【てぃ先生連載】子どもに伝わりやすい叱り方、褒め方

保育園でのほのぼのエピソードを綴ったTwitterや書籍が人気のイケメン保育士、てぃ先生に聞く連載企画の3回目。今回は「叱り方、褒め方」がテーマです。「叱っても言うことを聞かない!」「どう褒めたらいいの?」といったお悩みを解決! 子どもの行動を自然と良い方向に導くコツを伝授いただきました。

「前も言ったよね!?」はNG!何度でも「初めて叱る」ように

大前提として「叱るのは、子どものため」、「怒るのは、大人の都合」と言う、てぃ先生。親としては「叱っているつもりでも、怒ってしまっていることもある」とチクリ。

「たとえば『騒いじゃダメ!この前も言ったよね!?』とか言っちゃうことありません? これはNGな例。叱りたいのは騒いでいることなのに、『この前も言った』ことに怒っちゃってます。

叱るときに過去の話を持ち出しても、子どもには伝わらないもの。1回言い聞かせただけで直るとは思わず、何度同じ間違いをしても「初めて叱るように叱る」ことがポイントだとか。

「なぜダメなのか、何回でも教えてあげてください。長々とお説教する必要はなくて、短く!わかりやすく!伝えること。理解させるのに時間はかかりますけどね。」

事前に叱る場面を想定してダメな理由を考えておくと、子どもが納得しやすく、親もとっさに怒らずに済むかもしれませんね。

伝わる環境を整えてから叱る

子どもがギャーギャーわめいているときに「静かにしなさい!」と叱っても、当然、子どもの耳には入りません。てぃ先生は園児の好きな歌を歌ったり、面白い声で呼びかけたり、それこそ変顔をしたりと、手を替え品を替えて園児の興味を引きつけてから、必要なことを言い聞かせているそう。

そうすれば大声で注意したり、強い言葉で抑えつけたりしなくても、子どもは聞く体勢になるとか。さらに語尾に「ね」をつければ優しい物言いになり、子どもの心に響きやすいそうです。

叱らずに子どもの行動を切り替えるコツ

そもそも「叱らずに済むことも多い」と、てぃ先生は考えます。

ケース1:電車で騒ぐ

車内とはいえ、子どもはたいてい親と自分しか見えていないため、普段と同じように大声で遊びがちです。だからまず周りの様子をよく見せてあげること。「みんな静かに乗っているね」「ご本を読んでいる人がいるね」「寝ている人もいるよ」など、車内でのお手本に目を向かせ、「電車の中ってこんな感じなんだな。こう過ごすんだな」と理解させるのが有効だそう。

ケース2:走ってはいけないところで走り回る

「人にぶつかると痛いからダメよ」と諭したり、「こっちで絵本読んであげる」と誘っても、ちっとも止めない…。そんなときは「思いっ切り走らせてあげましょう!」と、てぃ先生。一体どういうことですか!?

「僕がよくやるのは、その場で駆け足。全力でやってみせると、子どもも面白がって真似します」とのこと。なるほど、大人は走り回るのを止めさせることができ、子どもは走った気持ちになって満足できる、というわけですね。

【子どもの願望や行動の理由を探る】
「走り回るのに限らず、叱っても止めないときってありますよね。全然違うことに誘っても見向きもしなかったり。それより、子どもの『やりたい!』という気持ちを別の形でやらせてあげると、行動を切り替えやすいんです。」

てぃ先生は「子どもの行動の理由を考えること」も大切と言います。「走り回る=動きたい」というような単純な理由はもちろん、その場だけでなく前後の様子から「なぜ叱られるようなことをするのか」を考えてあげると、おのずと対処法が見つかるそうです。

できて当たり前のことも、見逃さずに褒めよう!

では、近年主流の「褒めて育てる」のポイントは? どんなところを褒めたら良いのでしょうか。

「僕は、なんでも褒めちゃいます! 朝、園児に会ったらまず『今日、髪型カッコいいね!』『その服、可愛いね!』と身だしなみを褒めますし、箸を使えるようになって半年ぐらいの子に『箸の持ち方、うまくなったね』と言ったり、『椅子に座る姿勢がいいね〜!』『靴下を上に引っ張るのが上手になった!』なんてアレコレ理由をつけて褒めたり。いくらでも褒めるところはありますからね!」

そうすると「箸をもっと上手に持ちたい」など意欲を高めることができるそう。何かが初めてできるようになったときに褒めることはありますが、「できて当たり前」になってからは褒めていないかも…そう思い当たる方も多いのではないでしょうか。上達したことを褒めつつ、大人がして欲しいことを付け加えていくことが、子どもの成長を促すのですね。

