幼児OKの食育体験!理科好きにもおすすめ!好奇心を育む「手作り味噌」

ひそかな人気となっている「味噌づくり」。実は、味噌の手づくり体験は、子供が科学に興味を持てる“学びの宝庫”なのです。楽しみながら子供を理科好きにしてくれて、味覚だって磨かれていく「手づくり味噌体験」。その魅力をお伝えします!

味噌づくりは子供こそ楽しめる!

「味噌づくりって、大人より子供がすごく楽しめるものなんですよ」と話すのは、江戸時代から続く糀屋さん『糀屋雨風』の豊田実社長。

「味噌づくりは、まず、ゆでた大豆を指でつぶすところから始まりますが、つぶすという作業が子供にとっては楽しいようで、指先をどう使えば上手につぶせるのか、自然と考えるようです」

つまり、手・指の使い方が知らず知らずのうちに上達する、というわけですね。
手先をめいっぱい使って大豆をつぶしたあとは、蒸し米に麹菌を繁殖させた麹、それらに塩を加えてこね合わせ、ボール型に丸めていきます。

この作業が、粘土遊びの動きそのもの。お母さんやおばあちゃんと声をかけあいながら、おにぎりを作るように形成していきます。ほどよい大きさのボールを作るには、どれくらいの量を取ればよいのか、手で量を測る感覚も磨かれるそうです。

つぶしたり、丸めたりしているときには、大豆のいい香りもプ〜ン。五感がくすぐられそうです!

味噌づくりが子供の「なんで?」を刺激

ボールに丸めた味噌は、容器に入れて持ち帰り、3〜4ヶ月寝かせます。このとき活躍するのが、酵素や酵母などの微生物。大豆・米の成分を分解し、甘みや旨味を引き出す発酵が進んでいくのです。そして、あのまろやかな「お味噌の味」が出来上がっていきます。

「手づくりの味噌は、微生物の働きによって、毎日熟成が進んで味が変わっていきます。食べているうち、その変化を舌で感じられるんですね。すると『微生物のおかげで、味が変わっていくんだ!』ということが、子供にもわかってくるのです

なるほど! 子供が「なんで味が変わるの?」と聞いてきたときが、学びのチャンス。微生物の働きがどんなものか、一緒に調べてみるのも楽しいですよね。

「実は、スーパーなどで売られている味噌は、出荷するときに行う殺菌処理によって微生物が死滅し、時間とともに腐敗が進んでいきます。だから防腐剤が必要なのです。

でも手作り味噌は、微生物たちが生きているので、ずっと熟成し続け腐ることがないんですよ」(豊田さん)

微生物たちは気温や湿度によっても活動の具合が変わるので、手作り味噌を作るたび、味は毎回変わるのだとか。これもまた、子供にとっては興味津々だそう。子供の「なんでだろう?」の心を見逃さず、いっしょに味の変化を楽しんでみてはいかがでしょう。

味噌づくりで「子供の味覚」が育つ

味噌づくりに使用される材料は、大豆と麹、そして塩ととてもシンプル。長年日本で愛され続けてきた手作りの味噌には、よけいなものは入っていません。

「手作り味噌を食べた子供は、スーパーで売られている味噌とは味が違うと言い出し、手作り味噌ばかり食べるようになるんですよ」と豊田さん。食材そのものの味に触れることで、味覚が敏感になると言います。

化学調味料や添加物の入っていない昔ながらの味噌の味。自分たちで作った「マイ味噌」を通じて、子供に食べ物の「本来の味」を教えてあげたいですね

お話を聞いたのは…
糀屋 雨風
1689年創業の老舗麹屋。国産の原料にこだわり、生麹・味噌・甘酒なども製造・販売。「手づくり味噌教室」は、希望があれば1人からでも参加OK。
〒593-8322 大阪府堺市西区津久野町3丁32−11
TEL:072-262-0333
定休日:日曜(味噌づくり教室はこれに限らず)
糀屋雨風

※こちらは2014年12月にいこーよで公開された記事の再掲です。

この記事を読んでいる人は「自立心」に関するこんな記事も読んでいます
手作り味噌作ろう! 子どもと2月の手仕事「自家製米こうじ味噌」のレシピとポイント
新米で作ろう! 子どもと11月の手仕事「梅・昆布・チーズ・鮭・味噌のおにぎり」レシピとポイント
未就学児からの子どもがお手伝いをしたくなる方法!人気作家・辰巳渚さんが伝授
【未来へいこーよ】が育むココロのスキル(非認知能力)について

SHARE ON
Facebook
Twitter
みらいこ編集部が子育てに関する記事を紹介します。

RELATED ARTICLEあなたにおすすめの記事

  1. 子供が楽しめる「お絵かき」のコツ! 上達する教え方&褒め方も

  2. 切り替え上手に!テレビやゲームを時間通りにやめさせるコツ

  3. 年齢別おすすめ絵本【6歳編】世の中の常識を学ぶ絵本

  4. 子ども用自転車の正しい選び方! 練習のコツも紹介

  5. シュタイナー教育で有名な絵画教育法 子どもの感性を育む「にじみ絵」とは

  6. 睡眠の質が子どもの脳に影響!?理想の就寝時間と睡眠時間って?

  1. 子ども記者 川村義肢株式会社

    子ども記者が義手や義足を作るメーカーさんを取材! パラ陸上アス…

    2023.12.08

  2. 幼児から大人まで誰でも楽しめる回文作りのコツ! 言葉遊びで想像…

    2023.12.05

  3. 発達障害の人が見ている世界

    子どもは「散らかしている」と思っていない⁉ 片付けられない人の心…

    2023.11.28

  4. 発達障害の人が見ている世界

    好き嫌いが多すぎる=食わず嫌いではない? 発達障害の子を多く診…

    2023.11.24

  5. 発達障害の人が見ている世界

    「寝食を忘れてゲームをばかりする子」を精神科医が「悪いことばか…

    2023.11.24

  1. 子どもと12月の手仕事 子供と作れる! 簡単おせちレシピ2選(伊達…

  2. 子どもと12月の手仕事 コトコト煮よう!「煮豆(黒豆・金時豆)」…

  3. 子供と冬(12月・1月・2月)の昆虫採集 カマキリの卵・テントウム…

  4. “本物”のサンタさんが回答! ママパパも驚きの「秘密」大公開

  5. 【季節の絵本連載】雪だるまや雪遊び、冬に親子で読みたい絵本

みらいこSNSをフォロー