チームラボの建築集団が保育園を設立! 「幼児期に学ばせたい将来に必要な能力」とは?

多様な個性を認め合える空間

窓や壁などには赤や青、緑、オレンジなどさまざまな色が使われています。色だけでなく流し台など、配置しているものの形もあえてバラバラにしているのが印象的でした。これは「その場所にいるだけで『同じでなくても大丈夫だよ』ということが伝わるような、多様な個性を認め合える空間を目指している」のだとか。

取材時にはトイレも見せてもらいましたが、そこでもさまざまな色が使われていて、トイレが楽しい空間になっていました。トイレそのもののイメージも明るくなりそうです。

チームラボ 保育園 キッズラボ南流山

好奇心を刺激する窓と天窓

窓はすべて出窓になっていて、鮮やかな色がついていることもあって、まるで別世界の入口のよう。これは子どもの好奇心を刺激しそうですね。また、晴れた日は天窓から入ってくる日差しが明るくて心地いいです。自分自身も取材中に、思わず天井を見上げてしまってから「あっ、この天窓の存在も空間認識能力につながっているのか!」と感心しました。

チームラボ 保育園 キッズラボ南流山

シンプルな環境の中で遊びやルールを作るなかで想像力を養う

園庭にはブランコやシーソーのような遊具はなく、小さな山と砂、水遊びができる小さな池があります。シンプルな環境においてみんなで遊びを考え、ルールを作っていくのが狙いです。

初めから遊び方が決まっているものよりも、新しい遊びを生み出していく想像力が養われそうですね。ここでも山や池などに高低差があって空間把握能力を養えるほか、「木登りができる」くらいに成長する木も植えられています。昔は公園などで気軽に木登りができましたが、現在ではできる場所は限られています。将来的な話にはなりますが、子どもにとっては貴重な経験ができる場所になりそうです。

チームラボ 保育園 キッズラボ南流山

キッズラボ南流山には、チームラボが大切にしたい体験が詰まっていた!

「キッズラボ南流山」は、お台場にある地図のないミュージアム「チームラボボーダレス」などのようにデジタル技術を駆使した建物ではありません。しかし、じつは「ボーダレス」との共通点を見出すことができます。「ボーダレス」は、その名の通りそれぞれの作品の境界があいまいなことが特徴のひとつ。「キッズラボ南流山」も外庭と中庭、室内がつながっていて境界があいまいになっています。そのあいまいな空間の中で、それぞれが好きなことをしていくことが個性や多様性を受け入れることにつながっていきます。

また「ボーダレス」内には「チームラボアスレチックス 運動の森」という「身体で世界をとらえ、そして立体的に考える」というコンセプトのフロアがあります。これはまさに「キッズラボ南流山」外庭の砂場と内庭のネット遊具、絵本コーナーなど立体的な遊びを通して「空間認識能力」を高める試みと共通しているといえるでしょう。

「未来へいこーよ」では「キッズラボ南流山」を設計したチームラボアーキテクツの代表・河田将吾さんへのインタビュー記事を掲載しています。「キッズラボ南流山」で身につけさせたい能力についてや、世界を舞台に活躍する河田さんの子ども時代についてもお伺いしていますので、ぜひご覧ください。

チームラボの建築集団が保育園を設立! 「幼児期に学ばせたい将来に必要な能力」とは?(インタビュー前編へ)
河田氏が建築家になるきっかけを作った「何気ない母の言葉」とは?(インタビュー後編へ)

この記事を読んでいる人は「空間認識能力」と「多様性」に関するこんな記事も読んでいます
・【実践レポ】 バルーンアートで立体思考能力や想像力を高めよう!
・好奇心を育み、多様性を体験させる中村元さんの水族館の秘密指令とは
・親の「ちょい足し」で世界が広がる! 子どもの知的好奇心の育み方
・【未来へいこーよ】が育むココロのスキル(非認知能力)について

SHARE ON
Facebook
Twitter
5歳の息子と2歳下の妻と暮らすパパで、息子が成長していくにつれて「育児が最高におもしろい!」と気づいて、某ゲーム雑誌編集部からアクトインディに入社。発達がゆっくりな息子と向き合いながら、毎日笑いの絶えない生活を送る。子育て以外ではゲームとお酒が好き。息子の影響で鉄道にも詳しくなった。

RELATED ARTICLEあなたにおすすめの記事

  1. 【学びの最前線】100年続く最先端アクティブラーニング! シュタイナー教育で伸びる力

  2. レスリング 田南部 家族

    壁にぶつかるから成長できる! レスリング・田南部姉弟の「やりきる力」

  3. サンシャイン水族館

    中村元さんが語る「常識は間違っている」から始まる新しいアイディア

  4. 人気子役・小林優仁くんの「自信の源」 大河ドラマ「青天を衝け」で熱演!

  5. 鈴木あきえさん

    人見知りで自分嫌いだった鈴木あきえさんが変われたワケ【後編】

  6. 世界で広まる「STEAM教育」ニューノーマル時代の真の学力! 「教えない」を貫く小学校の理科の授業事例(埼玉大学STEM教育センター)

  1. 子供と冬(12月・1月・2月)の昆虫採集 カマキリの卵・テントウム…

    2021.11.22

  2. 勅使河原郁恵さん

    元ショートトラックスピードスケート日本代表・勅使川原郁恵さんが…

    2021.11.18

  3. 勅使河原郁恵さん

    「△△のように生きなさい」元ショートトラックスピードスケート日本…

    2021.11.18

  4. 七五三の写真はどこで撮った? うれしかったエピソードも

    2021.11.13

  5. 子どもと11月の手仕事 プルンと美味しい!「みかんゼリー」のレシピ

    2021.11.12

  1. 子どもと11月の手仕事 プルンと美味しい!「みかんゼリー」のレシピ

  2. キッズ興奮!「好き」を見つける展覧会の楽しみ方/君も博士になれ…

  3. 5分でわかる片付け術

    読みながら実践するだけ!子どもが片づけ上手になる方法をマンガで…

  4. ふたりのももたろう 絵本

    名作昔話の「もしも」から共感力と多様性が学べる絵本「ふたりのも…

  5. 【子育て人生相談】子どもが、親が好きになれない職業になりたいと…

みらいこSNSをフォロー