発達障害の5歳児に「背中を流してもらう」感動…そこで気づいた成長とは?

子どもは小さな「初めて」をたくさん経験して成長していきます。これは、発達がゆっくりな5歳の息子がいるパパが、息子との「初めての体験」から得た感動や小さな成長を見つけていくお話です。今回は「子どもに背中と頭を洗ってもらうとき」がテーマです。

えっ、もうそれできるんだ?

以前、せっけんが流れていく様子が楽しくなった5歳の息子が、ついにお風呂で自分の体を洗えるようになった話を書きました。この話の最後にも書きましたが、意外に「息子にもできる」ことを大人が「まだできないだろう」と先回りして考えているのかも? と思うようになり、身近なことからいろいろと挑戦させるようにしています。

そこでお風呂で僕の背中を洗うのを、思い切って息子に頼んでみました。ボディーソープがついたボディタオルを「これを持って」と渡し、背中を向けて「ゴシゴシして」と。すると、息子は「ごしごし」と言いながら背中を洗ってくれます。えええっーー、普通にできちゃうのーーー!(驚)

ボディタオル越しに、息子の手の体温が背中に伝わります。息子の「ごしごし」という声とともに、ぬくもりが少しずつ広がっていきます。他人に背中を洗ってもらう気持ちよさと、洗ってくれているのが、自閉症スペクトラム障害でまだ会話もうまくできない5歳の息子であるという現実。

実際に風呂場で起こっていることなのに、にわかに信じられない不思議な気持ちでした。

おむつ替えや歯磨き、お風呂に入る、ご飯を食べさせる、寝かしつけ…と僕や妻が息子に「やってきた」ことは数多くあります。当たり前のようにいろいろなことをやってきて、その都度息子は笑顔になってくれたり、抱きついてくれたりしただけでも十分うれしかったんです。でも、ここまで行動として何かを「やってくれた」のは初めてです

今までやったこと、声をかけたこと、注いできた気持ちが「背中を洗う」というひとつの行動の結果として出た気がしました。背中にわずかに残る感触が、今度は心のほうもじんわりとあたためてくれています。こういうことができるようになったんだなあ…。

また、息子にとっては僕に初めて「頼られた」ことがうれしかったのかも? それを実際にやってあげたら思っていた以上に「僕が喜んでくれた」というのもうれしかったんじゃないかと思います。「人が喜ぶことをやると、自分もうれしい」という「人とのかかわり」の基本的なことをこの体験から学んでくれたようです。

そのまま洗うのを息子に任せていると、右肩のあたりはぜんぜん「ごしごし」してくれません。そこで「ここもおねがいしまーす」というと「ごしごし」と言いながらやってくれます。シャワーで背中を流すのも上手にできました。

次のページ「頭を流すことにも挑戦!」へ

1

2

関連記事

  1. 低価格&子供が楽しく遊べる 100均の人気おもちゃ&手作り玩具

  2. 簡単&おいしい! レトルトカレーのアレンジレシピを厳選紹介

  3. 自宅でも勉強に集中できる! リビング学習のコツ&やる気UP術

  4. SNSで話題! 自宅で外食気分&子供喜ぶ「プラレール回転寿司」

  5. おすすめ絵本アプリ&子供向けノベルまとめ すべて無料で充実!

  6. ママパパは「9月入学・始業」どう思う? 調査結果・意見も紹介001

    ママパパは「9月入学・始業」どう思う? 調査結果・意見も紹介