まるで宝石! アート作品としても楽しめる昆虫図鑑

注目の新刊や、絵本コラム、生活スタイル別の絵本の紹介の記事

子どもの成長や子育てに役立つ本を厳選して紹介します。今回は「世界一うつくしい昆虫図鑑(クリストファー・マーレ―著、熊谷玲美 訳、発行・宝島社)」です。

自然な色の昆虫が美しい図鑑

ダナ・キャランやグッチ、ジョルジオ・アルマーニなど、数多くのファッションブランドのために撮影などの仕事をしてきた世界的アーティストであり、デザイナー、カメラマンとしても知られるクリストファー・マーレ―が、世界各地で採集した色とりどりの昆虫たちをアート作品のように美しく配置した図鑑です。収録されているすべての昆虫は自然の姿で撮影(撮影はリン・ハウレット)されたもの。「世の中にはこんなに美しい色をした昆虫がいるんだ!」という驚きが詰まった一冊です。

図鑑でありながらアート作品

本書では、宝石のように色鮮やかに光り輝く昆虫たちを曼荼羅のように美しく配置したものと、1匹の昆虫の羽や足などの細部がわかる形のポートレイトで構成されています。昆虫をつぶさに観察した図鑑と、アート作品としての昆虫の魅力を一度に味わうことができます

「未来へいこーよ」スタッフの注目ポイント

タイトルのとおり、読んでみると「昆虫ってこんなに美しいものだったんだ!」と大人も驚く昆虫図鑑です。原色の昆虫というと、やはり熱帯雨林の中にいるような知らない昆虫ばかりなのかと思ったら、中には日本に生息する昆虫の姿もあってビックリしました。また、ところどころに入っている著者のクリストファー・マーレ―のエッセイは、「人生の最初の30年は虫が嫌いだった」と語るマーレ―が、ここまで昆虫に魅了された経緯と、どのようにこの図鑑を作っていったかが語られていておもしろいです。昆虫が苦手なお子さんと一緒に見ると、昆虫に対する見方がいい方向に変わると思いますよ!(KAZ)

世界一うつくしい昆虫図鑑

本体3800円(税抜) ISBN:978-4-8002-2229-9
購入はこちら(Amazon)

 

SHARE ON
Facebook
Twitter
5歳の息子と2歳下の妻と暮らすパパで、息子が成長していくにつれて「育児が最高におもしろい!」と気づいて、某ゲーム雑誌編集部からアクトインディに入社。発達がゆっくりな息子と向き合いながら、毎日笑いの絶えない生活を送る。子育て以外ではゲームとお酒が好き。息子の影響で鉄道にも詳しくなった。

RELATED ARTICLEあなたにおすすめの記事

  1. 道具不要で楽しめる! 自宅でいつでもできる手遊び・言葉遊び

  2. 木を切ることで集中力や想像力が育まれる!「秋の伐採体験」レポート

  3. 本当に子どもが夢中になる!「プログラミング的思考」が学べるパズルに挑戦

  4. 学年別「子どもを伸ばす」コツ 小学生が身につけるべきスキルとは?

  5. 自宅で楽しめる「おうち遊び」アイデア集 工作&お風呂遊びも!

  6. 子供の知的好奇心を育む! おすすめ「乳幼児向け図鑑」まとめ

  1. 変わり種&ユニークなおすすめ図鑑5選 骨・感染症・お寿司も!

    2021.04.16

  2. 家庭でできる知育遊び! 真似したい「おうちモンテ」実例集

    2021.04.16

  3. 加藤路瑛 母 親子

    12歳で社長! 母が子育てのゴールを感じた「親子起業」とは?

    2021.04.16

  4. 【学びの最前線】100年続く最先端アクティブラーニング! シュタイ…

    2021.04.16

  5. 楽しみながら賢くなれる!親子で始める「あやとり」

    2021.04.15

  1. 子どもを叱る時間が長い親は自己肯定感が低い!? 褒める力の育み方

  2. 正しい鉛筆の持ち方できれいな字が書けるって本当!?

  3. 親子でしっかりルール作りを!ゲームが脳に与える影響とは?

  4. 害獣はなぜ増えた? 家族で生命を考え動物やSDGsも学べる体験講座…

  5. 人気習い事ランキング! 費用&掛け持ち数&メリデメも

みらいこSNSをフォロー