子供が楽しめる「お絵かき」のコツ! 上達する教え方&褒め方も

自宅で時間がたっぷりある今、親子でお絵かきするいい機会ですよね。とはいえ、何をどう教えたら、子供が上手になるのか知りたい親も多いはず。そこで、教え方や上達のコツ、大人にも人気の「にじみ絵」も詳しく紹介します。

子供の「お絵かき」どう教える?

ベストセラー知育本『1日10分でえがじょうずにかけるほんシリーズ』の著者に、子供がお絵かきを上達するための上手な教え方や方法を教えてもらっています。「絵が得意な子」と「絵が苦手な子」の違いも紹介されていて、大人にも共通するとのことです。反復練習や観察力の重要性のほか、上手に書けようになるための基礎を3つのステップにわけて解説しています。自粛期間中に何度も基礎繰り返すことで、子供が上手になりそうですね。

プロが教えるお絵かきがうまくなる方法はこちら

上手くなるコツや親のサポート術!

物の形を捉えて描けるようになるのは、早くても5歳ぐらいで、それより低年齢では、うまく描くことを意識する必要はないそうです。ここでは、上手に描く練習として、実際に物を置いてスケッチすることを薦めていて、スケッチのコツや注意点も紹介しています。絵を積極的に褒めることも重要で、子供が描くことを好きになるが一番の上達法なんだそうです。

子どものお絵かきを上達させるコツははこちら

子供も大人も楽しめる「にじみ絵」

ここでは、濡れた画用紙に水で溶かした絵の具で描く「にじみ絵」を紹介しています。子供の感性を楽しく育む効果も期待でき、色彩感覚を養うのにも役立つそうです。「教育は芸術的に行われるべき」というシュタイナー教育に取り入れられている絵画教育法で、心と身体を伸びやかに発達させるのに最適な方法でもあるそうです。絵画の経験がなくても誰でも楽しめるので、大人にもおすすめですよ。

子どもの感性を育む「にじみ絵」はこちら

絵のベストな褒め方を年齢別で紹介!

子供が描いた絵を見て、間違った部分を指摘するのは、子供のやる気を削ぐだけでなく、自由な想像力が限定されてしうこともあるそうです。そこで、「お絵かき」のベストな褒め方を年齢別で紹介しています。色の関係性を覚えさせるのに有効な「造形遊び」の実験も詳しく解説しています。かき氷のシロップでできるので、ぜひチャレンジしてみてください!

乳幼児の想像力UPに繋がる「お絵かき」はこちら

親子で楽しめるお絵かきは、自宅で簡単にできるので何度でも楽しめますね。親も子供も一緒に上達してみましょう。

SHARE ON
Facebook
Twitter

RELATED ARTICLEあなたにおすすめの記事

  1. 専門家に聞く「男の子の育て方」 成長のカギ&効果的な叱り方も

  2. 「認定こども園」って何? 保育園・幼稚園との違い&特徴も紹介

  3. 100均材料で簡単にできる!親子で楽しむ手作りクリスマス飾り

  4. 子供のワガママはどこから? 「我慢する力」を育むトレーニング

  5. 乳幼児や小学生がいるママパパ必見! 失敗しない「子連れ引越し」法

  6. 親に褒められた子どもの共通点とは? 子どもを伸ばす褒め方のコツも

  1. 【2021】夏休みにチャレンジしたい子ども向け「コンテスト」12選

    2021.07.30

  2. おねしょを卒業するまでの子どもの気持ちに寄り添う対処法

    2021.07.29

  3. 【てぃ先生連載】お友だちを叩いちゃうクセ、どう直す?

    2021.07.28

  4. 読書感想文の書き方のコツと親ができるサポートは?

    2021.07.27

  5. 夏バテ解消!食欲がないときの簡単レシピ【親子料理連載】

    2021.07.26

  1. 子どもと7月の手仕事 旬の「ブルーベリーマフィン」のレシピ

  2. 夏休み 自由研究

    夏休みの自由研究に! お役立ち情報サイトまとめ【2021】

  3. 埼玉県飯能市 四季冒険部 川釣り体験

    小学生が自分が作った竿で魚釣り! 食育にもつながるイベント体験…

  4. 子どもの夢応援企画 サッカー選手・石川直宏さんインタビュー

  5. 【2021】夏休みにチャレンジしたい子ども向け「コンテスト」12選

みらいこSNSをフォロー