縄跳びが飛べない?上手に飛べるコツは着地時にあった!年長~小学生

実は縄跳びって、さまざまなスポーツの基礎となる動きを学べる運動です。でも、前とびが上手にできなくて、縄跳びが苦手になってしまう子どもも。そこで、子どもになわとびのコツをつかませる「上手な教え方」をレクチャーします。

なぜ縄跳びを上手に飛べないの?

前とびは、コツをつかめば誰でも上手にできるようになります。まず、気をつけて見てあげたいのは「着地時の足下」

バラバラに足が着地すると、縄にひっかかってしまいます。まずは“両足ジャンプ”ができているかどうか、足下を見てあげてください

そう話すのは、世界中に多くのファンを持つサーカス団「シルク・ドゥ・ソレイユ」で、縄跳びアーティストとして活躍する粕尾(かすお)将一さん。

両足ジャンプは、親がお手本を見せてあげると、理解できる子が多いですね。中でも、向かい合って、手をつないでジャンプする“手つなぎジャンプ”は、リズムが伝わりやすくて効果絶大です」。

前とびを成功させるための準備

準備1:縄を自分で回しながら跳ぶ感覚を身につける

縄跳びは、自然法則に反した動きなのだそうです。本来なら腕を振り上げ、その勢いでジャンプするところを、縄を回すために腕を振り下ろすからです。

「この動きをマスターするために、ジャンプしながら手を叩く練習をしてみましょう。リズムは気にしなくて大丈夫。腕の勢いとジャンプが切り離されて、縄を自分で回しながら跳ぶ感覚を学べます」

これで、なわとびに必要なジャンプの基礎はバッチリです!

準備2:向かって来る縄を飛び越える練習をする

「次は向かってくる縄を跳び越える練習です。最初は、地面に置いた縄跳びをジャンプで越えるだけで大丈夫。縄をボールに変えて、転がってくるボールをジャンプで避けるのも効果的ですよ」。

障害物を跳び越えることで、縄をジャンプで越えるタイミングが学べます。長縄で遊んでみるのも、動く縄を見る練習になるそう。柱や柵に縄の片方を結べば、大人が1人ついているだけで長縄遊びができますよ。

次ページ>いよいよ前飛びができる2つのステップを実践!

SHARE ON
Facebook
Twitter
みらいこ編集部が子育てに関する記事を紹介します。

RELATED ARTICLEあなたにおすすめの記事

  1. 身近な材料で夏休みの宿題が解決!? 美術専門家監修の工作4選

  2. 年齢別おすすめ絵本【3歳編】親子で一緒に音読を楽しむ絵本

  3. 【季節の絵本連載】水遊びやゆうれい…、夏に読みたい絵本

  4. 「水辺の生き物図鑑」おすすめ6選 種類・生態・採り方・飼育も

  5. 自宅ですぐにできる!年齢別おすすめ水遊び

  6. 動物とのふれあいが子どもの心の成長に!ペット飼育のメリット

  1. 【世界の子育て:インドネシア】人を頼る「子育て」は当たり前!

    2021.09.27

  2. 【世界の子育て:赤道ギニア】12歳で家事のすべてがこなせる⁉

    2021.09.24

  3. 【世界の子育て:ネパール】2歳からの超早期教育を熱望する理由とは…

    2021.09.22

  4. 【てぃ先生に聞く】0歳で保育園に預けるのはかわいそう!?

    2021.09.22

  5. おすすめ「乳幼児向け図鑑」5選 イラスト満載&100円の超格安も

    2021.09.21

  1. 【子育て人生相談】体調不良でないのに学校を休みたがる子供の対処法

  2. チームラボボーダレス 弾む水の天才ケンケンパ

    五感でアート体験! 大人も子どもも夢中になる「チームラボボーダ…

  3. 【季節の絵本連載】秋に親子で読みたい絵本

  4. キッズ興奮!「鉱物展」の楽しみ方/角川武蔵野ミュージアム「石は…

  5. うみファームキッチン

    SDGsが学べる! 八景島シーパラダイスに海育がテーマの体験型施設…

みらいこSNSをフォロー