おうちで楽しく学べる「ひらがな」 読み書き&教え方のコツも!

新型コロナウイルスの影響で自宅で過ごす時間が増えた機会に、おうちでひらがなの練習ができたら、うれしいですよね! 家庭で上手にひらがなの読み書きを教えるコツを紹介します。どれも楽しく学べるのでおすすめです。

ひらがなの読み書きが楽しく学べる!

子ひらがなを教える中で、「なかなか読めない」「うまく書けない」と悩む親も多いはず。専門家によると「言葉の発達全体を山に見立てれば、ひらがなの読み書きは頂上に近い部分」であり、決して簡単なものではないそうです。ちゃんと学ぶためには、土台部分をしっかり築き上げることが重要なのだとか。ここでは、教えるコツや必要な要素、書く力を育てる方法もわかりますよ!

「書き順」を正しく書くメリット&間違いやすい字を紹介!

子供に字を教える際に、なぜ書き順が必要なのかわかりますか? テストでは書き順を間違えても字があっていれば正解になるので、間違えていてもいいと思いますよね。ですが、専門家によると、書き順を守るメリットは3つあり、字を覚えるコツにもつながるそうです。ここではメリットのほか、大前提のルールや書き順を正しく工夫も紹介しています。

鉛筆の持ち方で字が上手くなる!?

子供の字が「汚い」「下手」「雑」と感じるママパパ必見です。字のきれいさはテクニックだけの問題でなく、鉛筆を正しく持つことに繋がっているそうです。鉛筆を正しく持つことによって、イメージ通りの線が楽に引けて、字の形を整えやすくなるとのこと。うまく書けない2つの原因がわかるほか、鉛筆を正しく持つコツや動かす練習法、書くためのポイントもまとめて身につきますよ!

親子でストレスなく、楽しんでひらがなの練習ができるといいですね!

関連記事

  1. 発達障害の4歳息子がYouTubeで成長したところとは?

  2. 赤ちゃんや幼児への絵本の読み聞かせのコツは「ビジネスの大定番」!?

  3. 子供も楽しめる「食育本」が無料公開! レシピ&お肉の選び方も

  4. おうちで楽しく家族パーティー! プロ直伝の飾り付け&遊び方も

  5. 【子どもと手仕事日記帳7月】「トウモロコシご飯」作り体験を子どもは楽しめる? 知っておきたい!楽しい、難しい等のポイントと注意点

  6. 子供の知的好奇心を育む! おすすめ「乳幼児向け図鑑」まとめ