ぱなしくん 柴田ケイコ

自分から「片づける」きっかけをつかむ絵本「ぱなしくん」

注目の新刊
子どもの成長や子育てに役立つ本を厳選して紹介します。

出しっぱなし、散らかしっぱなし、遊びっぱなし…そんな「ぱなしくん」のようなお子さんに読ませたい! 今回は子どもが「自分から片づける」きっかけをくれる絵本「ぱなしくん(著:柴田ケイコ、発行:PHP研究所)」を紹介します。

「ぱなしくん」のモデルは作者の息子さん

「ぱなしくん」の作者・柴田ケイコさんの息子さんはブロック遊びが大好き。でも遊んだあとも出しっぱなしなので、当時のケイコさんは片づけに時間をとられていて大変でした。苦労している中で「この日常を描きたい」と考えたのが「ぱなしくん」誕生のきっかけです。

ちなみにケイコさんご自身も片づけが苦手…。だからこそ「ぱなしくん」には「お片付けしなさい」というお説教ではなく、「ぱなしくんだと、ちょっと困るときがくるよ」「お片付けって難しくないんだよ」というメッセージが込められています

ぱなしくん 柴田ケイコ 絵本

散らかっている状態を可視化することで片づけるきっかけに

物語の主人公「ぱなしくん」は、脱いだパジャマはぬぎっぱなしで、遊んだおもちゃも出しっぱなし、読んだ絵本は開きっぱなし、髪の毛も伸ばしっぱなし男の子。でも、ある日の夜、ぱなしくんのところに「ベタベタようかい」や「むわむわようかい」「ほこりようかい」「ごちゃごちゃおばけ」が現れ、ぱなしくんはとても困ってしまいます。汚れのベタベタやホコリ、ごちゃごちゃした場所の不快さが妖怪やお化けとして可視化されることで、子どもにも「片づけ」の意義が伝わりやすい内容になっていますぱなしくん 柴田ケイコ 絵本

「未来へいこーよ」スタッフの注目ポイント

我が家にも6歳の息子がいて、毎日散らかしています。そのくせ、片づけはなかなかしないんです。だから、ぱなしくんの部屋を見たときに「これは我が家かっ⁉」と一瞬錯覚しかけましたが、さすがにここまでひどくありません(笑)。

作者の柴田ケイコさんは「しろくま」シリーズ(PHP研究所)や「パンどろぼう」シリーズ(KADOKAWA)などでも知られる人気の絵本作家さん。絵本の序盤では散らかっている部屋が出てきますが、おもちゃやお菓子、人形などがかわいくて色使いもカラフル! おもちゃ箱をひっくり返したようなワクワク感があって、むしろ「散らかっている部屋って楽しそう!」という雰囲気すら感じました(笑)。

ところが、中盤以降に出てくる「ようかい」や「おばけ」は暗い色を使って、ベタベタした感じや汚れ具合を再現していて、大人が見てもドン引きするレベルなのです。おもちゃや人形の細かいかわいらしさとは対照的に、迫力があってスゴ味すら感じられるギャップがスゴイ!

でも、自分の子ども時代を振り返ると、子どもの頃って、ベタベタ汚れや不快な臭いってあまり意識することがなかったと思うんです。取り返しがつかない状態になる前に、周りの大人が掃除したり片づけてくれたからなんでしょうけど。だから「ぱなしくん」では「ようかい」や「おばけ」で「片づけないことで生じるイヤなこと」を子どもでもイメージできる形にして、そういう存在に気づくきっかけを与えているのが狙いなのでは? と感じました。

なので、ご自宅のお子さんをよ~く観察してみて「むわむわようかい」や「ほこりようかい」「ごちゃごちゃおばけ」がまだ見えていないようでしたら、ぜひ読み聞かせてあげたい絵本だと思います。

かくいう僕自身も片づけは苦手です。我が家では「最近お気に入りのおもちゃ」を入れる専用の箱を用意して、片付けの時間になったら一緒にポンポン入れるというシンプルなルールにしたら、息子も一緒に片づけてくれるようになりました(それでも遊びが終わるのがイヤなので、グズりながらですけど)。

お子さんが片づけするようになってきたら「楽しく片づける」「簡単にする」方法を大人と一緒に考えさせると「ぱなしくん」を卒業しやすいかもしれません。我が家もまだまだ親子そろって「ぱなしくん」ですが、息子と一緒に「ようかい」や「おばけ」をやっつけて成長していきたいです(笑)(KAZ)

ぱなしくん
ぱなしくん 柴田ケイコ本体1,540円(税込)、著:柴田ケイコ、発行:PHP研究所
購入はこちら(Amazon)

この記事を読んでいる人は「片づけ」「やりぬく力」に関するこんな記事も読んでいます
読みながら実践するだけ!子どもが片づけ上手になる方法をマンガで解説
子供が「お手伝い」するのに「お片付け」しない理由 対策も紹介
岸壁幼魚採集家・鈴木香里武さんが語る「好きなことに夢中になっている子どもに本当にかけるべき言葉」とは?
・【未来へいこーよ】が育むココロのスキル(非認知能力)について

SHARE ON
Facebook
Twitter
6歳の息子と2歳下の妻と暮らすパパで、息子が成長していくにつれて「育児が最高におもしろい!」と気づいて、某ゲーム雑誌編集部からアクトインディに入社。発達がゆっくりな息子と向き合いながら、毎日笑いの絶えない生活を送る。子育て以外ではゲームとお酒が好き。息子の影響で鉄道にも詳しくなった。

RELATED ARTICLEあなたにおすすめの記事

  1. 【終了しました】色の3原色が学べる工作キットでハロウィンを楽しもうプレゼントキャンペーン

  2. 5分でわかる友だち術

    小学生の友だち関係の悩みをマンガとイラストで「5分で解決できる」本

  3. 材料2つだけ! 子どもと9月の手仕事「スイートポテト」のレシピとポイント

  4. 電子レンジと白玉粉で作る餅レシピ 子どもと12月の手仕事「いちご大福」のレシピとポイント

  5. 綱島SST探求サマーラボ

    生きるチカラを育む! 小学生向けの「探究学習サマースクール」開講

  6. 分身ロボットカフェ DAWN ver.β

    難病などで外出困難の人が働ける!分身ロボットカフェで見つけた「出会いと発見」

  1. 子どもと5月の手仕事 手軽にブランチ「新玉ねぎのスコーン」のレ…

    2022.05.27

  2. キッズフリマ

    キッズフリマに挑戦!「お金」と「自分で考える力」が学べるイベン…

    2022.05.25

  3. 【子育て人生相談】子どもがどんなことにもめげずにたくましく生き…

    2022.05.13

  4. 透明クレヨン はみだしてもいいぬりえ

    子どもがはみだして塗っても気にならない!大人も癒されるクレヨン…

    2022.05.12

  5. ママに聞いた母の日にしてほしいことランキング!一位は「〇〇な時…

    2022.04.28

  1. 【子育て人生相談】子どもがどんなことにもめげずにたくましく生き…

  2. 5分でわかるネット術

    ネットで気をつけたいことが小学生目線で丸わかり!5分でわかるネッ…

  3. 透明クレヨン はみだしてもいいぬりえ

    子どもがはみだして塗っても気にならない!大人も癒されるクレヨン…

  4. たいけんぽけっと 手作り除菌ジェルキット

    自分で考えて学ぶ力が育つ!年長(5~6歳)向けに学研の人気商品が…

みらいこSNSをフォロー