【おもちゃ会社&クリエイターに聞く】子どもと大人が対等に遊べるおもちゃ&ゲームは?

K:では、「しょぼい」と言われた僕が最初でいいですね? 出しますよ?

高&は:はーーーい!

K:「今日着ていく服がわかる能力」です。

ito

ゲームのデザインとイラストは、イラストレーターの326さんが担当。イラストがかわいいのも魅力です。

は:結構高めですね。

高:ああぁああああ~。僕の「一生、誤植しない能力」はこれでした。

ito

高橋さんの「一生、誤植しない能力」は28! 残念ながらクリアならず…。

高:あぁ……ごめんなさい。

K:数字としては近いところでしたね。数字が近いところはホントに順番が難しいんです。そこがおもしろいところでもあります。

は:ちなみに私の「絶対遅刻しない能力」はこれでした。

ito

高:わー、高いですね。これなら「1分間時間を戻せる」とかでもよかったかも。

K:失敗はしちゃいましたが、普段はなかなかしないトークテーマで、これだけ盛り上がれるのはいいですよね。

は:相手が「こういうことを考えてるんだ」とわかるのもいいですね。

高:まず「やってみよう」と言ってやれるゲームというのは強いですね

K:楽しんでいただけたようでよかったです。販売しているアークライトの公式動画で、遊んでいる様子も見られるので気になった方はこちらも見て欲しいです。

タイミングと駆け引きが勝負の決め手になる「スリルボム」

K:次は、はずるさんお願いします!

は:私が「子どもと大人が対等に遊べる」と思うおもちゃは、弊社ハナヤマから最近発売されました「スリルボム」です。

スリルボム

子どもと大人が対等に遊べるおもちゃ その2「スリルボム(発売元:株式会社ハナヤマ)」
対象年齢:6歳以上 遊べる人数:2~4人 プレイ時間:10分~
〇「子どもと大人が対等に遊べる」ポイント
・ルールがシンプルで子どもにもわかりやすい
・タイミング勝負なので大人も夢中になる駆け引きのおもしろさがある
・1回の勝負が短めなので、集中力が続かない子どもにもおすすめ
・ボムボールを見えなくするなど、ルールのアレンジもしやすい
・1回ごとの勝負で勝てただけでも十分楽しい
〇子どもと遊ぶときに気をつけるポイント
・相手を待ちすぎると大きなマイナス点になる場合があることを教える
・タイミングが早すぎてもポイントが少ないことを教える
・5回勝負など短時間で勝負がつくルールを提案する

高:これは、昔発売されていたもののリメイク作ですよね。

は:そうなんです。今では大人になった人が懐かしさで遊んでくれたり、もちろん今の子どもが遊んでもおもしろいおもちゃです。

K:Twitterなどでも紹介されていて、遊んでみたいと思っていたんですよね~。どういうおもちゃなんですか?

スリルボム

は:この赤いパーツの上にボムボール(爆弾のイラストが描かれた黒いボール)を落として、ボムボールよりも先に自分のボールを落とす、というのが基本的なルールです。

K:シンプルなので子どもでもすぐに覚えられるルールですね。

は:ボムボールはココ(上の写真参照)で止まるので、それよりも遅いとマイナス。一番得点が大きいのが「ボムボールよりも早く自分のボールを入れた人のなかで、一番あとに入れた人」になります。

K:ボムボールが落ちるタイミングを見極めつつ、相手よりも遅くボールを出すことがカギですね。でも、遅くしすぎるとボムボールよりも遅くなっちゃうという。

は:1回やるごとに点数を増減していってトータルで+10になったら勝ち、というルールです。これは4人いると一番盛り上がるので弊社の社員を一人呼んできます。

ハナヤマ社員Aさん(以下、A):よろしくお願いします~!

は:とりあえずやってみましょう。読者の方は、この動画を見るとイメージをつかみやすいかと思います。

「スリルボム」を購入する(HANAYAMA)

は:いきますよ!(ボムボールを投入)

高:ボムボールが赤いすり鉢状のトレイを結構長く回っていますね。

スリルボム

ボムボールは意外に長く回っているので、タイミングがつかみにくい。穴の入口まできてもしばらく落ちないこともあって、そこを見極めるのがおもしろい。

K:ボムボールがいつ落ちるか予測するのが難しい…。ここかな!(一同ボールを発射)

スリルボム

ボールの色は赤がはずるさん、黄色がKAZ、青がAさん、緑が高橋さん。はずるさんお見事!

