【100均DIY】遊びながらお箸の練習! 正しい持ち方も習得

生活習慣
食育や片付け、学校の準備など生活習慣についての記事

正しいお箸の持ち方を練習するのは、子どもにとっても教える親にとっても難しいもの。うまくつかめないことで、子どもがイライラしたり、食事自体を飽きてしまうこともありますよね。そこで今回は、100円ショップのアイテムを使って、遊びながらお箸の練習もできるおもちゃを作る方法を紹介します。

フェルトボールでお箸の練習をしてみよう!

お箸の練習を始めるときは、「食事」以外で練習するのがオススメ。実際の食事中に箸の持ち方ばかり気にしていると、楽しく食事ができなくなってしまうからです。そこでオススメなのが、100円ショップで販売されている「フェルトボール」を使った練習法です。

【準備するもの】
・フェルトボール
・タッパー
・ラミネートコーティングフィルム(あれば)
・好きな動物や人間のイラスト
・割り箸
・洗濯バサミ
・セロテープ
・ハサミ・カッター

【作り方】
1. 準備したイラストを100円ショップのラミネートコーティングシートで挟みます。ここで使用するイラストは動物や人間など子どもが好きなものであれば何でもOKですが、フェルトボールを食べさせるキャラクターになるので口があるものにしましょう。

2. コーティングシートに挟んだイラストは、キャラクターの形に沿ってシートごとカットします。それをセロテープ(または両面テープ)でタッパーの蓋に貼り付けたら、口の部分をカッターで切り抜きます


3. 練習用のお箸を作ります。カッターを使って割り箸を子どもが持ちやすい長さにカットします
4. 割り箸の先端(手で持つ側)を用意した洗濯バサミに固定します(※写真参照)。箸を動かす際に洗濯バサミが開くよう、必ず片方ずつテープを巻きつけるようにしてください。これで準備は完了です!

出来上がったおもちゃを使って、早速お箸の練習をしてみます。フェルトボールを箸で掴み、ライオンの口まで運んで食べさせます。食事中であればすぐに飽きてしまう子どもでも、集中して取り組んでいました。

お箸の練習を始めたばかりの子どもにとって難しいのが、箸で物を摘んで運んだあと「再び箸を広げる」ことだそう。今回作った補助箸は洗濯バサミの角度に固定されているので、この「再び箸を広げる」動きを自然にサポートしてくれます

また、このおもちゃはお箸の練習をするのはまだ早い乳児でも楽しめます。乳児が遊ぶ場合は、直接手でボールを掴んでライオンに食べさせてみましょう。手先や指先を器用に動かす遊びは、1歳頃の乳児の発達過程において重要なので積極的に取り入れたいですね

今回紹介した「お箸の持ち方」のほかに、入園前の幼児の多くが練習する生活習慣といえば「ボタンかけ」。同じように100均アイテムを使ってボタン練習用のおもちゃを作る方法も紹介しているので、ぜひ併せてチェックしてください。
【100均DIY】フェルトのおもちゃで楽しくボタンかけ練習!

ライター紹介
有馬巳姫
「いこーよ」編集部。2013年に長女、2015年に長男を出産し、育児に奮闘する日々。家の中にいるのは苦手で、新しい場所やモノが大好きな「THEミーハー」体質。子どもたちにも、いろんな場所でさまざまな経験をさせるべく、家族のおでかけ計画をたてるのが日課。趣味は読書、ドライブ、DIY、写真撮影。

※2017年8月にいこーよで公開された記事の再掲です。

この記事を読んでいる人は「自立心」に関するこんな記事も読んでいます
正しい鉛筆の持ち方できれいな字が書けるって本当!?
100均で簡単DIY! 「おしたく時計」で小1娘が課題克服に挑戦
少しの工夫でもっと魚好きに!乳幼児に魚を食べさせる時のコツとは
【未来へいこーよ】が育むココロのスキル(非認知能力)について

SHARE ON
Facebook
Twitter
2013年に長女、2015年に長男を出産し、育児に奮闘する日々。家の中にいるのは苦手で、新しい場所やモノが大好きな「THEミーハー」体質。子どもたちにもさまざまな経験をさせるべく、家族のおでかけや遊びの計画をたてるのが日課。趣味は読書、ドライブ、DIY、ヨガ、お酒、シートマスク検証、写真撮影。

RELATED ARTICLEあなたにおすすめの記事

  1. プレゼントに最適なおすすめ図鑑6選 入園・入学祝い&誕生日も

  2. 【注目の新刊】きみの「ねぐせ」もこんなふうに作られているかも!?

  3. 野菜嫌いの子どもにお悩みのママパパ必見!野菜ごとの対処法を大公開!

  4. 牛乳パック&ペットボトルの手作りおもちゃ

  5. しつけや子育てに「ご褒美」は本当にNG? 大事なのは親の行動

  6. 【子どもと手仕事日記帳6月】「梅シロップ」作り体験を子どもは楽しめる? 知っておきたい!楽しい、難しい等の注意点とポイント

  1. 色や配置も重要度大! 子どもが勉強に集中できる部屋作り

    2021.05.16

  2. 赤ちゃんのスプーンいつから? 時期や練習方法、注意点も紹介

    2021.05.15

  3. 将棋で礼儀と忍耐力を身につけよう!

    2021.05.15

  4. ダンスは子どもの成長に効果あり◎身体を楽しく動かそう!

    2021.05.14

  5. 子どもの読書にもオススメ!「電子書籍」で本を読んでみよう

    2021.05.14

  1. 脳科学の権威が絶賛! 子どもの興味を広げる「お仕事体験」イベン…

  2. がんばり屋さんは注意!幼児や小学生でもなる子どもの「五月病」の…

  3. 子どもと一緒にGWを満喫しよう!~時間がある今こそ絆を育むチャン…

  4. 妖怪博士・小松和彦先生が語る「ワクワク」と「ドキドキ」を失わな…

  5. 家庭でできる知育遊び! 真似したい「おうちモンテ」実例集

みらいこSNSをフォロー