遊びながら元素記号をマスター! 化学バトル知育ゲームを8歳と13歳が実践

8歳と13歳の年代の違うきょうだいが実際にプレイ!

「アトムモンスターズ」が実際に遊ぶと子どもはどんな反応を示すのか? 8歳の女の子と13歳の男の子がいるご家庭で実際に遊んでもらいました!

「ゲームをしながら自然と分子の組み合わせを学べる」8歳の女の子

子どもが元素についての知識はほとんどないため、最初は「決まった組み合わせを作る神経衰弱」のようなゲームとして遊びました。まずは実際にやりながら「Oは酸素で、Hが水素だよ。酸素が1つ、水素2つで水という化合物になるんだよ」と説明。

そのうちに、水素のカードをめくると「もう一つの水素はここ、酸素はさっきがここにあったはず」と「水」を作ってみたり、カードをめくって水素と炭素が出てきたら、ほかに何をめくったら化合物ができるのかを「化合物カード」を見て考えたりと、自然と分子の組み合わせについて学んでいたのが印象的でした。

8歳では、4つ以上の分子の組み合わせを作るのは難しかったので、組み合わせを大人がアドバイスしたり、「誰かが1回作った組み合わせを8歳児のみ作ってもOK」とルールを少しアレンジしたりと遊び方を工夫しました。

実際の重さ=点数になっているので、勝つためには「鉄」のような重い原子で化合物を作るか、より多くの原子を組み合わせて化合物を作ることが必要となり、ゲームをしながら感覚的に原子の重さを覚えられるのもいいと思いました。また、酸素は燃えていたり、鉄は鉄の兜のようになっていたりと、イラストと元素をイメージできるような絵で描かれているのもわかりやすかったようです。

「このゲームをすると習ったことがよくわかる!」13歳の男の子

ダイヤモンド(C×5)達成の瞬間!

元素と分子のことを理解しているので、原子カード、分子カードに書かれている説明を読みながら楽しんでいました。「神経衰弱ルール」では、記憶力をフル回転してよりたくさんのカードをめくり、酢酸(CH3COOH)やダイヤモンド(ゲーム上ではCが5個)のような複雑な化合物を作ることに夢中になっていました。

13歳の息子と遊ぶときは分子のカードを場に1枚だけ用意して、「1回誰かが作った分子の組み合わせは再度選べない」ようにしたところ、対戦がより盛り上がりました。

本人は「カードに描かれた絵に、いろいろな情報が表現されている」ことに感動していました。例えば、化合物の体にどの原子でできているかが描かれており、元素の周りに最外殻電子の個数の玉が回っている、何個の電子と結合できるかが元素の手の数で描かれている(ヘリウムはちゃんと手がなかった!)などです。

また、化合物のカードの背景に、その化合物の性質が絵で描かれている(一酸化炭素は火災現場、炭酸はコーラ、一酸化窒素は公害など)のも凝っていると感じたようです。本人は「このゲームをすると、習ったことがよくわかる! でも、ゲームを一回やるとだいたいわかってしまうので、もっといろいろな組み合わせを作りたい」と言っていました

拡張パックも発売!

紹介した「アトムモンスターズ」は基本パックで、現在「アトモンプラスグリーン拡張パック」も発売中です。拡張パックには塩素をはじめナトリウム、硫黄、アルミニウム、銅、マグネシウム、ネオンの原子が追加。分子は塩化水素や炭酸ナトリウムなど中学で覚える化合物が44種類追加されています。まずは基本パックで遊んでみて、物足りなくなってきたらぜひ拡張パックでバトルと学習の幅を広げてみてください。

アトモン基本パック 遊びながら元素記号を学習できる化学バトル知育ゲーム!
本体2,000円
購入はこちら(Amazon)

SHARE ON
Facebook
Twitter
6歳の息子と2歳下の妻と暮らすパパで、息子が成長していくにつれて「育児が最高におもしろい!」と気づいて、某ゲーム雑誌編集部からアクトインディに入社。発達がゆっくりな息子と向き合いながら、毎日笑いの絶えない生活を送る。子育て以外ではゲームとお酒が好き。息子の影響で鉄道にも詳しくなった。

RELATED ARTICLEあなたにおすすめの記事

  1. 小学生のための物語創作ワークブック

    自分オリジナルの物語を創作する力が身につく!小学生向けワークブック

  2. 遊びで非認知能力が育つ! 3~6歳向けあそび図鑑

  3. 新米で作ろう! 子どもと11月の手仕事「梅・昆布・チーズ・鮭・味噌のおにぎり」レシピとポイント

  4. 【収穫体験・参加者募集】レンコン堀り放題&レンコンチップス作り! 「のうカフェ」のお弁当付き

  5. 子どもに贈るメッセージ「◯日目の君へ」受賞作品発表!【 第2弾】

  6. 子どもの自己肯定感が高まるほめ方・叱り方の新常識100

    「叱るより褒めるほうが難しい」大人は約6割! 自己肯定感が高まる「ほめ方・叱り方」とは?

  1. こども文房具2022

    小学校低学年必見!子どもの豊かな感性を育み自立を助ける文房具が…

    2022.06.23

  2. 子どもと6月の手仕事 材料3つで作る「水無月(みなづき)」のレシ…

    2022.06.23

  3. NuRIEbook

    学研の図鑑とのコラボで好奇心が育つ!みんなで遊んで学べる塗り絵…

    2022.06.20

  4. 【子育て人生相談】「自分は学校で優秀」と家で話を盛る子ども。何…

    2022.06.15

  5. 【季節の絵本連載】雨の日に読みたい絵本

    2022.06.06

  1. 透明クレヨン はみだしてもいいぬりえ

    子どもがはみだして塗っても気にならない!大人も癒されるクレヨン…

  2. 絵本で子どもの非認知能力を伸ばそう! おすすめの絵本と読み方を…

  3. 子どもと楽しむ6月の「手仕事」初心者ママパパのための「梅シロップ…

  4. 【季節の絵本連載】雨の日に読みたい絵本

みらいこSNSをフォロー