は:うまいこといきましたね。

K:相手がボールを出すまで待つか、自分のタイミングで行くか、駆け引きが重要なんですね。簡単だけど奥が深い!

は:タイミングを見てボールを出すだけなので、小さなお子さんでも一緒に楽しめると思います。

K:読みや駆け引きが必要ですけど、これは大人も見極めるのが難しいから、子どもも対等に遊べるおもちゃですね

は:1回やるのにだいたい1分前後で終わるのも、ついつい何回もやってしまう魅力のひとつです。

(しばらく遊んだあと)

K:よーーし! +3! はっ…!? ハナヤマさんの会社にいることを忘れて、すっかりはしゃいでしまいました…。

は:わかります(笑)。+3取れるとすごくうれしいですよね。

は:遊び方はいろいろ工夫できるんですけど、こういうのもあります。

スリムボム

ボムボールを入れたら株式会社ハナヤマのパンフレットを乗せるだけ。

K:これは…悪魔的アイデア!

A:ボムボールが落ちるタイミングがわかりにくい…。

…カタン(ボムボールが落ちる音)

一同:あっ…!(あわてて自分のボールを出す)

スリルボム

ボムボールが先に落ちてしまい、全員マイナスに…。

高:ああぁ、僕+8までいっていたのに、今ので-3で5になってしまった…。

は:点数のアップダウンでなかなか勝負がつかないときは、時間で区切るのもひとつのアイデアです。

K:では、あと5分くらいで。

高:なんとか+10にいきたい!

(そして最後の1回で高橋さんが見事+10になって勝利!)

高:やったー! すごい達成感!

K:くやしい~! けれど、1回1回の勝負で勝った体験があるので、それほど「負けた」って感じがないのもいいですね。

次のページ>「色カードでお題を作って当てるゲーム」

SHARE ON
Facebook
Twitter
6歳の息子と2歳下の妻と暮らすパパで、息子が成長していくにつれて「育児が最高におもしろい!」と気づいて、某ゲーム雑誌編集部からアクトインディに入社。発達がゆっくりな息子と向き合いながら、毎日笑いの絶えない生活を送る。子育て以外ではゲームとお酒が好き。息子の影響で鉄道にも詳しくなった。

RELATED ARTICLEあなたにおすすめの記事

  1. キッズ興奮! アートによる社会批判とは何か?を感じよう/バンクシー展 天才か反逆者か

  2. ひらめきのタネを刺激! 1才から遊べる「ニューブロック」に新作登場

  3. 本当に子どもが夢中になる!「プログラミング的思考」が学べるパズルに挑戦

  4. 5分でわかる片付け術

    読みながら実践するだけ!子どもが片づけ上手になる方法をマンガで解説

  5. 【子どもと季節の手仕事・7月番外編】子どもが作れるトウモロコシの簡単アレンジレシピ2選「トウモロコシのポタージュスープ」と「かき揚げ」

  6. トマトと塩で作る 子どもと5月の手仕事「フレッシュトマトソース」のレシピとポイント

  1. 鈴木香里武さん

    岸壁幼魚採集家・鈴木香里武さんが語る「好きなことに夢中になって…

    2022.01.28

  2. 鈴木香里武さん

    岸壁幼魚採集家の鈴木香里武さんが語る「好き」をやり抜くための秘訣

    2022.01.28

  3. 子どものスキー・スノボデビューは何歳から? アンケート結果を紹…

    2022.01.27

  4. キッズ興奮! アートによる社会批判とは何か?を感じよう/バンク…

    2022.01.24

  5. 【おうちで体を動かそう】第1回:ジャンプでエクササイズ

    2022.01.22

  1. 子供と冬(12月・1月・2月)の昆虫採集 カマキリの卵・テントウム…

  2. 子どもと1月の手仕事 楽しく作ろう「五平餅」のレシピ

  3. 【おもちゃ会社&クリエイターに聞く】子どもと大人が対等に遊べる…

  4. 魚の目図鑑

    まるで宝石や宇宙!?魚の新たな魅力が見つかる「魚の目図鑑」

  5. 【子育て人生相談】SNSで知らない人と交流していた娘にどう対応?

みらいこSNSをフォロー