壁にぶつかるから成長できる! レスリング・田南部姉弟の「やりきる力」

みらいのたまご
幼少期に見つけた「好き!」を追求して、ずば抜けた才能を開花させた若者にインタビューする人気企画「みらいのたまご」。その卓越した能力で天才・奇才とも呼ばれる人たちが、どのような幼少期を過ごしてその芽を伸ばしているのか秘密を探ります。

勝つためには努力を積み重ねるしかない

レスリング 田南部魁星

未来:試合で負けたときは、どんなことを感じますか?

(魁星くん)もちろん「悔しい」という気持ちはあるけど、勝ち負けよりも重視するのは内容です。小さな頃は父から怒られるのが怖くて「勝ち」を目指していたけど、勝っても負けても内容がダメだと怒られるんです。

未来:内容がダメというのは、どういうことですか?

(魁星くん)試合で練習の成果が出せるかどうかですね。練習してきたことが実践で活かせないと意味がないと。

未来:たとえ勝てたとしても、練習でやってきたことが試合でできなければ怒られていたんですね。大切なのは、単純に「勝ち負け」ではないと。

(魁星くん)「勝ち負け」だけが大切なわけではないけど、そもそも内容が良ければほとんどの試合は勝てると父は言っていました。やっぱり「試合で勝つための練習」をしているので、その練習の成果を出すことができれば勝てるはずだと。勝つためには、練習を積み重ねるしかないんです。小学生のときにすごく強くて勝てない相手がいたけど、高校になって勝つことができた。練習の成果が後々に活きてくるということが実感できました。反対に全然相手にもしていなかったような選手に負けたりすると、「相手はお前よりたくさん練習していたということ」だと言われます。悔しいですね。

未来:そのときに自分だってこれまでベストを尽くして頑張ってきたのに、というような反発心を持つことはなかったですか?

(魁星くん)それはなかったですね。自分としてはベストを尽くして努力したつもりでも、相手は自分よりもさらに努力していたということなんだと思います

(夢叶さん)私も内容はすごく大切だと思いますが、やはり「勝ち」にこだわるということもすごく大切だと最近思うようになりました。高校生に入って階級が上がり、負けてしまうことも多くなったんです。それまでは1回戦負けでも2位でも同じ(1位じゃないと意味がない)という考えだったんですが、一つひとつの試合で「勝つ」ということも大事だと思うようになりました。内容にこだわるのはもちろん、勝ちにもこだわっていきたいです

未来:レスリングで勝つということは、ご自身にとってどんなことですか?

(夢叶さん)対戦相手がいる競技なので相手との闘いはもちろん、自分との闘いでもあると思います。負けてしまったら相手よりも充実した内容のある練習ができていなかったんだと思うし、自分はもっとできたかもしれないとも思います。ただ、自分が一番力を入れていることなので勝つともちろんうれしいし、父や母が喜んでくれるのがすごくうれしいですね。

未来:その心の強さはどこから来るんだろう。普通ならいくら努力しても無理だと感じることもありそうですが、今までそう思ったことはないですか?

(魁星くん)それを感じるときは、引退するときなんだと思います。これはレスリング以外にも言えることですが、すぐにできるようにならなくてもコツコツ積み重ねていくしかないので、何事もできるだけ放棄しないようにしています。たとえば僕は勉強が得意じゃないけど、苦手なことでも諦めないでやればできるようになると思うので、テストの前に少し勉強を頑張ったりするのもそうだと思います。

未来:レスリングを通して、努力を重ねることで出来なかったことが出来るようになった経験があったからこそ、何事も諦めずに努力する大切さが実感できたんですね。素晴らしいです。

(夢叶さん)やってもやってもうまくいかないときは当然ありますよ。いろんな人から意見を聞きながらとりあえずチャレンジして、それでも無理なときは一度肩の力を抜いてリラックスしたり、ほかのことを考えながらまた再度挑戦したりするなど、気分の切り替えはうまくできるようになってきたと思います。

未来:戦うことが怖いと感じるときはないですか?