叱るは一瞬!褒めるは長々と

さらに、どう褒めれば良いのかも伺いました。

「やっぱり笑顔が大事ですね。たとえば『お手伝いしてくれたの?ありがとう!うれしいな〜』と褒めるなら、うれしそうな顔で言ったほうが伝わります。それから叱るときは過去の話はNGですけど、褒めるときは『前もしてくれたよね!』と付け加えてOK。子どもが恥ずかしくなるくらい、長々と褒めてあげてください。」

さっそく筆者も2歳の娘に実践! 「自分でお着替え」に飽きてきた我が子に「ボタンつけるの、早くなったね!」「昨日も一人で着替えられたよね。すご〜い!」と褒めると、うれしそうにお着替えしていました! みなさんも、ぜひ試してみてくださいね。

次回は、クリスマスシーズン目前! 子どもが「サンタさんを疑いはじめたら…!?」をテーマに伺います。

お話を聞いたのは…
てぃ先生
関東の保育園に勤める男性保育士。ツイッターで保育園の日常をつぶやき続け(@_HappyBoy)、フォロワー数は43万人(※)超に。著書『ほぉ…、ここが ちきゅうの ほいくえんか。』、『ハンバーガグー!』(いずれもKKベストセラーズ)のほか、原作を担当するマンガ『てぃ先生』(KADOKAWA)も好評。オフィシャルブログや子育て関連のメディア、各地での講演会で、子育てや保育に関するポジティブなメッセージを発信。ちなみにアラサー・未婚、猫と二人暮らし。 ※共に2018年1月現在。
てぃ先生 Twitter
てぃ先生 オフィシャルブログ

ライター紹介
金子 陽子
1976年生まれ。3年間のOL生活を経てコピーライター、編集ライターの道へ。連日終電ときどき徹夜の会社員生活に限界を感じた36歳の夏、待望の娘を授かり、独立。いい歳をして人見知りながら人物インタビューは大好き! 大抵その人のファンになる。いまだに3歳の娘のお肉が赤ちゃんみたいにフニフニで癒される。

※2016年11月にいこーよで公開された記事の再掲です。

この記事を読んでいる人は「自尊心・自己肯定感」に関するこんな記事も読んでいます
頭ごなしに叱っちゃダメ!子どもの「叩く、つねる」の対処法
親に褒められた子どもの共通点とは? 子どもを伸ばす褒め方のコツも
子どもを叱る時間が長い親は自己肯定感が低い!? 褒める力の育み方
【未来へいこーよ】が育むココロのスキル(非認知能力)について

SHARE ON
Facebook
Twitter
みらいこ編集部が子育てに関する記事を紹介します。

RELATED ARTICLEあなたにおすすめの記事

  1. 子供が夢中になるおすすめ恐竜図鑑5選 何度も楽しめる人気作!

  2. 魔法の言葉で子どもが伸びる!? 心身の発育に効果的なオノマトペとは

  3. 家族で読書を楽しむ「家読」とは? 親子のメリットも紹介!

  4. 本番に強い子と弱い子の違いは何? 緊張の理由や克服術も紹介

  5. 幼児期の英語遊び、ポイントは「親のマインド」

  6. 勉強って楽しい!子どものやる気をアップさせるポイント

  1. 観察が楽しくなる「昆虫図鑑」厳選6選 写真満載&飼い方紹介も

    2021.06.23

  2. 【てぃ先生に聞く】意地悪な言葉遣い、やめさせるべき?

    2021.06.23

  3. 【子育て人生相談】ママのイライラ&息子との対立をなんとかしたい…

    2021.06.22

  4. ひらめきのタネを刺激! 1才から遊べる「ニューブロック」に新作登…

    2021.06.21

  5. 子供が夢中になるおすすめ恐竜図鑑5選 何度も楽しめる人気作!

    2021.06.21

  1. 幼児や小学生が残酷な行動をするのはなぜ? 理由&親のとらえ方も…

  2. 新じゃがで絶品!子どもと6月の手仕事「芋もち」のレシピとポイント

  3. OQTA スマホ 鳩時計

    スマホで「想いを送る」鳩時計は親子関係にどんな影響を与えた?

  4. 子どもが泳げるようになる方法! 水嫌い克服や教え方も伝授!

  5. 本山勝寛 好奇心

    自ら学び続ける子どもになる! 社会を生き抜く「非認知能力」の育…

みらいこSNSをフォロー