【てぃ先生に聞く】上手な習い事の選び方! 親にメリットも!

Twitterや書籍が話題のイケメン保育士・てぃ先生の連載企画! 全国のパパママから寄せられた子育ての悩みにズバリお答えいただきます。第5回は、子どもの教育やママ友とのお付き合いなど様々な「ママのお悩み相談」を2回にわけてご紹介します。最初は「子どもの習い事の選び方」と「幼稚園と保育園で差が出るのか」について伺いました。

習い事は始める前にお試しを!

質問1
子どもが習い事をしたいと言えば、なんでもやらせてあげるのが正しいのでしょうか?
(ゆみさん/2歳女の子のママ)

てぃ先生からのアドバイス

子どもって、新しいモノや「すごい!」と思ったことをやりたがりますよね。ただ、そのやる気が一過性の場合もあるので、習い事を始める前に「本当に楽しめるのか」「続けられるのか」を見極めることが大切です。

例えば、「ピアノを習いたい!」と言われたら、おもちゃのピアノを用意して「まずこれで練習してみようね。毎日できたらお教室に通おうね」と約束する。サッカー教室なら「毎週、パパとかけっこして続けられたら通おうか」と様子をみる。ある程度段階を踏ませて、その習い事への本気度や相性を見極めてあげると良いと思います。

その結果、複数の習い事をすることになって自由な時間が少なくなったとしても、一家団らんの時間がちゃんとあって、お子さんのやる気と体力が続くようなら大丈夫! 通わせるパパママの負担になり過ぎない範囲で応援してあげてください。

もしも、お子さんが始めたい習い事とパパママがさせたい習い事が違う場合。負担は2倍になってしまいますが、「ピアノを習いたいなら、水泳教室にも行ってみる?」などと交換条件を出せば、たいていどちらの習い事も頑張ると思います。子どもが新しいことに挑戦しようとしているときのパワーはすごいですから。パパママのお願い事を聞かせる絶好のチャンスですよ!

幼稚園と保育園で大人との関わり方が違う

質問2
保育園と幼稚園で育った子は違いますか? 幼稚園の方が落ち着いていると言われるので気になります。
(レネさん/5歳男の子、3歳男の子、0歳女の子のママ)

てぃ先生からのアドバイス

幼稚園生の方が「落ち着いている」というより「規律のある集団行動に慣れている」のだと思いますよ。保育園に比べて幼稚園は一人の先生が受け持つ子どもが多いので、必然的に一人の大人の言うことを大勢の子どもたちが聞くという環境になります。小学校以降は集団行動が必要なので、幼稚園生の方が早くなじみやすく見えるのかもしれませんね。

一方、保育園は1クラスに何人も先生がいて、大人の目が届きやすいので、子どもたちが自由に活動できます。外遊びの時間になっても「まだ積み木がしたい」と言う子がいれば、先生が一人残ってその子を見守れます。これは集団行動からは外れているけれど、保育園にはその子の得意な分野を伸ばせるというメリットがあるとも言えます。さらに、保育園では赤ちゃんから6歳児まで、いろんな年齢の子とふれあいながら、社会性を育めます

このほかにも幼稚園、保育園それぞれにメリットがあります。幼稚園は就学に向けた教育、保育園は保育と、もともとの成り立ちが違うから当然のこと。

僕は現役の保育士として「保育園は楽しいよ!」「素敵なところだよ!」とお伝えしたいですし、幼稚園は幼稚園で取り組みを工夫したり特色を出したり、保護者の方に選ばれる努力をされていて素晴らしいなと思っています。幼稚園でも保育園でも子どもが「行って良かったな」と思える場所になるといいですね。

幼少期の経験が子どもの人格を作る大切な土台に

親として「子どもの力を伸ばしてあげたい」と思うからこそ、習い事や幼稚園・保育園選びは悩むもの。てぃ先生も「子どもたちは幼少期にいろんな物事に感化されて成長する」と言います。悩んだときは今回のアドバイスを参考にしてくださいね。

お話を聞いたのは…
てぃ先生
関東の保育園に勤める男性保育士。ツイッターで保育園の日常をつぶやき続け(@_HappyBoy)、フォロワー数は43万人(※)超に。著書『ほぉ…、ここが ちきゅうの ほいくえんか。』、『ハンバーガグー!』(いずれもKKベストセラーズ)のほか、原作を担当するマンガ『てぃ先生』(KADOKAWA)も好評。オフィシャルブログや子育て関連のメディア、各地での講演会で、子育てや保育に関するポジティブなメッセージを発信。ちなみにアラサー・未婚、猫と二人暮らし。 ※共に2018年1月現在。
てぃ先生 Twitter
てぃ先生 オフィシャルブログ

ライター紹介
金子 陽子
1976年生まれ。3年間のOL生活を経てコピーライター、編集ライターの道へ。連日終電ときどき徹夜の会社員生活に限界を感じた36歳の夏、待望の娘を授かり、独立。いい歳をして人見知りながら人物インタビューは大好き! 大抵その人のファンになる。いまだに3歳の娘のお肉が赤ちゃんみたいにフニフニで癒される。

※2017年7月にいこーよで公開された記事の再掲です。

この記事を読んでいる人は「好奇心」に関するこんな記事も読んでいます
一人っ子ならではの長所をうまく伸ばす方法とは?おすすめ習い事も
男の子ママ必見!男の子の好奇心・探究心の芽を摘まない対処法とは
学年別「子どもを伸ばす」コツ 小学生が身につけるべきスキルとは?
【未来へいこーよ】が育むココロのスキル(非認知能力)について

SHARE ON
Facebook
Twitter
みらいこ編集部が子育てに関する記事を紹介します。

RELATED ARTICLEあなたにおすすめの記事

  1. 【世界の子育て:ハワイ】5歳から義務教育!親が多忙な理由とは?

  2. 色や配置も重要度大! 子どもが勉強に集中できる部屋作り

  3. 人気&おすすめ「絵本&児童書」10選 新刊やロングセラーも

  4. 【世界の子育て:フランス】学校は宿題禁止&ママ快適の労働環境

  5. 子どものワガママはどこから? 「我慢する力」を育むトレーニング

  6. 美術教室の先生直伝!子どものお絵かきを上達させるコツやサポート法って?

  1. 「飼育方法・飼い方」おすすめ図鑑6選 ペット・動物・昆虫も!

    2021.09.16

  2. 好奇心と自己肯定感を育む! ライフセーバーと体験する海デビュー…

    2021.09.16

  3. 知育に役立つ「積み木」まとめ 赤ちゃん・幼児・小学生も遊べる

    2021.09.15

  4. 子どもと9月の手仕事 新米が出る前に作りたい「まぜ寿司」のレシピ

    2021.09.14

  5. 子供が夢中になるおすすめ「鉄道」図鑑5選 人気DVD付きも!

    2021.09.14

  1. 【季節の絵本連載】秋に親子で読みたい絵本

  2. 【子育て人生相談】体調不良でないのに学校を休みたがる子供の対処法

  3. うみファームキッチン

    SDGsが学べる! 八景島シーパラダイスに海育がテーマの体験型施設…

  4. キッズ興奮!「鉱物展」の楽しみ方/角川武蔵野ミュージアム「石は…

  5. チームラボボーダレス 弾む水の天才ケンケンパ

    五感でアート体験! 大人も子どもも夢中になる「チームラボボーダ…

みらいこSNSをフォロー