(夢叶さん)あります。

未来:それでも戦い続けるのはなぜ?

(夢叶さん)怖いなと思うこともあるけど、勝ったときのうれしい気持ちや達成感の方が大きいから戦うんだと思います。試合にあがるときはもちろん緊張するけど、相手も自分のことを怖いと思っていると思うと「負けられない」と思いますね。

未来:もうレスリングをやめてしまいたいと思ったこともあるんですか?

(夢叶さん)たくさんありますよ(笑)。でもやっぱり、レスリングが好きなので

未来:レスリングの魅力ってどんなところですか? どんなときに楽しいと感じますか?

(魁星くん)練習している技が決まったとき。試合に勝ったとき。フォームを確かめるためにも鏡や撮影した動画を見て練習したりするんですが、自分の身体を見てごつくなったと感じたり、動きが早くなったと感じたり、自分で成長したことを実感できる瞬間が多いのが魅力だと思います。前は勝てなかった相手に勝てるようになったときもうれしいですね。

(夢叶さん)レスリングは引き分けがないので絶対に勝敗が決まるんです。負けるときもあるけど、はっきりと勝負が決まるところが好きです。武器などを持たず、自分の身一つで闘えるというのもレスリングの魅力だと思います

未来:レスリングをやっていない自分って想像できますか?

(夢叶さん)できないです。私は今21歳なので、あと何年レスリングができるかわからないけど…やめたあと何をしたらいいのか、今はまだ正直わからないです。それくらい、私にとってレスリングは生活の一部になっていますね。

次のページ>支えてくれる家族の存在

SHARE ON
Facebook
Twitter
2013年に長女、2015年に長男を出産し、育児に奮闘する日々。家の中にいるのは苦手で、新しい場所やモノが大好きな「THEミーハー」体質。子どもたちにもさまざまな経験をさせるべく、家族のおでかけや遊びの計画をたてるのが日課。趣味は読書、ドライブ、DIY、ヨガ、お酒、シートマスク検証、写真撮影。

RELATED ARTICLEあなたにおすすめの記事

  1. 【インタビュー】諦めない気持ちと親子の絆が起こした「奇跡」-前編-

  2. 「親が子どもをコントロールするのは難しい」と語るおもちゃクリエイターが、我が子にかけた魔法

  3. 幼児期からのSTEAM教育が大人気! インターナショナルスクールの挑戦とは?

  4. Adrián Jiménez Pascual アドリアン ヒメネス パスクアル  ロジカルニュートン マルコ・ポーロの地図 

    子どもの「好き」の育て方!世界的な評価を受けるパズルクリエイターはいかにして生まれたか?

  5. チームラボアーキテクツ 代表 河田将吾氏

    チームラボの建築集団が保育園を設計した理由「建物が教育の装置になる」とは?

  6. 鈴木香里武さん

    岸壁幼魚採集家の鈴木香里武さんが語る「好き」をやり抜くための秘訣

  1. 子供と夏(6月・7月・8月)の昆虫採集 セミ・ハナムグリ・カブトム…

    2022.09.16

  2. キッズ興奮! 印象派絵画の世界に没入体験/イマーシブミュージアム

    2022.09.16

  3. 子どもと9月の手仕事 まん丸でなめらか!「お月見団子」のレシピ

    2022.09.09

  4. 石田製本 booco

    3~5歳の幼児期に「初めてのノート」をプレゼントしよう!文房具プ…

    2022.09.06

  5. マクドナルド 化石発掘

    「ほんのハッピーセット」とのコラボ企画!オンライン化石発掘イベ…

    2022.08.31

  1. 【季節の絵本連載】ハロウィンに読みたい絵本

  2. 子どもと10月の手仕事 ハロウィンにつくりたい簡単「かぼちゃプリ…

  3. 子供と秋(9月・10月・11月)の昆虫採集 バッタ・カマキリ・トン…

みらいこSNSをフォロー