝

    偉人はすべてオタクだった!子どもの「好き」を応援したくなる本

    2021.06.14

  1. 新じゃがで絶品!子どもと6月の手仕事「芋もち」のレシピとポイント

  2. 本山勝寛 好奇心

    自ら学び続ける子どもになる! 社会を生き抜く「非認知能力」の育…

  3. 子どもが泳げるようになる方法! 水嫌い克服や教え方も伝授!

  4. 幼児や小学生が残酷な行動をするのはなぜ? 理由&親のとらえ方も…

  5. OQTA スマホ 鳩時計

    スマホで「想いを送る」鳩時計は親子関係にどんな影響を与えた?

みらいこSNSをフォロー