こんな場所なら行ってみたい!地面の下の“ひみつのまち”|「もぐらバス」

不朽の名作から最新作まで、子どもたちの「ココロのスキル」をはぐくむ絵本を紹介するコラム。NHK教育の人気番組でおなじみのイラストがうれしい『もぐらバス』をご紹介。ほっこり癒されるストーリーと細部にこだわったイラストにもご注目!

みどころ

「もぐらバス」が走るのは、「もぐらけんせつ」が地面の下に作った町。マーケットに学校、病院まで暮らしに必要なものは一通りそろい、それぞれの施設をもぐらバスがつなぐ。とても住みやすそうな町だ。

私がこの町を気に入っている理由は、住人たちがとにかくのんびりしているから。もぐらバスが急ブレーキで停車し、その原因が大きなたけのこだと分かった時、バスのおきゃくさんは口々にこう言う。

「たけのこじゃ しかたない」
「たけのこじゃ しかたない」

そうしてたけのこを掘り起こす作業にかかった時間は、なんと1時間。その間バスに乗ってじっと待っていたおきゃくさんは怒るどころか、たけのこが無事抜けたと聞いてニコニコとうれしそう。

「こんなにのんびりした優しい世界が地面の下にあるかもしれない」と想像するだけで、肩の力がふっと抜けていく気がする。

考えてみれば、近頃は“どれだけ早いか”を求めすぎる。車や電車での最短経路やオンラインショッピングでの最短配送など、かかる時間が短いことの価値が高いとされているけれど、本当にそうだろうか? 少しあまのじゃくなところのある私は、たまにその流れに逆らってわざと時間がかかる方法を選んでみたりする。

例えば、出勤の前にする「朝の散歩」。会社までの所要時間は最短経路で行けば約1時間なのだけれど、余裕がある日はいつもより20分早く家を出て、会社の最寄りのひと駅手前で降り、朝の散歩を楽しむ。普段通らない道を歩くと素敵なお店を見つけたり、便利な抜け道を知れたりといろんな発見があるものだ。ゆったりした気持ちで一日が始まるので、なんだか気分もいい。

大人も子供も忙しい毎日を送る今。『もぐらバス』は、そんな私たちをひと休みさせてくれるような絵本。いつか私も、もぐらバスが走る町に行ってみたいなあ。

あらすじ(出版社Webサイトより)

ものおきのした 1ちょうめ、だれかんちのにわ3ちょうめ、こんなバス停見たことないですよね。地面の下の住人たちの小さなお話!

書名:もぐらバス
作:佐藤雅彦、うちのますみ
絵:ふりや なな
出版社:偕成社
発行日:2010年4月
ISBN:9784033318103
サイズ:19cm×26cm
ページ数:32ページ

「もぐらバス」を購入(Amazonへリンクします)

SHARE ON
Facebook
Twitter
週5フルタイムで貿易事務として働くかたわら副業でライティングや韓国語翻訳にも精を出す日々。遠距離恋愛中。一見落ち着いたふうを装っているが実はかなりせっかち。趣味は韓国ドラマ鑑賞、散歩、ドラム、本屋をぶらぶらすること、ラジオを聴くこと。一番好きなお菓子は「アポロ」。

RELATED ARTICLEあなたにおすすめの記事

  1. 発達障害の息子を見守って気づいた「手をつなぐ」ことの成長

  2. お年玉は派手に使え! 小学生の子どもからお金を預からない理由

  3. 面倒な家事をラクにする「魔法の箱」をDIY! 子どもを伸ばす効果も

  4. 子どもを育てるのは親だけじゃない! 自己肯定感を育む「思いやり」の力

  5. 発達障害の5歳児とスタンプラリーに挑戦! 本人の意識を変えた方法とは?

  6. 乳幼児と行って本当によかった! 「箱根」の遊んで学べるスポット6選

  1. 子供が夢中になるおすすめ恐竜図鑑5選 何度も楽しめる人気作!

    2021.06.21

  2. 年齢別おすすめ絵本【3歳編】親子で一緒に音読を楽しむ絵本

    2021.06.19

  3. 親の「褒め方」で子供は変わる! 年齢別のコツ&正しい叱り方も

    2021.06.18

  4. 図鑑博士が教える幼児から小学生向けおすすめ「動物図鑑」5選

    2021.06.18

  5. 子どもを片付け上手にするテクニックや声かけとは?

    2021.06.17

  1. 幼児や小学生が残酷な行動をするのはなぜ? 理由&親のとらえ方も…

  2. 子どもが泳げるようになる方法! 水嫌い克服や教え方も伝授!

  3. 新じゃがで絶品!子どもと6月の手仕事「芋もち」のレシピとポイント

  4. 本山勝寛 好奇心

    自ら学び続ける子どもになる! 社会を生き抜く「非認知能力」の育…

  5. OQTA スマホ 鳩時計

    スマホで「想いを送る」鳩時計は親子関係にどんな影響を与えた?

みらいこSNSをフォロー