チームラボボーダレス 弾む水の天才ケンケンパ

五感でアート体験! 大人も子どもも夢中になる「チームラボボーダレス」の作品がリニューアル

東京、お台場にある「森ビル デジタルアート ミュージアム: エプソン チームラボボーダレス(以下、チームラボボーダレス)」が、2021年7月15日に「運動の森」エリアをリニューアルオープンしました。同エリアは「身体で世界をとらえ、世界を立体的に考える」がコンセプトになっており、自分自身の体を動かしてアート空間を楽しみながら空間認識能力などが育めるようになっています。今回は、リニューアルした作品をはじめ「チームラボボーダレス」にあるココロのスキルが高められる作品を紹介していきます。

「いこーよ」のプレミアムクーポン利用でお得に!(外部リンク)

【空間認識能力】高低差のあるエリアに無数の生命が誕生する「鼓動する大地」 「グラフィティネイチャー 山山と深い谷 、レッドリスト」

高低差のある立体的な地形が広がる「鼓動する大地」は、デコボコした大地にプロジェクション(投影)されていて、視覚と身体で「認識のズレ」が生じるエリアです。歩いていくうちに視覚だけでなく、足の感触や体のバランスなどで地形を判断するようになり、空間認識能力につながっていきます

チームラボボーダレス 鼓動する台地

teamLab, Beating Earth, 2020, Interactive Digital Installation © teamLab, courtesy Pace Gallery

この「鼓動する大地」と共存する作品「グラフィティネイチャー 山山と深い谷 、レッドリスト」は、大きなクジラやトカゲ、カエルなど、さまざまな生物たちがうごめいています。足を踏み入れると花が咲くなど空間に変化が現れるのも特徴で、自分自身が生命を生み出しているような気持ちになれます。一瞬ごとに世界がめまぐるしく変わっていくので、子どもは歩いているだけでも楽しく、大人は思わず見とれてしまう作品です。

チームラボボーダレス 鼓動する台地

「グラフィティネイチャー 山山と深い谷 、レッドリスト」で映し出される動物や花を、来場者が描いて作品に参加できる仕組みもあります。描いたものは「お絵かきファクトリー」内のタブレットで注文すると、缶バッジやタオル、Tシャツなどのグッズが有料で作れます。

チームラボボーダレス お絵かきファクトリー

teamLab, お絵かきファクトリー © teamLab

【創造力・試行錯誤】遊びながら魚や蝶、鳥が生まれていく「弾む水の天才ケンケンパ」

子どもの遊び「ケンケンパ」で、水に浮かんだ記号の上を進む作品です。同じ形や色など、関連性のある記号を連続して飛び乗ると音が鳴り、魚や蝶、鳥などが生まれます。「この形を連続で押したらどうなる?」など、創造力を働かせながら遊んだり、「次は赤色を出したい」と試行錯誤しながら楽しめます

チームラボボーダレス 弾む水の天才ケンケンパ

teamLab, Hopscotch for Geniuses: Bounce on the Water, 2020-, Interactive Digital Installation, Sound: Hideaki Takahashi © teamLab, courtesy Pace Gallery

同じ形の記号でも色が違うものがあるので、組み合わせでどう反応するかが変わるのが楽しいです。「ケンケンパ」は子どもも大人も経験者が多く、知らなくてもルール自体が簡単なので未就学児からでも遊べるのも魅力。

チームラボボーダレス 弾む水のケンケンパ

【空間認識能力・創造力】微生物の世界を飛び石で体感「インビジブルな世界のバランス飛石」

さまざまな形をした「バランス飛石」を踏むと、音色が響いて石の色が変化。自分の足元から生じた変化が、微生物を通して空間全体に広がっていきます。「バランス飛石」は石というよりは不安定なクッションのようになっていて、乗っていると大人でもバランスを崩してドキドキします。

チームラボボーダレス インビジブルな世界のバランス飛石

teamLab, Balance Stepping Stones through the Invisible World, 2020-, Interactive Digital Installation, Sound: teamLab © teamLab, courtesy Pace Gallery

実際にやってみると、飛石を渡っていくだけで音楽が自然に生まれ、色が自分を起点にして広がっていくのが心地いいです。不安定な足場を渡ることは空間認識能力につながりますし、自分の行動が空間や音楽に影響を与えて広がっていくところが子どもの創造力を刺激しそう!

