縄跳びが飛べない?上手に飛べないのは着地時の○○だった!年長~小学生

遊び・運動
注目の新刊や、絵本コラム、年齢別のおすすめ絵本紹介の記事

実は縄跳びって、さまざまなスポーツの基礎となる動きを学べる運動です。でも、前とびが上手にできなくて、縄跳びが苦手になってしまう子どもも。そこで、子どもになわとびのコツをつかませる「上手な教え方」をレクチャーします。

なぜ縄跳びを上手に飛べないの?

前とびは、コツをつかめば誰でも上手にできるようになります。まず、気をつけて見てあげたいのは「着地時の足下」

バラバラに足が着地すると、縄にひっかかってしまいます。まずは“両足ジャンプ”ができているかどうか、足下を見てあげてください

そう話すのは、世界中に多くのファンを持つサーカス団「シルク・ドゥ・ソレイユ」で、縄跳びアーティストとして活躍する粕尾(かすお)将一さん。

両足ジャンプは、親がお手本を見せてあげると、理解できる子が多いですね。中でも、向かい合って、手をつないでジャンプする“手つなぎジャンプ”は、リズムが伝わりやすくて効果絶大です」。

 

前とびを成功させるための準備

準備1:縄を自分で回しながら跳ぶ感覚を身につける

縄跳びは、自然法則に反した動きなのだそうです。本来なら腕を振り上げ、その勢いでジャンプするところを、縄を回すために腕を振り下ろすからです。

「この動きをマスターするために、ジャンプしながら手を叩く練習をしてみましょう。リズムは気にしなくて大丈夫。腕の勢いとジャンプが切り離されて、縄を自分で回しながら跳ぶ感覚を学べます」

これで、なわとびに必要なジャンプの基礎はバッチリです!

準備2:向かって来る縄を飛び越える練習をする

「次は向かってくる縄を跳び越える練習です。最初は、地面に置いた縄跳びをジャンプで越えるだけで大丈夫。縄をボールに変えて、転がってくるボールをジャンプで避けるのも効果的ですよ」。

障害物を跳び越えることで、縄をジャンプで越えるタイミングが学べます。長縄で遊んでみるのも、動く縄を見る練習になるそう。柱や柵に縄の片方を結べば、大人が1人ついているだけで長縄遊びができますよ。

次ページ>いよいよ前飛びができる2つのステップを実践!

SHARE ON
Facebook
Twitter
みらいこ編集部が子育てに関する記事を紹介します。

RELATED ARTICLEあなたにおすすめの記事

  1. 鈴木あきえさん

    人見知りで自分嫌いだった鈴木あきえさんが変われたワケ【後編】

  2. 遊びながら「算数」が好きになる! 知育おもちゃ・アプリ・工作

  3. 時に許容も必要?子どもの言葉遣いの効果的な直し方

  4. 自宅にいるパパが大活躍! 子供が喜ぶおすすめ「おうち遊び」

  5. 妖怪のたおしかた 小松和彦

    地理や歴史の勉強にもなる!「妖怪のたおしかた」で育める想像力とは

  6. 驚き&秀逸な「レゴ作品」まとめ 発想力&想像力&世界観に感動

  1. 色や配置も重要度大! 子どもが勉強に集中できる部屋作り

    2021.05.16

  2. 赤ちゃんのスプーンいつから? 時期や練習方法、注意点も紹介

    2021.05.15

  3. 将棋で礼儀と忍耐力を身につけよう!

    2021.05.15

  4. ダンスは子どもの成長に効果あり◎身体を楽しく動かそう!

    2021.05.14

  5. 子どもの読書にもオススメ!「電子書籍」で本を読んでみよう

    2021.05.14

  1. 子どもと一緒にGWを満喫しよう!~時間がある今こそ絆を育むチャン…

  2. 脳科学の権威が絶賛! 子どもの興味を広げる「お仕事体験」イベン…

  3. 家庭でできる知育遊び! 真似したい「おうちモンテ」実例集

  4. 妖怪博士・小松和彦先生が語る「ワクワク」と「ドキドキ」を失わな…

  5. がんばり屋さんは注意!幼児や小学生でもなる子どもの「五月病」の…

みらいこSNSをフォロー