お泊まり保育は自立心を育む絶好の機会!事前フォローで子どもの不安を解消

幼稚園でのお泊まり保育や、帰省、家族旅行など、夏は子どもが自宅以外で眠る機会が増える時期。「1人でちゃんと寝られるかな?」と不安になるママも多いのでは?そこで、シチュエーション別に親ができるサポート法を、専門家に聞いてみました。

「ここは安全?」見知らぬ場所への本能的な不安


そもそも、自宅以外の場所で寝るとき、子どもはどんなことに不安を覚えるのでしょうか。

「その場所で寝た経験がなかったり、慣れていないときは、安全な場所かどうかがわからないため、本能的に不安を感じることがあります。」

そう話すのは、横浜市の認定こども園エクレス(保育園)の施設長である松原美里さん。眠るというのは本来、生き物としてとても無防備な行為。だからこそ、ここは寝ても安全な場所だという確認ができていないと、子どもは安心して眠れないのだといいます。

「初めての場所や体験を喜んで受け入れる子もいる一方で、人見知りがあるように、“場所”に慣れるまで、場所見知りをする子もいます。“ここは安全な場所である”と認識するには、その場所に危険がないという確認の積み重ねが必要。慣れるまでの時間がどのくらいかかるかは、子どもによって違いますが、普段から新しい場所で緊張しがちな子どもは、お泊まりのときにはより配慮が必要です。」

お泊まり保育:事前フォローで「予想外の不安」を減らす


では、いつも通っている幼稚園など、慣れ親しんだ場所でのお泊まりなら、不安に感じることはないのでしょうか?

「例えば、外が暗くなってきたり、肝試しをして遊ぶなど“いつもと違う”取り組みや気配に気が付くと、見慣れた場所であってもたちまち不安になる子どももいます」と松原さん。お友達と元気に遊んでいるときは気づかないけれど、そうしたきっかけでふと我にかえり「お母さんがいない!」と泣き出す子もいるそうです。

「夜の園は、子どもにとっては未知の世界。安全に過ごせるかどうか、これから何が起こるのか、経験がないから想像できないのです。すると、心細い気持ちになってくることがあるのです。」

でも、できるなら、お泊まり保育を楽しんでほしい!
ママがサポートできることはないのでしょうか。

事前に、お泊まり保育での1日の流れを、子どもに教えておいてあげてほしいですね。『○時になったらごはんがでるよ、みんなでいっしょに食べるんだよ』、『お友達とお布団を並べて寝るんだよ』、など、子どもが想像できるように具体的なイメージをふくらませるのがコツです。『ごはん、何かな?』『お友達とどんなお話ししようか?』など、期待を膨らませてあげるのも効果的ですよ。」

お泊まりでどういうことをするのか事前に教えれば、子どもは心の準備ができます。そうすることで、当日子どもが感じる「予想外の不安」を減らしてあげられるのですね。

旅行先:ママとのコミュニケーションで安心を増やして

帰省や家族旅行など、ママもいっしょに泊まる場合は、不安は少なくなるのでしょうか。

「知らない、慣れていない場所に対する不安がある子もいます。不安を解消するために、ホテルや実家のいろんな部屋の扉を開けてみるなど、落ち着かない行動をとることも。ママの手を引っ張る時には、いっしょに探検してあげてください。」

「ここは何もないね」「ここはトイレだよ」とママといっしょに確認していくことで安心が増え、子どもは少しずついろんな場所の“安全”を認識していくのだとか。

さらに、いつも以上にスキンシップをとってあげることも、子どもの不安解消につながると松原さんは言います。

「安心できるママのそばにいることで、子どもの気持ちは落ち着きます。不安そうにしていたら『ママがそばにいるよ』とやさしく声をかけ、寄り添ってあげてください。」

さらに、無事にお泊まりが終わったあとも、大切なフォローが。

「『知らない場所なのにちゃんと寝れたね』『おにいさん(おねえさん)だったね』『素敵だったね』と、子どものがんばりを認め、気持ちを受け止めてほしいのです。慣れない場所で眠るということは、子どもにとって大きなチャレンジ。達成感や自信につながるように、 “お泊まり”という冒険から立派に帰ってきた勇者を、たたえてあげてくださいね。」

認められると、チャレンジが成功体験に変わると松原さん。
家族での旅行をどんどん楽しんでいけるように、たくさん認めて、自信を持たせてあげたいですね。

お話を聞いたのは…
松原美里さん
保育・育児アドバイザー。コーチングや心理学をベースとした保育士向けのコミュニケーション講座を定期的に開催。元All About「育児の基礎知識」ガイドとして78本の記事を執筆している。横浜市の認定こども園エクレス 保育園部の施設長。
保育士・子育て中の悩みに心理学&コーチングアドバイス!~保育・育児コミュニケーション

ライター紹介
近藤 浩己
1974年生まれ。ライターズオフィス「おふぃす・ともとも」のライター。トラック運転手からネイルアーティストまでさまざまな職を経験。しかし幼い頃から夢だった「書くことを仕事にしたい!」という思いが捨てきれずライターに。美容・ファッション系ライティングが得意だが、野球と柔道も好き。一児の母。

※2015年7月にいこーよで公開された記事の再掲です。

この記事を読んでいる人は「好奇心」に関するこんな記事も読んでいます
【てぃ先生に聞く】幼稚園・保育園は休ませてもいいの?
保育園育ちと幼稚園育ちで、成長に違いは出るの?
子どもを育てるのは親だけじゃない! 自己肯定感を育む「思いやり」の力
【未来へいこーよ】が育むココロのスキル(非認知能力)について

SHARE ON
Facebook
Twitter
みらいこ編集部が子育てに関する記事を紹介します。

RELATED ARTICLEあなたにおすすめの記事

  1. お家で遊ぼう!おでかけ施設がSNSで発信!遊びながら学べるコンテンツも!

  2. 読み聞かせにも! 1歳児から小学生向けのおすすめ「犬&猫図鑑」5選

  3. 小学生におすすめの室内遊び! 親子で工作・ピタゴラ・アートも

  4. 兄弟姉妹の出生順で子どもの性格は決まるって本当!?

  5. 親子初めての潮干狩りでも安心! 持ち物&採り方&楽しみ方紹介

  6. おうちで楽しく学べる「ひらがな」 読み書き&教え方のコツも!

  1. 子どもと8月の手仕事 夏を元気に!「夏野菜の肉づめ」のレシピ

    2022.08.10

  2. 宇宙ってそういうことだったのか!図鑑

    「太陽は燃えていない」など大人も知らなかった宇宙の不思議が楽し…

    2022.08.09

  3. キッター

    安心設計で簡単!子どもが楽しく工作できる「キッター」【子育て文…

    2022.08.05

  4. お泊まり保育は自立心を育む絶好の機会!事前フォローで子どもの不…

    2022.07.25

  5. 幼魚水族館

    「小さな体に詰まった壮大なロマンを感じて欲しい」館長・鈴木香里…

    2022.07.20

  1. 子どもと8月の手仕事 夏を元気に!「夏野菜の肉づめ」のレシピ

  2. おすすめ「小学生向け図鑑」5選 定番・クイズ・自由研究向けも

  3. 【サイエンスクッキング1】塩で「瞬間シャーベットショー」のレシピ…

  4. 透明クレヨン はみだしてもいいぬりえ

    子どもがはみだして塗っても気にならない!大人も癒されるクレヨン…

  5. 自由研究が1時間で完了「紙すき」の方法 編集部でやってみた

みらいこSNSをフォロー