チームラボボーダレス インビジブルな世界のバランス飛び石

【好奇心・創造力】互いの行動が大きな渦を作る「タイフーンの上のエアリアルクライミング」

ロープで吊られた無数の棒が、空中に浮かんでいるエリアです。人が棒に乗ると足元に台風のような渦が描かれていきます。渦の色は棒の色と連動していて「赤と青が重なると紫になる」など、混ざり合って違う色になっていきます。棒を渡っていくと複数の渦が生まれて空間に影響を与える要素も。

チームラボボーダレス タイフーンの上のエアリアルクライミング

teamLab, Aerial Climbing over the Typhoon, 2021, Interactive Digital Installation, Sound:
teamLab © teamLab, courtesy Pace Gallery

ほかの人と近くなると渦が崩れたり大きくなったりします。一緒に「大きな渦を作る」「色を重ねて何色ができるか予想してやってみる」など、自然と他人と共創しながら好奇心や創造力を刺激される作品です。

チームラボボーダレス タイフーンの上のエアリアルクライミング

「運動の森」エリアに新たに追加された作品は、動画でも公開されています。こちらもあわせてぜひご覧ください。

次のページ>境界を越えて描かれていくアート作品もリニューアル!

SHARE ON
Facebook
Twitter
5歳の息子と2歳下の妻と暮らすパパで、息子が成長していくにつれて「育児が最高におもしろい!」と気づいて、某ゲーム雑誌編集部からアクトインディに入社。発達がゆっくりな息子と向き合いながら、毎日笑いの絶えない生活を送る。子育て以外ではゲームとお酒が好き。息子の影響で鉄道にも詳しくなった。

RELATED ARTICLEあなたにおすすめの記事

  1. 読み聞かせするだけで3歳児にも「プログラミングの本質」が伝えられる絵本

  2. 子どもが急成長する「イルカ飼育員」のお仕事体験 貴重な体験が満載!

  3. 【子どもと手仕事日記帳6月】「梅シロップ」作り体験を子どもは楽しめる? 知っておきたい!楽しい、難しい等の注意点とポイント

  4. 【子どもと季節の手仕事・7月番外編】子どもが作れるトウモロコシの簡単アレンジレシピ2選「トウモロコシのポタージュスープ」と「かき揚げ」

  5. 子どもと7月の手仕事 旬の「ブルーベリーマフィン」のレシピ

  6. 本当に子どもが夢中になる!「プログラミング的思考」が学べるパズルに挑戦

  1. 【世界の子育て:ネパール】2歳からの超早期教育を熱望する理由とは…

    2021.09.22

  2. 【てぃ先生に聞く】0歳で保育園に預けるのはかわいそう!?

    2021.09.22

  3. おすすめ「乳幼児向け図鑑」5選 イラスト満載&100円の超格安も

    2021.09.21

  4. 「飼育方法・飼い方」おすすめ図鑑6選 ペット・動物・昆虫も!

    2021.09.16

  5. 好奇心と自己肯定感を育む! ライフセーバーと体験する海デビュー…

    2021.09.16

  1. 【子育て人生相談】体調不良でないのに学校を休みたがる子供の対処法

  2. チームラボボーダレス 弾む水の天才ケンケンパ

    五感でアート体験! 大人も子どもも夢中になる「チームラボボーダ…

  3. キッズ興奮!「鉱物展」の楽しみ方/角川武蔵野ミュージアム「石は…

  4. うみファームキッチン

    SDGsが学べる! 八景島シーパラダイスに海育がテーマの体験型施設…

  5. 【季節の絵本連載】秋に親子で読みたい絵本

みらいこSNSをフォロー