材料2つだけ! 子どもと9月の手仕事「スイートポテト」のレシピとポイント

子どもと一緒に取り組む季節の「手仕事」は、親が子どもへ伝える「生きる力と知恵」であり、生きた時間そのものです。

このコーナーでは、とれたての旬のものや地元食材を使った「農」と「脳」がよろこぶメニューが人気の「のうカフェ」オーナー・小林由紀子さんことユッキーさんが、季節のものを食卓に並べたいママパパのために、「季節の手仕事」のレシピやコツを紹介します。

9月に挑戦したい手仕事...「シンプルなスイートポテト」

9月の手仕事としてユッキーさんが紹介してくれるのはサツマイモと生クリームの2つだけを使った「シンプルなスイートポテト

「材料が少なく、芋に火を通しておけば、親子で20分ほどでできる簡単なおやつです。選ぶ芋によっては、芋の甘味で砂糖をまったく使わずに作れるのもうれしいポイントです」

【シンプルなスイートポテトの材料と用意するもの】
・サツマイモ 
中1本・300g前後
・生クリーム 
大さじ2~4
※サツマイモの甘さやお好みに合わせて砂糖大さじ1程度を追加しても

「シンプルなスイートポテト」の作り方1. サツマイモを手に入れよう

写真上「べにはるか」写真下「べにあずま

「秋になるとスーパーや八百屋さんの店頭にはいろいろな種類のサツマイモが並びます。サツマイモは、種類や収穫してからの日数、収穫の時期により甘味や色、扱いやすさに大きな違いがあります。スイートポテトのようなシンプルな料理は、サツマイモの種類による味わいの違いを食べ比べるのにぴったりです」

幼稚園や保育園などでは秋になると芋ほり遠足が行われ、農園でも芋ほり体験が人気になります。自分で獲ったサツマイモで作るスイートポテト作りは、親子の良い思い出になりますね。

「サツマイモ堀り」体験ができるスポット

【子ども(幼児)とやってみよう~サツマイモの種類を知ろう
「今回料理したのは、ホクホクした栗のような食感と黄色が鮮やかな『べにあずま』と、しっとりとして少し灰色がかかった黄色の『べにはるか』です。どちらも関東圏のスーパーでよく見られる種類で、最近はさらに糖度や粘度が高い『安納芋』や、茨城県や福島県などで作られている『シルクスイート』などもよく見られるようになりました」

次のページへ>甘く美味しい焼き芋にする方法

SHARE ON
Facebook
Twitter
出版社、教材編集を経て2013年に「いこーよ」へ。小学生の女の子2人のママ。大学院、モンテッソーリ教育教師、華道、ダイビング資格有。ライフテーマは幼児教育から小学校、中学校、高校、大学、社会人へとどのように学びをつなげていくか。特に幼児教育から中学受験への連携に日々奮闘中。

RELATED ARTICLEあなたにおすすめの記事

  1. 子育ての「まさか!」を楽しめるようになるコツとは? 育児の悩みが軽くなるワークショップレポート

  2. 干し野菜を作ろう! 子どもと1月の手仕事「切り干し大根」のレシピとポイント

  3. プレゼント企画「〇日目の君へ」 心温まるメッセージを一部紹介

  4. オタク偉人伝

    偉人はすべてオタクだった!子どもの「好き」を応援したくなる本

  5. 魔法を科学で再現! 小中学生の理系脳が育つ科学実験図鑑

  6. 小・中学生が思わず「あるある」とハマる「ことわざ」本

  1. こども文房具2022

    小学校低学年必見!子どもの豊かな感性を育み自立を助ける文房具が…

    2022.06.23

  2. 子どもと6月の手仕事 材料3つで作る「水無月(みなづき)」のレシ…

    2022.06.23

  3. NuRIEbook

    学研の図鑑とのコラボで好奇心が育つ!みんなで遊んで学べる塗り絵…

    2022.06.20

  4. 【子育て人生相談】「自分は学校で優秀」と家で話を盛る子ども。何…

    2022.06.15

  5. 【季節の絵本連載】雨の日に読みたい絵本

    2022.06.06

  1. 透明クレヨン はみだしてもいいぬりえ

    子どもがはみだして塗っても気にならない!大人も癒されるクレヨン…

  2. 子どもと楽しむ6月の「手仕事」初心者ママパパのための「梅シロップ…

  3. 【季節の絵本連載】雨の日に読みたい絵本

  4. 絵本で子どもの非認知能力を伸ばそう! おすすめの絵本と読み方を…

みらいこSNSをフォロー