【森のようちえん】教室は大自然「森のようちえん」の魅力や伸びる力・年間カリキュラム(山梨県富士河口湖町「認定こども園 Fujiこどもの家 バンビーノの森」)

自然の中で子どもの感性や個性をのびのびと育てたい! というママパパに今注目されているのが、大自然を教室にして過ごす「森のようちえん」という保育スタイルです。

この記事では、山梨県富士河口湖町の「認定こども園 Fujiこどもの家 バンビーノの森」の子どもたちの1年間の生活や森での過ごし方とともに、森のようちえんで身につく力を紹介します。

認定こども園 Fujiこどもの家 バンビーノの森

【森のようちえん特集記事一覧】
Part1 デンマーク発の幼児教育「森のようちえん」徹底ガイド 身につく力・保育料等
Part2「森のようちえん」森の中で過ごす1年のカリキュラムと伸びる力(この記事)
Part3「森のようちえん」の子どもを伸ばす外遊び・公園遊びの方法
Part4 園庭は海「海の保育園」が伸ばす子どもの力とは?

河口湖畔の森のようちえん「認定こども園Fujiこどもの家 バンビーノの森」のはじまり

森へ出かける森のようちえんの子ども。毎日新しい発見がある(提供 認定こども園 Fujiこどもの家 バンビーノの森)

森のようちえん「認定こども園 Fujiこどもの家 バンビーノの森」のはじまりは2007年です。
「子どもを通わせていた幼稚園が閉園になり、改めて『わが子に受けさせたい教育とは何だろう?』と考えたとき、この美しい自然の中で子どもの生きる力を伸ばしてくれる園に通わせたいと思いました。当時はそのような幼稚園が通える範囲になかったので、もう一人の副園長・朝比奈朋子と一緒に作ったのが『森のようちえん』を軸にしたバンビーノの森です」(副園長・横田聖美さん)

年長の子どもと年少の子どもは手をつなぎ、毎日森へと向かう(提供 認定こども園 Fujiこどもの家 バンビーノの森)

その後、2016年には地方裁量型認定こども園(※1)の認定を受け、現在は3歳から6歳までの子ども35人が毎日元気に森に通いながら幼稚園生活を送っています。

※1 認定こども園は、教育・保育を一体的に行う施設で、幼稚園と保育所の両方の良さを持つ施設です。幼保連携型、幼稚園型、保育所型、地方裁量型の4種類があり、基準を満たす施設が、都道府県等から認定を受けています。詳しくは内閣府の認定こども園のページをご確認ください。

「森のようちえん」の1年~春・夏・秋・冬のプログラム 森はホールで、フィールドで、教室!

春の行事/入園式、春の遠足、子どもの日など(提供 認定こども園 Fujiこどもの家 バンビーノの森)

毎日を森の中で過ごす森のようちえんの子どもにとって、森は教室であり、ホールであり、フィールドです。
「入園する子どもたちを迎える入園式は森の広場で行います。円形に並べた丸太のベンチに在園生が座って新入園の子どもと親を迎えます。最初は緊張気味の子どもも、年上の子どもたちと一緒に過ごすことで、すぐに森という環境に慣れていきます」(横田さん)

夏の行事/サマースクール、お泊り保育、親子登山など。写真はサマースクールの湖での水遊び(提供 認定こども園 Fujiこどもの家 バンビーノの森)

行事のほとんどは入園式と同様に森で行われることが多く、年長児のハイライト行事であるお泊り保育も、森の中での本格的なキャンプ形式です。

秋の行事/運動会、親子カヌー教室、紅葉狩り。写真は運動会での松ぼっくりの玉入れ(提供 認定こども園 Fujiこどもの家 バンビーノの森)

「たくさんの行事の中でも『森のようちえん』らしさが満載の行事の1つが運動会です。森の中で障害物競争のようなリレーを行ったり、木の実や葉っぱ、枝を使って誰が一番美味しそうな泥のケーキを作れるかを競ったり、松ぼっくりで玉入れをしたり、大人に丸太を切ってもらう競争をしたり、森でしかできない運動会を子どもたちと考えます」(横田さん)

冬の行事/味噌づくり、雪遊び、餅つき、クリスマス会(提供 認定こども園 Fujiこどもの家 バンビーノの森)

雨の日も風の日も毎日森に通う中で、春に入園した子どもも、冬には氷点下になる森でも楽しく過ごせるようになります。
保護者の方にレインウェアや、リュックのレインカバー、長靴などの用意を十分にしていただいているからではありますが、子どもの順応性と成長には目を見張ります」(横田さん)

次のページへ>森の幼稚園で伸びる「考える力」

SHARE ON
Facebook
Twitter
出版社、教材編集を経て2013年に「いこーよ」へ。小学生の女の子2人のママ。大学院、モンテッソーリ教育教師、華道、ダイビング資格有。ライフテーマは幼児教育から小学校、中学校、高校、大学、社会人へとどのように学びをつなげていくか。特に幼児教育から中学受験への連携に日々奮闘中。

RELATED ARTICLEあなたにおすすめの記事

  1. 学年別「子どもを伸ばす」コツ 小学生が身につけるべきスキルとは?

  2. マクセルの商品企画担当者に聞く 自己肯定感を育む子ども時代の体験とは

  3. 【森のようちえん】遊具なしで遊ぶ!公園遊び5つの方法 雨の日もOK

  4. 親の「ちょい足し」で世界が広がる! 子どもの知的好奇心の育み方

  5. 本山勝寛 好奇心

    自ら学び続ける子どもになる! 社会を生き抜く「非認知能力」の育て方

  6. 知的好奇心が高いと学力が上がる! 伸びる子どもの共通点とは?

  1. 新じゃがで絶品!子どもと6月の手仕事「芋もち」のレシピとポイント

    2021.06.14

  2. オタク偉人伝

    偉人はすべてオタクだった!子どもの「好き」を応援したくなる本

    2021.06.14

  3. 本番に強い子と弱い子の違いは何? 緊張の理由や克服術も紹介

    2021.06.11

  4. 時計の読み方が自立につながる!?コツは「会話」にあり!

    2021.06.11

  5. 子どもの「性教育」いつ・どうやって教える? おすすめ本も紹介

    2021.06.10

  1. 子どもが泳げるようになる方法! 水嫌い克服や教え方も伝授!

  2. 本山勝寛 好奇心

    自ら学び続ける子どもになる! 社会を生き抜く「非認知能力」の育…

  3. トマトと塩で作る 子どもと5月の手仕事「フレッシュトマトソース」…

  4. OQTA スマホ 鳩時計

    スマホで「想いを送る」鳩時計は親子関係にどんな影響を与えた?

  5. 幼児や小学生が残酷な行動をするのはなぜ? 理由&親のとらえ方も…

みらいこSNSをフォロー