赤ちゃんや幼児への絵本の読み聞かせのコツは「ビジネスの大定番」!?

家事育児をまかせっきりだったパパが、失敗と試行錯誤を重ねながら「優しいパパ」になった方法を「易しく」紹介するエッセイです。今回は「絵本の読み聞かせ」がテーマ。

絵本の読み聞かせは「PDCA」だと気づいた

赤ちゃんから幼児期の子どもと遊ぶときの定番のひとつが「絵本の読み聞かせ」ですよね。我が家でも、赤ちゃんと家にいて、一緒にどう遊べばいいかわからずにオロオロしていたとき、妻が「絵本でも読んであげれば?」と言われたのがきっかけで、たくさんの絵本を読み聞かせしました。そうしていく中で「絵本を読み聞かせするのってビジネスでよく使うPDCAじゃない?」って気づいたんです。

PDCAとは「Plan(計画)」「Do(実行)」「Check(評価)」「Action(改善)」の頭文字をとったもの。今回はパパにもおなじみのこの用語で、絵本の読み聞かせのポイントを紹介していきます。

【Plan(計画)】子どもの好みを知って絵本を選ぶ

絵本の読み聞かせでの「Plan(計画)」は、絵本を選ぶところだと思います。まずは子どもと一緒に図書館に行って、好きな絵本を選ぶところから始めましょう。図書館に一緒に行けば実際に子どもに読みながら選べます。子どもと一緒に選ばなかった場合でも、借りた絵本が気に入らなければ返却すればいいだけ。実際に借りた絵本を読んで気に入ったら本屋で買うのがおすすめです。

というのも、じつは息子が赤ちゃんの頃、本屋で有名な絵本を僕の好みで買って帰ったら、ぜんぜん気に入ってもらえなかった苦い経験があるんですよね…(苦笑)。有名な絵本かどうかよりも、本人が気に入るかが一番大事! 

【Do(実行)】毎回違う読み方をして反応を探る

赤ちゃんのときは気に入った絵本なら何回読んでも喜んでくれますし、幼児になると自分から何回も「読んで」と言ってくることがあります。これは「次のページの内容を頭の中で思い出して、それが本当にくるかどうかを確認して楽しんでいる」のだとか。

とはいえ、大人からすると何度も同じ本を読むのは正直飽きてきますよね。そこで毎回違う読み方をしてみましょう。声の大きさや読むスピード、声色を変えると子どものリアクションも変わります。試行錯誤していく中でその絵本のベストの読み方を探していくわけです。

児童館や図書館で読むときは難しいときもありますが、自宅なら思い切って登場人物になりきるのもおすすめです。我が家の息子は「ワニワニの~」シリーズが好きで、そこに出てくるワニをダミ声で演じていたら、子どもはもちろん意外に妻もおもしろがってくれました(笑)。絵本を選ぶ段階で「これならなりきって読める!」というものを選ぶのもアリですね。

また、子どもが「あっ! 〇〇」と指をさしたら手を止めて一緒に確認したり、ページの中に描かれている動物や乗り物などを一緒に探してみましょう。絵本で新しいものを知ったり、名前を言えるものが増えていくのも読み聞かせの成果といえるでしょう。絵本のセリフに合わせて体をくすぐったり、抱きしめたりするのもおすすめですよ!

次のページ>「好きな絵本を見つけて、次の絵本探しの指標にする」

1

2

関連記事

  1. 子供の将棋デビューに最適! 年齢別の遊び方&メリット紹介

    子供の将棋デビューに最適! 年齢別の遊び方&メリット紹介

  2. 自宅で特別な記念フォトが撮れる 撮影スタジオのグッズBOX発売

  3. 専門家に聞く「女の子の育て方」 伸ばし方&叱り方のポイントも

  4. おうちで子供と作れる「アート作品」3選 簡単&すぐできる!

  5. 【育児はじめて物語】バリカンでガマンを覚える【第10話】

  6. 道具不要で楽しめる! 自宅でいつでもできる手遊び・言葉遊び