幼児OKの食育体験!理科好きにもおすすめ!好奇心を育む「手作り味噌」

ひそかな人気となっている「味噌づくり」。実は、味噌の手づくり体験は、子供が科学に興味を持てる“学びの宝庫”なのです。楽しみながら子供を理科好きにしてくれて、味覚だって磨かれていく「手づくり味噌体験」。その魅力をお伝えします!

味噌づくりは子供こそ楽しめる!

「味噌づくりって、大人より子供がすごく楽しめるものなんですよ」と話すのは、江戸時代から続く糀屋さん『糀屋雨風』の豊田実社長。

「味噌づくりは、まず、ゆでた大豆を指でつぶすところから始まりますが、つぶすという作業が子供にとっては楽しいようで、指先をどう使えば上手につぶせるのか、自然と考えるようです」

つまり、手・指の使い方が知らず知らずのうちに上達する、というわけですね。
手先をめいっぱい使って大豆をつぶしたあとは、蒸し米に麹菌を繁殖させた麹、それらに塩を加えてこね合わせ、ボール型に丸めていきます。

この作業が、粘土遊びの動きそのもの。お母さんやおばあちゃんと声をかけあいながら、おにぎりを作るように形成していきます。ほどよい大きさのボールを作るには、どれくらいの量を取ればよいのか、手で量を測る感覚も磨かれるそうです。

つぶしたり、丸めたりしているときには、大豆のいい香りもプ〜ン。五感がくすぐられそうです!

味噌づくりが子供の「なんで?」を刺激

ボールに丸めた味噌は、容器に入れて持ち帰り、3〜4ヶ月寝かせます。このとき活躍するのが、酵素や酵母などの微生物。大豆・米の成分を分解し、甘みや旨味を引き出す発酵が進んでいくのです。そして、あのまろやかな「お味噌の味」が出来上がっていきます。

「手づくりの味噌は、微生物の働きによって、毎日熟成が進んで味が変わっていきます。食べているうち、その変化を舌で感じられるんですね。すると『微生物のおかげで、味が変わっていくんだ!』ということが、子供にもわかってくるのです

なるほど! 子供が「なんで味が変わるの?」と聞いてきたときが、学びのチャンス。微生物の働きがどんなものか、一緒に調べてみるのも楽しいですよね。

「実は、スーパーなどで売られている味噌は、出荷するときに行う殺菌処理によって微生物が死滅し、時間とともに腐敗が進んでいきます。だから防腐剤が必要なのです。

でも手作り味噌は、微生物たちが生きているので、ずっと熟成し続け腐ることがないんですよ」(豊田さん)

微生物たちは気温や湿度によっても活動の具合が変わるので、手作り味噌を作るたび、味は毎回変わるのだとか。これもまた、子供にとっては興味津々だそう。子供の「なんでだろう?」の心を見逃さず、いっしょに味の変化を楽しんでみてはいかがでしょう。

味噌づくりで「子供の味覚」が育つ

味噌づくりに使用される材料は、大豆と麹、そして塩ととてもシンプル。長年日本で愛され続けてきた手作りの味噌には、よけいなものは入っていません。

「手作り味噌を食べた子供は、スーパーで売られている味噌とは味が違うと言い出し、手作り味噌ばかり食べるようになるんですよ」と豊田さん。食材そのものの味に触れることで、味覚が敏感になると言います。

化学調味料や添加物の入っていない昔ながらの味噌の味。自分たちで作った「マイ味噌」を通じて、子供に食べ物の「本来の味」を教えてあげたいですね

お話を聞いたのは…
糀屋 雨風
1689年創業の老舗麹屋。国産の原料にこだわり、生麹・味噌・甘酒なども製造・販売。「手づくり味噌教室」は、希望があれば1人からでも参加OK。
〒593-8322 大阪府堺市西区津久野町3丁32−11
TEL:072-262-0333
定休日:日曜(味噌づくり教室はこれに限らず)
糀屋雨風

※こちらは2014年12月にいこーよで公開された記事の再掲です。

この記事を読んでいる人は「自立心」に関するこんな記事も読んでいます
手作り味噌作ろう! 子どもと2月の手仕事「自家製米こうじ味噌」のレシピとポイント
新米で作ろう! 子どもと11月の手仕事「梅・昆布・チーズ・鮭・味噌のおにぎり」レシピとポイント
未就学児からの子どもがお手伝いをしたくなる方法!人気作家・辰巳渚さんが伝授
【未来へいこーよ】が育むココロのスキル(非認知能力)について

SHARE ON
Facebook
Twitter
みらいこ編集部が子育てに関する記事を紹介します。

RELATED ARTICLEあなたにおすすめの記事

  1. 専門家に聞く「女の子の育て方」 伸ばし方&叱り方のポイントも

  2. 子どもにお小遣い、あげてる?

  3. 【100均DIY】こどもの日に「兜」&「こいのぼり」を簡単手作り!

  4. 「危険生物」おすすめ図鑑5選 最強動物・猛毒生物・予防法も!

  5. 【季節のお弁当】こいのぼりのスティックおにぎりレシピ5選!

  6. お散歩でのお花摘みが子どもの好奇心を伸ばす!幼児あるあるへの対処法も

  1. 脳科学の権威も登壇、学童向けオンライン講演会レポート

    2022.01.14

  2. 【収穫体験・参加者募集】レンコン堀り放題&レンコンチップス作り…

    2022.01.09

  3. VUCA(ヴーカ 予測不可能)の時代の子育ては「観察」がキーワード…

    2021.12.28

  4. キッズ興奮!「浮世絵」で日本史の魅力に出会う/すみだ北斎美術館

    2021.12.28

  5. 子どもと1月の手仕事 楽しく作ろう「五平餅」のレシピ

    2021.12.27

  1. 【子育て人生相談】SNSで知らない人と交流していた娘にどう対応?

  2. 子供と冬(12月・1月・2月)の昆虫採集 カマキリの卵・テントウム…

  3. 【おもちゃ会社&クリエイターに聞く】子どもと大人が対等に遊べる…

  4. 子どもと12月の手仕事 コトコト煮よう!「煮豆(黒豆・金時豆)」…

  5. 子どもと1月の手仕事 楽しく作ろう「五平餅」のレシピ

みらいこSNSをフォロー